恋愛・結婚 読む・操る

モテる顔の作り方について心理学的に解説

この知識はこんな方におすすめ

  • 魅力的に思われモテたい
  • 自分の印象を上手に活かしたい

モテる顔の科学

顔のどのようなところで人間は相手の印象を決めているのかということについて解説させてもらいます。
これは異性から見てイケメンだとか美女だと判断されることもあれば、同性から見ても憧れの対象として見るような印象もあると思います。

今回参考にしている研究としては恋愛においても参考にはなりますが、今回は異性からだけでなく同性も含めて一般的に印象が良い顔の特徴とその作り方についてになります。

これは研究内容だけを見てしまうと、顔の造りなど今更どうしようもないのではないかと考えてしまう人もいるかもしれませんが、そのような人がどうすれば同じような効果を得ることができるのかということも含めて考察してみたいと思います。

人間にとって第一印象というものはとても重要なものです。
これは当然のように思う人もいると思いますが、人間は第一印象で決まるというよりは「第一印象によって決めつけられてしまう」と考えた方がいいです。

人は第一印象によってこの人は性格が良さそうだとかイケメンだとか美女だとか考えるわけですが、その第一印象はほとんどが顔の印象から来るもので、そこで印象を勝手に決めつけたらそこから先はその自分の印象が正しいということを裏付けるような証拠ばかりを探すようになります。
人がこの自分が勝手に決めつけた印象が正しかったということに快感を感じるようにできているわけです。

自分の特徴を個性として活かす方法を知る

このように結構思い込みによって僕たちは人間関係というものができてしまっているということですが、これは逆に考えると、その人間の思い込みというものがどこから生まれてくるものなのか、どのような顔の作りやポイントに注意すればいいのかということを理解すれば、自分のその第一印象をコントロールすることができるようになるわけです。

これによってどうすれば狙った印象を相手に与えることができるのかということを理解することができますし、自分に対してのコンプレックスを持っている人も多いと思いますが、そんな自分のコンプレックスも個性として上手に活かすことができるようになるはずです。

この自分の個性を活かす方法を理解しておくことがとても重要で、これを知らないとただただ流行りを追いかけるようなことをしてしまいがちになります。
自分の個性を活かして印象を良くしようとするのではなく、自分がなりたいと思っている人のコピーになろうとしてしまいます

例えば、Instagram などを見てみても投稿してる女の子はみんな同じ髪型をして同じメイクをしているような感じがするのではないでしょうか。
しかも加工アプリを使っている上に加工アプリで加工しやすいようなメイクをするようになってしまうということもあり、結果としてみんな同じ顔になっています。

はっきり言って、このような誰かになろうとする人生というものは苦しみしかありません。
人間というものは、人生であっても仕事であっても、性格でも顔の作りなどでも同じですが、自分らしさを大切にして自分をより良くするということはできますが、自分以外の何者かに自分を作り変えることは不可能なことです。

例えば、明らかに童顔の人が強面のタイプを目指したり大人っぽい雰囲気を目指そうとしても難しいでしょうし、逆に強面のタイプの人が可愛らしい感じを目指そうとすると残念なことになってしまうのは皆さんも分かると思います。

これと同じで誰かになろうとするのは基本的に駄作です。
ですから、自分自身を見極めた上でその自分をより良くして使うためにはどうすればいいのかということを考えた方が絶対にいいです。

これはなんとなく理解できることであっても、顔や見た目となると人はどうしてもあの人みたいになりたいと考えてしまいがちです。
これは僕も理解できますし10代や20代の頃にはそんな思いを抱えていたこともあります。

ですが、僕は今は自分以外の誰かになりたいなんて少しも思いません。
これは誰でも同じだと思いますが、その人みたいになりたいと思われるということはそのオリジナルは当然素晴らしい人ですから、その人を超えることは当然難しいことです。
誰かが抜けた後の空席を狙って一生懸命頑張る人もいますが、皆さんはそんな椅子取りゲームからは卒業した方が賢明だと思います。
どこかの椅子が空くのを待つよりも自分だけの椅子を作る方法を考えた方がいいと思います。

今回は顔や見た目でも大事なポイントさえ押さえておけばもっと自分を活かすことができるようになるという話を紹介させてもらいたいと思います。

基本的に科学や心理学というものは統計情報ですから、統計上で考えてこのようなことをすれば多くの人がうまくいくというものです。
これをできるだけ上手に使って自分で色々と試してみれば、他の人にはほとんど当てはまらないことなのに自分にだけは当てはまるというようなことも時にはあります。

そこから自分の統計外の魅力というものも見えてくることがあります
多くの人がうまくいくという方法ではない別の方法で自分がうまくいったということはそこにチャンスがあるということでもあります。
そんな他の人にはできないことを見つけることができれば、自分の行動を最適化することもできるでしょうし自分にしかない生き方や仕事上の戦略なども考えることができるようになるわけです。

