目標・成功

成功する人はIQやEQよりも●Qが高い説

この知識はこんな方におすすめ

  • 起業して成功したい
  • 地位を上げていきたい

IQ や EQ よりも大切になってくる指数とは?

今回は、今密かに話題になりつつある起業したいとか成功したいと思っているのであれば、IQ や EQ よりも大切にしなくてはいけないのではないかという「●Q」について紹介させてもらいます。
こちらの方が大事なのではないかという説が出ているので、この「●Q」を解説します。

これからフリーランスで頑張るという人も参考になると思いますし、起業したいという人や企業の中でも地位を上げていきたいという人も、この「●Q」を鍛えておくと、結構良い影響があると思います。

新しい指標:DQ(Decency Quotient)

まず今回紹介するのはDQ です。

IQ やEQ については皆さんも分かると思いますが、IQ はいわゆる知能指数で認知能力の高さを表す指標です。
IQ テストを受けたことがある人であればわかると思いますが、物事の共通点を探したり、図形を頭の中で回転させるタスクを行ったり、人間の脳の性質を測るための1つの指標です。

EQ というのは心の知能指数と言われますが、これは乱暴な言い方をすると共感能力になります。
感情指数とも言われますが、他人の感情を読んだり人の気持ちを理解する能力のことです。
昔 IQ よりもEQ の方が重要なのではないかという話がありましたが、最近は新たにDQ というものが出てきています。

スポンサーリンク

2019年にデューク大学がリーダーの資質について調べた論文があります。
これによると、経営者になったりリーダーになったり人の上に立つ人にとって必要になる指標として、IQ やEQ にに加えてDQ が必要であるということを言われています。

DQ というのは、簡単に言うと品位指数です。
いわゆる品がいいかどうかということになりますが、なぜそんなものが必要になるのでしょうか。
DQ というのは、実はEQ の進化系です。
EQ の発想をさらに前に進めたものがDQ だということです。

EQ が高いリーダーは社員に共感して、それにより社員のモチベーションを高めてチームを率いるわけですが、DQ が高いリーダーは、社員に対して共感するだけではなく、それに加えて社員の人たちの力になってあげたいと、純粋にそう思う気持ちが高まるそうです。

その結果、EQ が高いリーダーが率いている組織の中にいるチームの全員が、「自分は会社から大事にされている」と思える状態になっていくということです。
自分はちゃんと会社から大事に思われていてアシストされているんだという思いを持つことができて、だからこそ会社のために頑張ろうと自然に思えるようになるわけです。
これがDQ という新しい指標になります。

スポンサーリンク

事例としても企業の業績を左右する

DQ というのはまだかなり新しい概念で、IQ やEQ のように明確な指標があるわけではありません。
ですが、いくつかのケーススタディを見てみると興味深いことが見えてきます。
例えば、企業の経営が傾いて希望退職を募ったりすることがあると思います。
実際の例として、ただただ対象者に対してクビを言い渡すということではなく、ちゃんと今後の生活に対するアシストなども含めて、辞めていく社員に対しても良識や誠実さをもって対応した企業もあります。
アメリカではバンク・オブ・アメリカは有名な例ですが、そのように誠実に対応した上でレイオフしたことで、結果的に業績が回復したという事例は結構あります。

今後のリーダーに必要になる資質として、DQ というのはこれからは大事になるのではないかということがいわれています。
会社というものは、苦しい状況になればとりあえず社員を減らして固定費を減らせば乗り切れると思いがちですが、普通に考えて、自分の友達が一方的に辞めさせられるような会社に入りたいと思うはずがありません。
残っている社員も、自分もいつか同じように辞めさせられるのではないかとモチベーションも下がってしまいます。

ですから、どうしても経費削減しないといけない時や社員に対して厳しいことを言わないといけない時も、社員の人たちが自然と自分達は大事にされていると思える状況でなければいけませんし、会社を辞める時にもそう思えるような辞め方をさせてあげないと、その場は乗り切ったとしてもその後の経営は厳しくなってしまいます
だからこそDQ の高いリーダーが重要だとされているわけです。

スポンサーリンク

皆さんもDQ を高めることを意識してもらいビジネスの勉強をしてみるのも良いのではないでしょうか。
これから成功する企業は、今までの企業の作り方とは全く違ってきます
今までの大企業がどんどん潰れていって、新しいベンチャー企業がどんどん出てきています。
ここにある経営の概念は全く違うもので、今回のおすすめの動画として、これから成功していく会社の作り方として「タイムスマートカンパニー」という概念について解説している動画を紹介しておきます。

成功する会社【タイムスマートカンパニー】の作り方

成功する会社【タイムスマートカンパニー】の作り方

これから独立したいとか起業したいと考えている方、あるいは、上を目指して自分がリーダーになりたいという方は、このこれから成功する会社の作り方を知っているかどうかで、チームの仲間や社員のモチベーションはかなり変わってきますし、結果として会社の業績は大きく違ってきます。
Dラボは今なら20日間無料で見ることができますので、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

組織運営にまつわるおすすめ

恐れのない組織――「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす

今回紹介する2冊はエイミー・エドモンドソンという方の本ですが、心理的安全性という概念を提唱されていて、この心理的安全性が担保されている組織であれば、社員は自分の能力を発揮しやすくなります。

チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

いくら長く働いてもやるべきことをやらない人はダラダラと時間を費やします。
逆に、ダラダラと働かない社員は、どうでもいい仕事はやらないけれど抑えるべきところはきっちり抑えてくれたりします。
チームがちゃんと取捨選択を自分たちでできて機能するような組織を作るにはどうすればいいのかということを教えてくれる本です。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

\Dラボ20日間無料⏩/
本1冊の半分の値段【月599円〜】で
毎月20冊以上【30,000円以上】の書籍・論文の知識が1日あたり【わずか10分】で学べる

成功する会社【タイムスマートカンパニー】の作り方

成功する会社【タイムスマートカンパニー】の作り方
\本日のオススメ📚/

恐れのない組織――「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす

チームが機能するとはどういうことか ― 「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

DaiGoのオーディオブックはこちらから【どれでも1冊無料】

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:Bill Boulding(2019)For Leaders, Decency Is Just as Important as Intelligence

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-目標・成功
-,