健康・ダイエット 集中力

【恐怖】スマホを○時間以上使うと脳が縮みます

この知識はこんな方におすすめ

  • 時間を大切にしたい!
  • 集中力も大切!

スマホで脳が縮む人

今回は、スマホで脳が縮む人の特徴について紹介させてもらいます。
やはり、スマホは使いすぎるとメンタルや脳に悪影響があるのではないかということは、最近の研究でも結構言われていることではあります。
そんな中、今回参考にしている研究では、スマホをある条件の下で使う人は、脳が実際に縮んで小さくなってしまう、萎縮してしまうのではないかという恐ろしい内容が示されていました。

スマホが脳の発達に与える影響

アメリカの国立衛生研究所のリサーチで、9歳から十歳の子供を対象にした観察研究になっています。
この研究でわかったこととしては、1日に7時間以上スマホや PC の画面を見ている子供たちは、大脳皮質と呼ばれる脳の最も重要なエリアが小さくなってしまうそうです。

1日に7時間以上で大脳皮質が小さくなる

似たような調査は結構他でも行われていますが、このアメリカ国立衛生研究所のリサーチの興味深いところは、青年期脳認知発達(ABCD)研究という若者の脳の発達に影響を与えるものを片っ端から全て調べまくったかなり大規模なデータを基にしている点です。
例えば、栄養状態や睡眠、運動量などが脳にどんな影響を与えるのか、若い頃のアルコール摂取が脳の成長にどんな影響を与えてしまうのか、スポーツで怪我をすると脳の発達に違いは出るのかなど、細かく脳の発達について調べた研究です。
その中で、スマホと脳の発達に関する研究も行われていて、これは過去最大クラスのデータだとされています。

スポンサーリンク

ここでわかったこととしては、スマホや PC の画面を1日7時間以上見ている子供は、有意に大脳皮質が小さかったということです。
大脳皮質と呼ばれるエリアは脳のおよそ2/3ぐらいを占めていて、いわゆる実行機能というものを司っていて、この実行機能は、決断力や物事を考えたり自分をコントロールする時に使われる能力になります。

実行機能が低下し物事が決められなくなる

そのためか、最近の若い子供がスマホ中毒になってしまうと、自分を抑えられなくなってしまったり、物事に対するやる気や決断力が著しく欠如してしまいます。
勉強しようとか仕事しよう、あるいは、痩せようと思っても、すぐにその決断が折れてしまいます。
もしくは、いつまでも決断することができず物事を決める事が出来なくなってしまうということになるかもしれません。
これらは脳の実行機能の低下によるものです。

ですから、1日7時間以上スマホやパソコンの画面を見続けてしまうと、僕たちの実行機能は低下してしまい、結果的に物事を決められないということになったり、一度決断したことも続かなくなってしまいます
そんな現代病のようなデメリットが生じてしまうわけです。

スポンサーリンク

結晶性知能が衰えてしまう

さらに、この大脳皮質が小さい子供は「結晶性知能」と呼ばれる知能が低いという結果も示されています。
この結晶性知能というのは、過去の経験をベースにした頭の良さのようなものです。
例えば、自分の過去の経験を活かす力や自分の専門分野を活かすための知識、言葉遣いやボキャブラリーの豊富さというようなものになります。

この知能が衰えてしまうというのはかなり恐ろしいことです。
過去の失敗を何度も繰り返してしまったり、専門知識がいつまでも手に入らなかったり、言葉を扱う能力が低くなってしまったりかなりの恐ろしい影響が出てしまいます。

もちろん今回の研究は横断研究ですから、スマホばかり見ているから脳が縮むのか、脳が縮んだ人がスマホを見やすいだけなのか、 そこに対する議論は残るとは思いますが、この研究自体2016年のものでわりと最近始まったデータですから、今後さらに大きな結論が出される可能性は残っていると思います。
いずれにしても、スマホを使いすぎる人は集中力が低いというような研究はたくさんありますので、その点は忘れないようにした方がいいとは思います。

脳の健全な発達のために

スマホの使用自体が全て悪いのかというとそういうわけではありません。
スマホを勉強や仕事に使っている人も多いと思います。スマホで Kindle を読んだりオーディオブックを聴くという人も結構いると思いますので、その使い方によってもかなり違いはある気はします。