ですから、皆さんにもそんなような目線でぜひ考えてもらいたいですし、こんな顔にすればいいとかこのようなことをすればいいということだけを言うのではなく、どのようなところがポイントになるのかということから自分なりにそのポイントを上手に探すということを考えてもらいたいと思います。

今回参考にしている研究は、人間の顔や印象にまつわる研究で非常に有名なレスリー・ゼブロウィッツ博士という方がいて、この方が人間の印象が良くなる顔の特徴について調べたものです。

この特徴の中でも手をつけやすいところと手をつけにくいところがありますので、皆さんは自分にとって手をつけやすいところから始めてみると良いと思います。

特徴としては4つのポイントが示されています。

ポイント1 :ベイビーフェイスネス

大人になってくるとビジネスの面で考えると童顔はあまり得をしないように感じたり、自分の童顔があまり気に入らなくて大人っぽいキリッとした美人の顔になりたいという女性も結構いるでしょうし、男性でももっと大人っぽい頼りがいがあるような顔になりたいという人も多いと思います。

もちろん童顔で得をすることもあるでしょうが、大人になってくると割と損をすることも少なくないと思います。

童顔と言われても具体的にその特徴を定義するのは難しいとは思いますが、顔の比率に対して目が大きいということとおでこが比較的広いということ、顎が短く顔が丸いということだとされていて、なんとなく印象として赤ちゃんに近いような顔のパーツの作りや配置としての特徴になります。

ちなみに、女性の場合には基本的に世界中どの文化圏であっても童顔の方がモテるという傾向があります。
ここでも女の子は童顔の方がモテるのかとだけで終わるのではなく、なぜ女の子は童顔の方がモテるのかということまで考えてもらいたいと思います。

童顔の人には男性でも女性でも他人から親切にされやすいという傾向が確認されています。
ですから、童顔の女性の場合には助けてあげたいという男性が集まってくるので、そこからモテるようになるということです。

一方男性の場合には、男女平等ではあっても世界的にはどちらかというと頼りがいのある男性の方がモテるということがあります。
頼りがいがあるとか信頼できるという印象を持たれる人の方がビジネスにおいても恋愛においてもどちらかと有利な状況にあるわけです。

ですから、周りから見て助けてあげたいと思われる女性はモテるわけですが、周りから助けてあげたいとか助けを必要としているように思われてしまう男性は微妙だということになります。

このように顔の印象というものも状況によって変わるということがあります。
例えば、童顔の男性の場合であれば年上の女性にはどちらかというとモテる傾向があります。

ですから、特に自分の顔の特徴がなぜそのような印象を与えるのかということをこのようにひとつひとつ理解していくことができれば、自分の顔を上手に使っていくこともできるようになるわけです。

童顔の男性の場合にはビジネスにおいて成功したいとか女の子からモテたいと思った場合には違う戦略が必要になるわけですが、これは裏を返せば助けてもらうことによって人脈を広げてビジネスを成功させると考えてもいいでしょうし、恋愛でも紹介などで助けてもらうことによって出会いを増やしていくということもできるはずです。

ちなみに、人は基本的に年を取れば取るほど徐々にベイビーフェイスになるということもあります。
僕たちは老人の方にも親切にすると思います。
歳を重ねて老人になってくると髪が徐々に薄くなっておでこが広くなったような印象になります。
もちろん人によって印象の差はあると思いますが、顔のパーツとしては赤ちゃんの頃と同じような配置に近づいていくということです。

スポンサーリンク

ですから、このベイビーフェイスネスというのは人から親切にされやすいという特徴と結びついているわけです。
童顔の人は良くも悪くも周りから見てスキが生まれるので、それによって人間関係が作りやすくなるということです。

もし皆さん自身がどちらかというと童顔なのであれば、そのような周りから助けてもらったりすることを上手に使って人脈を広げたりして、それをビジネスにも恋愛にも活かせばいいわけです。
もし、仕事上どうしても童顔だとなめられてしまうという場合には、強面の印象の人を近くに置くようにすればいいわけです。
ビジネスパートナーとして真逆の印象の人を選べばいいだけなので解決します。

これは逆に考えると、自分は強面だけれどもっと助けてもらえるようになりたいというのであれば童顔の人を近くに置くとしてもいいでしょうし、この場合には頼られてお返しをしてあげたいと思われる存在になるという方法もあります。

つまり、自分がたくさんの人を助けてあげたり関係を築くことによって、あの人が役に立ちたいと思われる存在になるようにすればいいということです。

ですから、ただ単に戦略を変えればいいだけです。
強面の人の場合には人を助けることから頼られて助けられる方向に進めていけばいいですし、童顔の人は可愛がってもらうことによって助けてもらうという戦略が使えるわけです。

