子育て 学習法・記憶法

宿題の副作用がヤバすぎるので解説します【宿題無意味説】

宿題の副作用がヤバすぎるので解説します

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 子育て中の方
  • 子供の未来を考える方
  • 勉強が好きな子供になってほしい方

+ この知識を動画で見るならこちら

宿題無意味説

先日宿題に関して小学生では宿題に使っていい時間は10分ぐらいではないかという研究結果を紹介してもらいました。それ以上無理にさせても意味はないし、子供にとっての効果があるという証拠はないけれど、学習習慣が身につくことは役に立つのではないかということを含め10分ぐらいがいいのではないかという内容を解説させてもらいました。

宿題は10分以上やってはいけない【10分ルール】とは
宿題は10分以上やってはいけない【10分ルール】とは

最近リサーチを引き受けてもらうことになったケンブリッジ大学の研究者の方とディスカッションをしつつリサーチもしてもらいました。興味深い論文がいくつかありましたので、それを元に解説しつつ考察もさせていただけたらと思います。今回はお子さんがいる方はもちろんですが、僕もそうでしたが、子供の頃にあまり宿題をするタイプではなかったという人にも参考にしていただけたらと思う内容です。

続きを見る

では、逆に宿題をやりすぎるとどうなるのでしょうか。
学校の先生でも宿題の多い先生と少ない先生がいるかとは思いますが、前回解説させてもらった10分ルールを越えて宿題をさせるとどのようなことが起きるのでしょうか。
そんな宿題をもたらす副作用について今回は紹介させてもらいます。

先日紹介した内容としては、小学生には宿題をさせることに意味があるという証拠はなく、中学生には意味はあるかもしれないぐらいで、高校生研究です。
今回参照している研究では、4300人以上の高校生を対象にまずは高校生達がどれぐらい宿題をしているのかということを調べました。
そうすると、一晩で3時間から5時間程度宿題をしていたそうです。
これは明らかにやりすぎです。
先日紹介したクーパー教授の研究でも、2時間以上の宿題はむしろ学力の低下につながってしまうのではないかという指摘も出ていますので、3時間から5時間というとかなり多過ぎるかと思われます。
断っておきますが、これは勉強時間ではなく宿題に費やす時間です。

多すぎる宿題の副作用

この研究によると、学校が終わってから3時間から5時間もかけてしなくてはいけない宿題の量は、学校での態度を悪化させたり自信を低下させる、社交性を低下させたり生活の質(QOL:Quality of life)に害を及ぼすということが分かっています。
ですから、高校生にとっては宿題は効果があるにもかかわらず、多すぎる宿題は学校での態度を悪化させたり自信や社交性を低下させる上に、生活の質の低下にまでつながってしまうのではないかということです。

具体的に体にどのような不調が起きるかというと、偏頭痛や胃潰瘍、睡眠障害や極度の疲労感、体重の減少にもつながってしまうそうです。
ですから、大切な子供達に自分の身を削ってまで宿題をさせている現状があるわけです。
こんなにも体に害を及ぼす可能性がある上に、社交性や自信まで奪ってしまうのであれば、無理にそこまでさせる必要はないと思います。科学ではそれ以外にも運動など子供たちの未来に繋がると確認されていることがたくさんありますので、そういったことに時間を使った方がいいのではないでしょうか。

適切な宿題の量とは

研究チームは、宿題が効果があるとされている高校生の場合は宿題に費やす時間はどれぐらいにするべきなのかということも確認されていて、多くても高校生では2時間以下、中学生では90分以下がいいとしていて、小学生では宿題と学力には相関がないとされています。
ですから、小学生には宿題は出さなくてもいいし、中学生でも90分以下にしたほうがいい、高校生では2時間以下にしたほうがいいということです。

もっと他に子供たちの未来のために大切なことがある

子供に対して宿題をしなさいとか、決められたことをしなさい、時間を守りなさいということをよく言うと思います。
子供は体もそうですが脳も成長途中です。例えば、小学生の子供が50 kg のバーベルを持とうとしたら、きっと危ないからやめなさいと言うと思います。見るからに力がないというのが分かるので危険だと思い大人は止めるはずです。体もそうですが脳もまだまだ成長途中です。
にも関わらず、宿題ややらなくてはいけないことに関しては、大人と同様、もしくは、大人を超える自制心を子供に求めてしまいます。
大人もやらなくてはいけないことを先延ばしすることもありますし、体に良くないとわかっているのについついお酒を飲み過ぎてしまったり、健康を維持するためには適切な運動習慣が必要だということが分かっていながらもなかなかそれができない人も多いはずです。
大人ですらなかなかできないことを子供に対して求めてしまうわけです。

小さい頃はまだまだ脳が未発達です。ですから、小さいうちは社交性や責任感というものを宿題から学ぶことはできません。
休みの日に家族と一緒に過ごしたり、友達と一緒に遊んだりする中でソフトスキルを学んでいくわけです。

