健康・ダイエット

日本人のコロナ死亡率がやたらと少ない理由【コロナに効く食事】

この知識はこんな方におすすめ

  • 重症化リスクを下げるために
  • 大切な人と食生活について考えるために

アジア人の死亡率が低い原因?!

新型コロナによる死亡率を下げてくれるかもしれない食べ物があるようです。
実はこれがアジア人の死亡率が低い原因のひとつではないかということです。

参考にしている研究は生態学的な研究ですから、これがどこまで正しいのかという問題はありますが、判断はそれぞれとしても参考にしていただけたらと思います。

まずその結論としては、新型コロナによる死亡率を下げるためにはどうやら発酵食品を食べるといいのではないかということです。
当然ですが発酵食品は体にとても良いものですから、発酵食品がコロナに対してどれだけ効果があるかということにかかわらず、普段から頻繁に食べるようにしておくというのはしておいた方がいいことなのは間違いありません。

例えば、発酵食品の効果としては肌を綺麗にしてくれたり免疫力を高めてくれたり、メンタルが強くなったりコミュ障まで直るのではないかと言われているぐらいです。
発酵食品と言われると納豆をたくさん食べればいいと考える人もいると思いますが、発酵食品はたくさんの種類を食べるようにした方がいいものです。
ですから、普段から納豆を食べたりキムチを食べたりヨーグルトも食べたり、できるだけたくさんの種類の発酵食品を食べるようにした方がいいです。

様々な種類の発酵食品を摂ることによって腸内環境が整い多くのメリットを得ることができます。
コロナの万が一の対策としても考えることはできるでしょうし、自分のメンタルを整えたり肌の調子を整えるためにも使えると思います。

致死率の違いと食文化

参考にしているのはフンボルト大学の研究で、発酵食品を食べることによって新型コロナに対して強くなるのではないかというものです。

この研究チームが発酵食品に目をつけたのは、新型コロナによる死亡率を調べてみると結構国や地域によって違いが出ているということがあったようです。
例えば、東アジアや中央ヨーロッパやバルカン半島で死亡率が低い国がいくつかあり、日本も結構死亡率が低くなっています。

これはもちろん発酵食品以外にも原因はあるとは思います。
日本であれば医療が充実しているとか様々な他の原因もあるのだろうと思われますし、コロナに強い遺伝子をもともと持っているのではないかという話もあったりします。

研究チームがそれについて調べてみたところ、死亡率が低い国では食文化として発酵食品を積極的に食べる文化があるということが確認されたそうです。
この発酵食品の摂取量が多いという特徴がコロナの死亡率が低い国の特徴として浮き彫りになってきたそうです。

スポンサーリンク

ちなみに、最近も東京などで感染者数が増えたりしていますが、ウイルスというものは基本的には徐々に弱毒化していくものです。
ウィルスも生物ではありませんが生き残る必要がありますので、あっという間に宿主である人間を殺してしまったらウイルスも広まりませんし途絶えてしまいます。
あくまで基本的な傾向として、ウイルスの感染力は上がっていきますが致死性の高いウイルスは消えていくということがあります。

過去にヨーロッパで行われた研究を見てみると、このような発酵食品と死亡率に関する研究は新型コロナよりも以前から結構行われていて、全体的な脂肪率との相関が確認されたりもしています。

ですから、そもそも積極的に発酵食品を食べている国はもともと死亡率が低いわけです。
その上で新型コロナに対しても同じような影響が現れているのではないかということに注目して調べたのが今回の研究です。

発酵食品の効果を調べるために、欧州食品安全機関(European Food Safety Authority)の国民のどんな食品をどの程度食べているのかというデータがあり、ザワークラウトのような発酵させた野菜やピクルス、マリネした野菜やヨーグルトなどヨーロッパではよく食べられている発酵食品をヨーロッパのそれぞれの国がどれくらい消費しているのかということをデータと照らし合わせながらチェックしています。
その上でそれが新型コロナの死亡率との相関があるのかということを調べたわけです。

今回の研究では発酵野菜に関するデータしかありませんが、この発酵野菜の消費量というものが増えれば増えるほど新型コロナの死亡率が減少していくということが示されています。

具体的には、発酵野菜の消費量が1日に1グラム増えるごとに新型コロナでの死亡率が35.4%も減少するというかなり驚愕な数値が出ています。

先ほども言った通りこれは生態学的な研究ですからどこまで正しいのかという問題は残りますが、ここまでの数字が出ているわけですし体にいいのは間違いないわけですから、発酵食品を積極的に食べるというのは意識した方が良いのではないかとも思います。

発酵野菜となると発酵食品としての効果と食物繊維も同時に摂ることができるので、どうせ食べるのであれば発酵野菜を中心に色々食べるようにするのがいいと思います。

スポンサーリンク

この研究ではさらに一歩踏み込んでくれていて、発酵野菜の野菜の種類ごとに死亡率の違いについても調べてくれています。
ヨーロッパでは全ての野菜を発酵させて食べるわけではないのでデータとしては偏りはありますが、ブロッコリーやカリフラワーやキャベツなどのアブラナ科の野菜、ホウレンソウやキュウリやレタスやトマトなど比べたところ、どうやら、キャベツとキュウリを発酵させている食品が最も効果が高いのではないかということが示されています。