ポイント2 :ファミリアリティ

人間は自分がよく知っている人と相手の顔の印象を無意識のうちに結びつけるという傾向があります。

これは人の顔の印象だけでなく、人間は常に未知のものと遭遇した時には既に知っているものと組み合わせてそれを理解しようとするものです。

例えば、皆さんの身の回りのよく知っている人で強面だけれど実はとても優しい人がいたとします。
その人と似た顔の人が目の前に現れたとしたら、この人も強面だけれど本当はきっと優しい人に違いないと思うわけです。

人間の人の顔を認識する脳の部位というものは性格を判断する機能と密接に結びついています。
そのために強面で怖い人のような気がしたけれど実際に付き合ってみると優しくてとてもいい人だったというような経験をすると、それに似たタイプの人はみんな同じような性格だと思い込んでしまうということです。

つまり、僕たちは顔を見るだけで相手の性格を勝手に決めていて、その印象と性格を結びつけるような出来事を一度経験すると、それを手がかりにして新たに合う人の印象までも決めてしまうわけです。

例えば、いじめられたりパワハラを受けたりしてなかなか環境が変わっても周りに馴染むことができないという人もこれが問題になっていることが結構あります。
見るからに強そうな人にいじめられたとかパワハラを受けたという経験もあり、とても優しそうに思えたのに実は陰口を叩かれていたというような嫌な経験をたくさん積んでしまうと、同じようにそれ以降で会う人に対しても同じような印象を持ってしまうために周りに対して心を開くことができなくなってしまうわけです。

もちろんそれはぱっと見た顔の印象が近いというだけであり、人ですから当然中身は全く違うわけです。
ところが、どうしても相手に対する印象がそれまでの嫌な経験で出会った人と結びついてしまい決めつけてしまいます。

これは逆の場合もあります。
皆さんが初めて会った相手に皆さんと近い顔の人がいたとしたら、勝手にその人と結びつけて性格を決めつけられてしまいます

スポンサーリンク

これはある意味運の問題になってしまうのでどうしようもない部分ではありますが、方法としては自分の似た顔の人脈があるかどうかということを自然と聞き出す方法があります。

例えば、こちらからどこかで会ったことがありましたかというような質問から入り、似ている人と出会ったことがあるだけなのかなと言って、誰かに似ているとか芸能人に似ているとか言われませんかというような話をします。
そこから世界には3人の自分と似た人がいるというような話がよくありますが、僕と似たような人と出会ったことはありますかと質問してもいいと思います。

もしそこで誰か出てきたらその人がどんな人なのか質問するようにしてみてください。
そうすれば、そこから自分がどのように見られているのかとかどんな印象を持たれやすいのかということが理解できます。

もしその人の性格が自分とは全く真逆で、そう思われると誤解を招くと感じた場合にはすぐにその場で訂正するようにしてください。
僕はその人のみたいな性格が欲しかったけれど実は真逆でこのような性格のタイプなんですと自然に話をするようにしてください。

このようにして自分がどのように見られやすいのかということを理解し、もし自分が誤解されているという場合にはそれを訂正することもできるわけです。

ポイント3 :フィットネス

これは健康的であるかどうかということです。
人間は健康的に感じる顔を好みやすいということが分かっています。

よく男性でも女性でも肌が綺麗な方がいいという話を紹介させてもらったこともあると思います。
人は本能として恋愛においても人間関係においても健康に見れる人と関係を築きたいと思うようにできています。

当然ですが人が付き合うことができる人数は限られています。
人間の大脳のサイズから人間が関係を維持することができる友達の数としては最大でも150人だとされています。
LINE の友達が150人を超えている人は普通にいると思いますが、大脳のサイズから考えると最大でも150人までしか関係を作り維持することができないわけです。

そのようなこともあり人はより長く付き合うことができて自分にメリットを与えてくれる人を選ぶようにできています。
それをするために本能としては生き残る確率が高い人を選ぶようになっています。

つまり、頭がいい人は生き残る確率が高いですし、見た目が良いというのは遺伝子が健康的ということですから生き残る確率は高くなります。
ですから、健康的で生き残る確率が高く想像力が高く問題が起きてもそれを乗り越えることができる可能性が高い人が男女問わずモテるわけです。

スポンサーリンク

この健康的な人の方が魅力的に思われるということについては、過去の数え切れないほどの研究でも示されていて、肌は綺麗で血色が良い方が魅力的に思われるでしょうし、綺麗な肌というのは体が健康的で体内の炎症が少ないことの表れでもありますので、人は肌の綺麗さを見ることによって相手の健康度を見ているということです。

