恋愛の科学

モテる人がすること、しないこと

投稿日:

モテる人、モテない人の科学

モテる人とモテない人の違い

モテる人とモテない人の違いとしては、脈アリを見抜くチカラもあることがわかっています。
モテない人は、明らかに無理なところに注力したりしがみついたりしがちです。恋愛でも仕事でも同様ですが、次に行くということをしないわけです。

なかなか次に行けない人、悪い関係を切れない人というのは、新しい人と出会う能力や出会って相手の心をつかむ能力が少なく、脈のある人を見抜くことも苦手です。

男性は好かれていないのに好かれているのではというポジティブな勘違い


女性の場合は好かれているのに好かれていないというネガティブな勘違い


この勘違いを治していくことが大事です。

ただ、脈アリ脈ナシを見抜くといっても難しいと思います。
様々な研究で、「どういう場所に行くと脈アリになりやすいか」ということがわかっています。
つまり、モテる人、脈アリを見抜く能力が高い人というのは出かける場所が違うということです。
モテたい人は、それを知って変えていくことをおすすめします。

 

外見で勝負したいのか?中身で勝負したいのか?

見た目で勝負する人と中身で勝負する人で効率の良い方法は変わってきます。
2010年エジンバラ大学が4,000人の男女を集めてランダムにペアを組ませてそれぞれの異性と3分間の短い会話を続けていくという研究を行いました。
この際、2つのグループに分けました。一方は10人の異性と会話をするグループ。もう一方は20人の異性と会話をするグループです。
それぞれ会話を繰り返した後に、どの相手に魅力を感じたかを尋ねました。

その結果として、
人数が少ない10人と会話をしたグループは、相手の知性や職業・宗教といった会話の内容や心理的な深い部分によって魅力度が変化しました。つまり、思想によって魅力度が変化しました。
人数が多い20人と会話をしたグループは、相手の外見や年齢によって魅力度が変化しました。

中身で勝負したいなら人数の少ないパーティーに行きましょう!外見で勝負したいのであれば人数の多いパーティーに行きましょう!その人数の多い少ないの判断の参考数値は10人と20人の間あたりにあるということです。

人間は、人数の少ないパーティーでは相手の中身を見て人数の多いパーティーでは中身を覚えていられないから外見で判断するようになるわけです。
そこを考えず、婚活で焦っている人が大人数の大規模な婚活パーティーに参加すると失敗しやすいわけです。人の紹介やホームパーティーのような小さなパーティーに行ったほうが中身で出会える可能性が高まります。
ただし、見た目やお金で相手を選ぶと離婚率は倍になるということがわかっているのでおすすめはしません。

そうは言っても、大人数のパーティーでも深く話をすれば良いのではないかと思う人もいるかと思います。ところがそうではないことも、このエジンバラ大学の研究でわかっています。
実験では、10人としか話さないグループも20人と話すグループも、それぞれ同じ3分しか話していないわけです。ということは話している時間には関係がないということです。その日何人と会ったか、どれぐらい記憶に残りやすいかということが重要だったわけです。
要は、10人とだったら記憶には残るけれど20人と話すと誰が誰かわからなくなってしまうということです。

異性の候補が多くなればなるほど、大量の情報を処理しなくてなならなくなります。
そうすると、外見や年齢といったすぐに判断できるような情報に目が行きやすくなってしまいます。内面の情報は比較しにくく判断が困難になってしまうからです。

  • 内面で勝負したいならば10人以下のパーティー
  • 外見で勝負したいならば20以上のパーティー


参考にしてみてください。

タグ

-恋愛の科学
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.