とはいえ、スマホはソシャゲや YouTube 、SNS など人間の誘惑を刺激して、ぼんやりと脳を疲れさせてしまう強力な力を持っているものも手軽に使えてしまいます。
そういう意味では、スマホや PC のスクリーンを見る時間も最低限にとどめるように気を付けてもらい、そのぶん普段から運動したり読書をしたりする時間を設けていただいた方が、脳の発達のためにも良いのではないでしょうか

スポンサーリンク

集中力と抑制力

スマホというものはとても強い中毒性を持っているものです。
スマホの最も強力な力は僕たちの注意力を全て引っ張って持って行ってしまうところにあります。
スマホが視界に入るだけで触りたくなってしまいますし、意味もなくとりあえずスマホを触って、暇つぶしのアプリを開いてしまうということが簡単に起きてしまいます。

これを防ぐためには、自分の注意をそらしてしまうということが原因になりますので、その注意をそらしてしまう原因から自分を守る力を鍛えることが必要になります。
いわゆる抑制力と呼ばれるものですが、物事に集中する力と、そこから注意が逸れそうになったのを戻す抑制力は別の力です。

集中力と抑制力は両方鍛えておく方がいい能力です。
集中力が高い人でも抑制力がないと、調子の良い時には目の前のことにかなり集中することができるけれど、そうでない時にはひたすら気が散ってしまうようなことになります。
勉強でも仕事でも、集中して取り組むことができる時もあれば、余計なことばかりに気が散ってしまい全くはかどらないという経験がある人も結構いるのではないでしょうか。

今回はそんな注意散漫を防ぐ力を鍛えるための方法について解説した動画をおすすめの動画として紹介しておきます。

【超集中力2.0】ハーバードメディカルスクール式 注意散漫を防ぐ6つのポイント

【超集中力2.0】ハーバードメディカルスクール式 注意散漫を防ぐ6つのポイント

Dラボは、今なら20日間の無料体験で見ることができます。
注意が逸れてしまうという状況を防ぐための6つの大事なテクニックについて解説した内容になっています。

スポンサーリンク

大切なことに集中するためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、本当に大切なことに集中するための本をいくつか紹介しておきます。

デジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中する

こちらの本は具体例もたくさん載っているので、とても評価は高いです。ただ、科学的な統計などを見たいという方は少し物足りないかもしれませんが、とても参考になる内容ですのでおすすめです。

SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

やはりひとつの事に集中するということがとても重要になりますので、その点ではこちらの本がとても役に立つと思います。
ひとつの事に集中するにはどうすればいいのかということを教えてくれます。

ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45

SBクリエイティブ
¥1,540 (2021/09/25 10:32:37時点 Amazon調べ-詳細)

世界中の研究から集中するためにはどうすればいいのかということについて、人間の本能からアプローチする方法で解説してくれています。
もともと集中力が全くないとか、今までいろいろ工夫してみたけどどれもダメだったというような人でも、本能的に集中力を蘇らせるための方法について解説してくれています。
ぜひこちらもチェックしてみてください。

※Audible無料体験DaiGoのオーディオブック『自分を操る超集中力』

¥1,540 (2021/09/25 10:40:04時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは僕の本ですが、集中力を鍛えるための方法について解説した本が、今ならオーディオブックであれば1人1冊ですが無料で聞くことができるキャンペーンの対象になっていますので、まだの方はこの機会にチェックしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

\Dラボ20日間無料⏩/
本1冊の半分の値段【月599円〜】で
毎月20冊以上【30,000円以上】の書籍・論文の知識が1日あたり【わずか10分】で学べる

【超集中力2.0】ハーバードメディカルスクール式 注意散漫を防ぐ6つのポイント

【超集中力2.0】ハーバードメディカルスクール式 注意散漫を防ぐ6つのポイント
\本日のオススメ📚/

デジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中する

SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45

SBクリエイティブ
¥1,540 (2021/09/25 10:32:37時点 Amazon調べ-詳細)

※Audible無料体験DaiGoのオーディオブックはこちらから【どれでも1冊無料】↓

『自分を操る超集中力』

¥1,540 (2021/09/25 10:40:04時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29051027/

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-健康・ダイエット, 集中力