キャベツとキュウリの消費量が国民平均で1グラム増えるごとに新型コロナでの死亡率は1/11になるということです。
ですから、発酵食品を積極的に食べると同時にキャベツやキュウリを中心にしっかり食べるようにするとより効果があるのではないかということがこの研究からは考えられます。
ここでは発酵させたキャベツやキュウリももちろん効果はありますが、発酵させていないキャベツやキュウリも効果があるとされています。

そういう意味ではキャベツやキュウリを中心にサラダとして積極的に食べたり、キムチも添えてキムチサラダとして食べるというのもいいと思います。
他の納豆などの発酵食品も含めて積極的に食べるようにすると、新型コロナによる万が一の時の重症化のリスクや死亡リスクを低下させることができる可能性があるということです。

どちらにしても発酵食品はデメリットはほとんどありませんし新型コロナに関わらず積極的に食べた方がいいものだとは思います。
この研究結果は発酵食品を食べるモチベーションにも繋がると思います。

なぜこんなにも発酵食品は効果があるのか?

発酵野菜がこんなにも効果がある原因としては免疫力が上がるからではないかということが言われてはいますが、発酵野菜に含まれている乳酸菌がNrf2(NF-E2-related factor 2)というものの強力な活性化因子として働くそうです。
このNrf2が活性化するとAT1R軸をブロックしてくれて、COVID-19がこの受容体に結合するのを防いでくれるということです。
それにより新型コロナが致死性をもたらす酸化ストレスが減少して肺や内皮の炎症や損傷を防いでくれることにつながるのではないかとされています。

Nrf2というものは体内の酸化を防いだり炎症を防いでくれたり、細胞を保護するために役に立つ転写因子です。
ですから、発酵食品にはこの働きを活性化してくれる効果があるので、いわゆるアンチエイジングにも効果があるのでしょうし新型コロナの重症化を急いでくれる効果もあるのではないかということです。

スポンサーリンク

Nrf2には炎症を抑えるという働きもありますので、アンチエイジングや肌の老化を防ぐという点でも役に立つものですし、うつ病も脳の炎症が原因ではないのかと言われたりもしますので、やはり、発酵食品は老化や炎症によるあらゆる病気の予防にも役に立つものだと思います。

ただし、ちゃんとした発酵食品であればいいですが一般的に売られている発酵飲料のようなものには砂糖の量に気をつけるようにしてください。
このようなアンチエイジングなどを目的にして摂るのであれば、どうしても飲みやすくするために砂糖の量が結構含まれているものが多いですからその辺りには気をつけてもらい、できるだけ飲み物などではなく食材から摂るようにしたほうがいいとは思います。

今回の研究は一応生態学的な研究であるという点とヨーロッパのデータが元になっていますので納豆や漬物などの日本独自の発酵食品で同じ効果がでるのかという点には研究の余地があるのは確かです。
ですが、どちらにしても発酵食品は色々な種類をしっかり食べるようにして日常の食生活に取り入れるというのは他にもたくさんの効果がありますので、食べない理由はないのではないかとも思います。

免疫について学ぶためのおすすめ本

今回はそんな発酵食品のメリットについて紹介させてもらいました。
今回のおすすめの本としては、腸内環境と自律神経を整えるために役に立つ1冊を紹介しておきます。

こちらは順天堂大学医学部の先生が書かれている本ですが、免疫やアレルギーについて専門とされている先生で、とてもわかりやすく免疫や腸内環境を整えるための方法について教えてくれる本です。
最新のコロナにまつわる研究も早速取り入れてくれていますし、様々な研究データも分かりやすく教えてくれているのでとても参考になると思います。

食材選びのためのおすすめ

一般的に身体の炎症を抑えたりそれためには食材選びがとても重要です。
免疫力を無駄に落としてしまうような食生活をしてしまうと、新型コロナにかかわらず重症化してしまいやすくもなってしまう可能性は当然あります。
そんな食材選びについては、今回のおすすめの動画として食材選びにまつわる知識を解説した動画を紹介しておきます。
知識のNetflix-Dラボ-は今なら20日間無料で使うことも出来ますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。
食事だけでなく睡眠や運動についてもそれぞれ参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
食べるとやばい【肌荒れ食品】と科学が見つけた唯一の【若肌の作り方】
科学が認める最強の【スキンケアフード13選】

今なら20日間無料!

今回のおすすめ本

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

免責事項:本内容は科学の面白さを伝えることを目的としたエンタメです。なるべく多くの方に、科学的思考に興味を持ってもらうために、参考資料や過去の動画を元に、大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。動画の結論は実際の研究とは異なる場合があります。
僕は文献を読むのが好きなタダの理系であり、専門家ではありません。また、多くの科学者とも同じように人間ですから、間違うことも多々あります。実際に知識を利用する際にはご自分で調査するか、専門家に相談してください。
参考:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/all.14549?af=R
https://www.amed.go.jp/news/release_20160523-02.html

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-健康・ダイエット
-

Translate »

© 2021 Mentalist DaiGo Official Blog