人間関係

自己中の上位互換! 隠れナルシストを見抜くには

2019年2月11日

DaiGo MeNTaLiST

ナルシストを見抜くことは簡単で、あなたはナルシストですかと聞けばいいだけです。
ところが、自分はナルシストではないと言いながらもナルシストな人や、少しはそんな傾向あるけれどそれほどナルシストではないといっていてもかなりナルシストという隠れナルシストがいます。
ナルシストに関する研究も色々とあり、ナルシストは自分が思ってるよりもかなりナルシストなものです。そんな隠れナルシストを見つける質問をジョナサン・チーク教授が作ってくれています。

隠れナルシストとは?

実は、ナルシスト自体は組織にとって必要な存在です。隠れていないナルシストの場合は、ナルシストが一切いないチームよりも一人ぐらいいるチームの方が、彼らは自分の能力にとても自信を持っていますので周りが驚くような事やリスクを取ったりして意外とチームとしてうまく機能することもあります
自信満々で堂々とした態度に、周りもあんな感じで生きられたらいいなとか反面教師のようになったり勇気を与えたりするということも起きます。これが組織の中でのナルシストのメリットです。

ところが、普通のナルシストよりも悪質なのがこの隠れナルシストです。隠れナルシストの定義としては、一見自己中には見えませんが心の中ではなぜみんな自分を理解してくれないのだろうか、周りはみんなバカなのではないかと考えている人です。
自分はもっと評価されるべきなのになんで周りが自分を理解してくれないのだろうと悶々として、自分が凄いということを言う訳でも無く努力もしないで恨みを溜め込んでいるような人たちです。
つまり、自分にはとても才能があると思っているけれど表に出すこともなく悶々としているのに、評価されるべきと思っているので、他人に評価されなかったり他人に批判されると弱い人達です。自分はできると思っているナルシストは何を言われても平気ですから、隠れナルシストは普通のナルシストのメンタルが弱くなった状態といえます。

自分がすごいということも周りに言うことができず、言うことができないから努力もできず悶々としながら周りがなぜ理解してくれないのか評価してくれないのかと考えているのに、メンタルは弱いので批判されるとガラスの心が砕けてしまいます。
例えば、全く自分とは関係のないところでたまたま目が合ってクスッと笑われたら、あの人達自分のことを笑っている、きっと馬鹿にしてるに違いないと思うような人が隠れナルシストです。
自分はもっと評価されるべきという感情とメンタルの弱さが合わさると隠れナルシストになってしまいます。ですから、隠れナルシストとナルシストは全く性質が違うと言えます。自分について高い価値を置くというのがナルシストの特徴ですが、それにメンタルの弱さが合わさってしまうと隠れナルシストになってしまうわけです。

ナルシストは自分に対して高い価値を置いて他人からは認められて当然だと思っています。通常のナルシストは自分は認められて当然と思っているので、基準を高く持っています。ですから、常にかっこいい姿を見せないといけないし周りに弱さを見せてもいけないというような自分の中での美学を決めます。他人に認められようとして努力するのがナルシストです。このように考えると、いけ好かない人もいるとは思いますが、認められるために努力してるわけですから理解はできます。
ところが、隠れナルシストの場合はナルシストの自分は認められるべきという性質に内向的な人間が持つメンタルの弱さのようなものが加わることでこじらせてしまっているわけです。自分は認められるべきという気持ちが推進力になるべきなのに、努力も何もしないのになぜ周りは理解してくれないのだろうとこじらせてしまっているナルシストです。

隠れナルシスト判定テスト

ジョナサン・チーク教授が作ってくれた隠れナルシスト判定テストをしてみましょう。
暗算が面倒な人は紙とペンを用意してください。質問に対して1から5の点数をつけてもらいます。

  1. 全く当てはまらない
  2. 当てはまらない
  3. どちらでもない
  4. 当てはまる
  5. とてもよく当てはまる

質問は全部で10個ありますので点数を足していってください。

質問1:自分について没頭して考えてしまうことがある

質問2:他人から嫌なことを言われたり、冷たくされるとすぐに傷ついてしまう

質問3:お店や教室や部屋に入った時に周りが自分を見ている気がする。視線を感じることが多い

質問4:自分の成果や手柄を他の人達とシェアするのが嫌い

質問5:自分のことで精一杯で他人の問題に関わる余裕がない

質問6:自分の性格は世の中のほとんどの人とは違うと思う

質問7:他人の発言を個人的に捉えてしまうことが多い

質問8:自分が興味のあることがあるとそれに夢中になってしまい周りの人や他人の存在を忘れてしまうことがある

質問9:自分のことを認めてくれる人が一人もいないグループにはいたくない

質問10:他人が問題が起きて自分に相談してきた時に自分の時間が使われてしまっている感覚になりイライラしてしまうことがある

1問目から10問目まで自分の採点を合計することができたでしょうか。

診断結果

では、結果を紹介させてもらいます。

ナルシストの要素がほぼゼロ:23点以下

23点以下の方は自分をもう少し前に出した方がいいかもしれません。

バランスがいいのは29点前後の方で、健全なナルシストと言えます。自分と相手のバランスがうまくとれているので何も心配がいらないです。

そして、バリバリの隠れナルシストの方は・・・

35点以上です。

こじらせてしまって隠れナルシストになっている可能性が高いので、自分はもっと認められるべきという感覚をもってもいいですが、それを周りとの関係を断ち切る方向に使うのではなく他人との関わりを持つ方向に使うようにしてください
つまり、「自分はもっと評価されるべきなのに何で周りはわかってくれないんだ、みんなバカなんだ」ではなく、「自分はもっと評価されるべきなのになんで評価されないんだろう。みんな気付いていないだけなんだな、よし、もっとみんなに貢献して認めさせてやろう」という方向に考えを持って行くようにしてください。
評価を求めるのではなく、自分が情熱を持てることや自分の能力が最大限に発揮できる所に活路を見出しましょう。そうすれば、評価は後からついてきます。

参考にしてもらいたいおすすめ動画
仕事のモチベーションを奪われないために、やる気を700%アップする仲間の作り方
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1525281504
巻き込まれて停滞したくないなら、9ヶ月で出世するボストン大学式人脈術
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1525476497
共感力ゼロの人に振り回されたくないなら、サイコパスに学ぶスルーの技術
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1544294044


他の人はこちらも検索しています

-人間関係
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.