初等教育を否定するつもりもありませんが、例えば、高校で微積分を学んだ人で大人になった今微積分を使っている人はどれぐらいいますか。ほとんどいないと思います。
そのようなことより、例えば、部活の中で培った友達と協力することで大きな成果を得ることができるチームワークに関する経験や、失敗や辛いことも乗り越えていった経験など、宿題から学ぶことができないことはたくさんあるということを研究チームも言われています。

社交性や責任感など、世の中に出てから特に必要になってくるコミュ力に繋がるものは、休日や学校が終わった後の時間で、友達や家族と一緒に過ごす中で培われていくものですから、その時間を宿題が奪ってしまうと、むしろ宿題が逆効果にしかならないということです。
人生における大切な学習が宿題のせいで阻害されてしまうということを指摘してくれています。
ですから、わざわざそんなに長い時間宿題をさせる意味はないし、もっと他に大切なものがあるということを研究者たちも言われているわけです。

別の研究で、ミズーリ大学コロンビア校の研究によると、小学生に対して多くの宿題をさせすぎると学力が低下してしまうというものもあります。
この研究では、中学生においてもわずかしか効果はないということがいわれていますので、宿題は少ないに越したことはないということが言えるかと思います。この研究でも、もっと他の事に時間と労力を使った方がいいのではないかということが言われています。

賛否両論な現状であれば・・・

誤解がないようにしていただきたいですが、宿題に効果があるという研究も一応あります。宿題に関しては賛否両論な状況です。
ですから、賛否両論で良いのか悪いのかがはっきりしないのであれば、わざわざ副作用がある可能性のある宿題を無理にさせるよりは、もっと他のところで子供達の未来のためにつながることに時間や労力を使った方がいいのではないかと考えるわけです。

例えば、2017年のメタ分析では、かなり低い効果量ではありますが一応宿題に効果があるというデータが確認されていたり、別のメタ分析でも、宿題には効果があるのではないかということを示唆している研究もあります。
このようにかなり賛否両論な現状です。
さらに、宿題も自発的に行うような能動的に自分の頭を使うようなものなのか、それとも、ただドリルを渡されてひたすらこなしていくしかない宿題なのかによってもかなり違うはずです。

学ぶことは楽しいこと

誤解しないでいただきたいのは、僕は今でも勉強が大好きですし、やはり勉強は大切だと思いますし、勉強の仕方は学んでおいたほうがいいと思います。
子供たちが宿題をすることによって学習習慣が身についたり、何かを自分で調べる能力を身につけるというのはとても大切なことだと思います。
ですが、これはわざわざ宿題でなくてもできることでもあります。
勉強が辛くならないように勉強の方法は学んでおいてほしいと思います。

科学が認めるベストな勉強法とは

読書も楽しんでほしい

習慣と勉強法のためのおすすめ動画
習慣が身につく確率を【極限まで高める7つの心理テク】
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1565450345
科学的に証明されている勉強法10選
前半▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1541058184
後半▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1541351644

リサーチ協力
Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo
Tatsuya Daikoku Ph.D in Medicine University of Cambridge Department of Psychology https://www.researchgate.net/profile/Tatsuya_Daikoku

本内容は、以下の参考文献を元にした、DaiGoの独断と偏見を含む考察により、科学の面白さを伝えるエンターテイメントです。そのため、これらは、あくまでも一説であり、その真偽を確定するものではありません。
より正確な情報が必要な方は参考文献・関連研究をあたるか、信頼できる専門家に相談することをおすすめします。
訂正や追加情報があれば、随時修正や追記をします。
参考文献:Mollie Galloway, Jerusha Conner & Denise Pope (2013) Nonacademic Effects of Homework in Privileged, High-Performing High Schools, The Journal of Experimental Education, 81:4, 490-510, DOI: 10.1080/00220973.2012.745469 • Total Paper Citation (6 years): 70 LeTendre, G., Ikoma, S., Liang, G., & Akiba, M. (presented 2014, March). Gender differences in outside-school academic activity: Homework vs. work at home. Paper presented at CIES annual meeting, Comparative & International Education Society, Toronto, Canada. (International)
https://pdfs.semanticscholar.org/527e/698c21e1d853900661043f7f7bb71622971e.pdf
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1747938X16300628
https://marginalrevolution.com/marginalrevolution/2005/06/i_always_hated_.html
Cathy Vatterott(2018)Rethinking Homework: Best Practices That Support Diverse Needs (English Edition)2nd Edition
こちら、バターロットさんの本には、序文にいきなり Since the first edition of this book was published in 2009, much has changed, but the controversy surrounding homework has not abated. Research has still been unable to show proof of homework's benefit. と書いてあるのが面白いです。この本は宿題に関する様々な研究を紹介する決定版的な本ですが、初版からほぼ10年経過し、宿題に関しては様々な研究が出たものの、宿題のメリットはまだ見つかっていない。ということが前提で考察されています。


他の人はこちらも検索しています

-子育て, 学習法・記憶法
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.