読む・操る

モテる上に給料上がる5つのしゃべり方のポイントとは?

2019年1月18日

DaiGo MeNTaLiST

今回紹介するのは、しゃべる内容というよりはしゃべり方です。

しゃべり方についてもいろいろな研究がありますが、例えば、声は高いほうが良いのか低いほうが良いのか?しゃべるスピードは速いほうが良いのかゆっくりが良いのか?

僕は、しゃべるのは声高めでスピードは早めにしていますが、これが効果的なのは限られた場合にしか成り立ちません。早口や抑揚をつけているのを真似すれば良いのかというとそういうことではありません。状況による違いを理解せず闇雲に真似をしても上手くいきません。

1、声の高さは低いほうが良い(一部の特殊な場合を除く)

アメリカのデューク大学のヒュークワビジネススクールとカリフォルニア大学サンディエゴ校の研究によると、声が低いほうが給料は高くなり収入も上がるというものがあります。
アメリカで講演を行ったCEOの達800名程度の声の高さを人工的に声の高さを調整した動画なども使い調査しました。CEOたちの声として好まれたのは低い声であったという結果が出ています。声は低い人のほうが説得力も高くなるし企業の業績も上がるのではないかということが示唆されています。
他の研究でデューク大学のウィリアム・メイユー准教授が調べたところによると、労働市場としての個人の声の低さと企業の業績の間に一定の相関関係があるのではともされています。

ですから、声が低いほうが給料が高くなるのではないかというわけです。
その他の研究でも、声の低い男性の方がモテるというものもあります。それは声が低い男性の方が男性ホルモンが多いし競争力が高いと思われるからです。企業から見ても女性から見ても声の低い男性の方が魅力があるということです。

ということで、声のトーンは少し下げて落ち着いて喋ってみましょう。相手に対する影響力が上る可能性は高いです。

ちなみに、僕が声を高めで早口で喋っているのは、1対多数で話しているからです。このように状況によっても違ってきます。普通に1対1で話す場合は声は低めのほうが良いです。

2、ゆっくりしゃべりましょう

一般的には、できるだけスローペースで喋ったほうが説得力は上がります。ゆっくり話す政治家のほうが当選率も高くなると言われています。速いペースで喋ったほうが良い状況とは、一般的ではないことや、みんなが「えっ!?」と驚くようなことを話す場合は相手にできるだけ批判のスキを与えないほうが良い時です。みんなが考えていることとは真逆のことや新しい情報を伝えて納得させたい場合はあえて早口を使うという方法もあります。

新しい内容を伝えるときは早口で、説得力を上げたいポイントや改めて相手に意識を刻み込みたい場合などはゆっくり喋ったほうが効果的です。

3、休止や間を入れたほうが自信があるように見える

喋っている間にあえて間を入れて、自分のペースをつくっているように思わせたほうが自信があるように見えます。ペースとしては1センテンスごとに1~2秒程度の休止を入れると説得力は増します。間をおくことで相手の注意力を引き寄せるわけです。大衆扇動のテクニックとしても有効ですが、僕は知識を伝えることが目的なのであまり使いません。

4、語尾のイントネーションを下げましょう

語尾のイントネーションを上げるのと下げるのとでは、下げるように話したほうが力強い印象を与えることが出来ます。普段のしゃべり方よりも下げたところが印象に残りやすいです。
僕はLIVE配信で声を高く捲し立てるように話たりしていますが、「ここだけは覚えておいてほしい!」「ここだけは脳に刻み込んでおいてほしい!」というところだけイントネーションを下げています。このコントラストが大事で、落差を付けて重要なところだけイントネーションを下げることで相手は引っぱられます

自分が相手の心に刻みこみたい部分ではイントネーションを下げるというのがおすすめです。

5、深い呼吸で圧迫感を与え説得力を高められる

口呼吸だと喋っている時に間をつくりづらいですから、どちらかというと鼻呼吸で深く呼吸をしたほうが相手に対する圧力などを高めることが出来ます。鼻から息を吸って(喋っている間に)口から吐くようにしてください。これを意識するだけで相手に与える印象はかなり変わってきます。基本的には鼻で息を吸っている人は堂々としているように見えます。逆に口から息を吸っている人は相手に不安になっていたり余裕がない印象を与えてしまいます。

(まとめ)相手に影響力を与え給料も上げてモテたい方は

  • 声のトーンを1トーン下げましょう

  • できるだけゆっくりしゃべりましょう(例外あり)

  • 休止や間を入れましょう

  • 語尾のイントネーションを下げましょう

  • 深く鼻呼吸をしましょう

こちらの記事もおすすめ↓

給料をあげる「人たらし」の心理学

給料を上げる心理学です! 内容としては、 雑学があるほど人たらしになって、自分が動かなくても給料が上がる 想像力があれば ...

続きを見る

参考動画
もっとモテたい、でも会話が盛り上がらない…それは話題が悪いのかも。そんなあなたには、こちら「見た目褒めるは逆効果!意外なモテる会話の真実」
https://www.nicovideo.jp/watch/1531664705
評価されたい、給料をもっと上げたい、給料のいい仕事に転職したいならこちら「給料のあがる人たらしの科学」をどうぞ
https://www.nicovideo.jp/watch/1505972939


他の人はこちらも検索しています

-読む・操る
-, , , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.