挑戦・飛躍

即断即決即行動!すぐやる人になれる「先延ばしの心理学」

投稿日:2018年4月4日 更新日:

人間はそもそも先延ばしする生き物です。

自分は意思が強いと思っている人のほうが意外と先延ばししている事もわかっています。
先延ばしによって、平均的な人間でしたら年間で114万円1日2時間も無駄にしています。

先延ばしせず即断即決即行動できるようになるにはどうしたら良いのか。

例えば、メールやLINE。
これ自体は気にするほど時間を取られていないと考える人が多いものですが、人間は一度集中力が切れると集中していた状態に戻るのに15分ぐらいかかることがわかっています。
ですから、メールやLINEをちょっと返信するだけ・・・これは危険な行為なんです。
通知を切っておいたり時間を決めておくのもいい方法です。

目標を達成するために有効な方法と言われている、頭の中でイメージするイメージトレーニングというのがありますが、やり方を間違えると逆効果になることがわかっています。
ニューヨーク大学の心理学者のガブリエル・エッティンゲン氏の研究でわかったことです。
イメージトレーニングをするときには対比させることが重要です。脳内コントラスティングといって頭の中に思い描く理想の自分と今の現実の自分を対比させてその違いを際立たせる事をしないと逆効果になることがわかっています。
ですから、具体的に理想の自分や目的に向かって行動している自分を思い描き、それから今の現実の自分と対比し、その違いはなんなのか?その違いも具体的に考えることが大切なんです。この脳内コントラスティングによって目の前の誘惑に勝ちやすくなります。

具体的に脳内コントラスティングにより対比

  • 目的に向かって行動している自分
  • 今の現実の自分

ちなみに、このガブリエル・エッティンゲン氏の別の研究でポジティブな自分が成功している状況だけをイメージするとモチベーションが吸い取られるということもわかっています。達成した満足度を先に感じてしまってモチベーションが下がるわけです。

脳内コントラスティングは、人間関係の改善にも試験勉強や就職活動、禁煙やダイエット、あらゆることに使えますので是非実践してみてください。

▼すぐやる人になるための参考文献

タグ

-挑戦・飛躍
-

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.