健康的な顔の人は頭が良く思われ知性的で能力が高いと思われるということも分かっています。
ですから、肌が綺麗な人の方が魅力が高いと思われるので男女関係でも有利になりますし、頭が良くて能力が高いと思われるので仕事上でも有利になるということです。

実際に投資家を対象にした実験でも肌が綺麗な起業家ほど投資家からお金を集めることが出来たということも分かっています。

ですから、健康的な肌を作るというのはあらゆる意味において大切だと思います。

おそらくこのフィットネスが一番使いやすいと思います。
肌をきれいにするためには食事が大切です。食事・睡眠・運動の順番で大切になり、肌の外からできることとしては保湿と日焼け止めぐらいになります。

この食事からスキンケアを考えるための方法としては今回のおすすめの動画として解説した動画を紹介しておきます。
こちらを見ていただけるとどんな食材を選べばいいのかということが理解してもらえると思います。

科学が認める最強の【スキンケアフード13選】

ポイント4 :エモーショナル・リゼンブランス

リゼンブランスというのは類似性というような意味になりますが、人は相手の顔から相手の感情を勝手に想像してしまうものです。

例えば、もともとタレ目だったりなんとなく笑っているような顔の人もいると思います。
逆に、本当は怒っているわけではないのに怒っているように思われる人もいます。
このもともとの顔の造りから相手の感情を勝手に推察してしまうということです。

ですから、いつも笑顔のように思われる人は常にご機嫌な人のように思われるので自然と周りに人が集まってくるわけです。
逆に、強面の人はいつも怒っているように思われるので人が寄ってこなくなるということもあります。

ここでも研究の枠を飛び越えて僕の考察を含めてどう使うべきかということを考えてもらいたいと思います。

いつもニコニコしているように思われる人は人が集まってくるわけですが、逆に言うと、本当に困っていて誰かに助けてほしいと思っている時にも同じように思われやすいわけです。
つまり、このような人の場合は自分が苦しいとかつらいという時には他の人よりもはっきりとそれを言うようにしないと気づいてもらえませんし、自分が怒っているという時も他の人よりもはっきりと強く表現しないと取り合ってもらうこともできないということになりかねません。

スポンサーリンク

例えば、いつも笑顔で常に横にいてくれる奥さんに対して、幸せで満足してくれているのだろうと考え、旦那さんがその悩みや辛い状況に気づくことができずケアすることがなければ、いつか大爆発して関係が終わってしまうということもあるかもしれません。

強面のタイプの人でも同じようにメリットもデメリットもあります。
怒っているように思われるので人が寄ってこないということはありますが、そう思われていれば変な人も寄ってこないということもあります。

僕の場合もこれは同じでどちらかと言うと童顔なので人が寄ってきやすいということがあります。
ある意味なめられやすいということもあり、週刊誌などにも好き勝手書かれたり言われやすいということもあるので、何かあった時には強い表現を使ってそうならないように気をつけてるいるということもあります。
どちらかと言うともともと内向的で1人で本を読んでいる方が好きなタイプですから、1人の時間を確保するという意味でも、それを自分の行動で調整する必要があるわけです。

自分の見た目に対して、今回紹介した4つのポイントを最低でも踏まえて理解してもらった上で、自分がどのように思われやすいのかということをあらかじめ把握しておいてほしいと思います。
それを理解した上で足りない部分を自分の行動や発言でどのように補うべきなのかということを考えてください
これが出来れば仮に顔に自信がなかったとしても良い人生を歩むことができるはずです。

フィットネスのためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、 印象のためには健康も重要だという話を紹介しましたので、そんな健康のために役に立つであろう本を紹介しておきます。

※Audible無料体験にて1冊無料
『最高のパフォーマンスを実現する超健康法』

こちらは僕の本ですがオーディオブックであれば Amazon で1人1冊無料で聞くことができるキャンペーンが行われています。
ぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
科学が認める最強の【スキンケアフード13選】

今なら20日間無料!

今回のおすすめアイテム
※Audible無料体験にて1冊無料
『最高のパフォーマンスを実現する超健康法』

PHP研究所
¥1,540 (2020/12/01 03:36:30時点 Amazon調べ-詳細)
ジャローフォーミュラズ(Jarrow Fromulas)
¥1,336 (2020/12/01 03:43:43時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊がAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

『究極のマインドフルネス』
『超健康法』
『超客観力』
『超習慣術』
ベストセラーも無料↓

『超読書術』
『超集中力』
『超選択術』
※Audible無料体験にて1冊無料



リサーチ協力者の1人である鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

免責事項:本内容は、心理学の面白さを伝えることを目的として、参考資料や過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。
参考:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28630532/

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-恋愛・結婚, 読む・操る
-, , , ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog