恋愛・結婚

【嫌われる】厚化粧のリスクがやばい

【嫌われる】厚化粧のリスクがやばい

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 毎日メイクが面倒…
  • 魅力的に思われたい女性と男性

薄めのメイクとばっちりメイク

今回はメイクに関する内容です。
女性であれば、いわゆるナチュラルメイクの人としっかりメイクする人とがいると思います。そのナチュラルメイクはそもそも薄いメイクではないという人もいると思いますが、要するに、薄めのメイクで素肌で勝負する人とばっちりメイクする人とに分かれると思います。
そんな薄めのメイクとばっちりメイクでは、どちらの方がいいのでしょうか。
そもそも、メイクをすることによってどんなメリットがあるのでしょうか。男性から魅力的に見られるとか色々な考え方が人それぞれあると思いますが、メイクというものはメンタルや他人の心理にどんな影響を与えるものなのでしょうか。
そして、薄いメイクとばっちりメイクでどちらの方がメリットが大きく戦略的に正しいと言えるのかということを紹介していきます。

メイクの与える印象(濃くなればなるほど…)

ブリュッセル自由大学の行った研究で、およそ1000人の男女を対象にメイクの効果について調べてくれています。
参加者の人達には2つのパターンの写真を見てもらいました。
1つのパターンの写真はお化粧をちゃんとしている女性の写真で、もう1つのパターンは化粧をしていない女性の写真でした。それら2つのパターンの写真を見せて、写真の女性に対する評価をしてもらいました。
その結果、興味深い傾向が確認されていて、なんと女性の化粧が厚化粧になればなるほど、化粧をしていない女性と比較して、人間味や主体性、その人の経験や能力の高さ、温かみがあるかどうかということや道徳性の高さについて、それらの特性に対して低く評価されるということが分かっています。

つまり、化粧が濃くなればなるほど、

人間味がなく、冷たそうな印象になる

主体性がなく、自分から何かをしたり積極的に物事を取り組むように見えない

経験が浅く、あまり有益な経験をしていないと思われる

実際に仕事をする上での能力も低く判断される

温かみがなく、冷たい冷酷的な人に思われる

道徳性が低く、ズルをしたり悪いことをしそうに思われる

というような評価を受けてしまったということです。

しかも、このような傾向は、評価する側の人が女性でも男性でも変わらなかったということです。

以前も紹介しましたが、女性は美しい女性に対しては評価が厳しくなるという研究があります。そうでない場合に比べて40%以上も評価が厳しくなるという研究もあるぐらい、女性は美しい女性に対して厳しく判断するわけですが、この厚化粧度合いに関しては、その人が美しいかどうかということではなく、化粧の厚みだけに関して考えると男性から見ても女性から見ても化粧が厚い人に対する評価は低くなるということです。
人間味がなく優しくなく冷たい人で、やる気も経験もなく能力も低い上に、ズルをするような人に思われるわけです。
ですから、厚化粧というものは男性から見ても女性から見ても、本人に対してのメリットは全くないと言えます。

メイクは人間性の喪失に繋がる?!

このような傾向が現れたことに対して、研究チームのコメントとしては、メイクアップというものは人間性の喪失に関わっているのではないかということを言われています。
要するに、メイクが濃くなればなるほど、人間というよりは物体としてのイメージが強くなってしまうということです。基本的な認知レベルでは物体と同じようにメイクの濃い顔を処理しているので、言い方は悪いですが人として見られていないということになります。
そのために、能力も低く見えるし温かみや優しさも感じないし、違和感しか残らないという状態になってしまうわけです。

人間の表情に関する研究ではアレクサンダー・トドロフ博士がとても有名ですが、人間の顔のどの部分がどのような印象を与えているのかということを調べてくれています。
このような方々の研究からも、人間の顔は絶妙なバランスから相手の人間性を判断したり相手の印象を決めているということが分かっています。
それらの印象や判断を決めるスピードというものは僕たちが頭で考えるスピードよりもはるかに早いものです。わずか0.1秒や0.01秒といったレベルで相手のことを判断しています。
しかもその一瞬の判断を人間はなかなか乗り越えることができないとされています。

ですから、整形の場合も同様かもしれませんが、人間の顔を変に人工的にいじってしまうと、人間性の喪失というデメリットが起きる可能性があるわけです。
この人間性の喪失が起きると、先ほど紹介したような人間味もなく能力は低いしズルをしそうなイメージになりいい印象がなくなってしまいます。

もちろん、好みはそれぞれですし個人の趣味として化粧することを否定するわけではありませんが、科学的に見た場合には、人工的な加工を加えると他人から見た印象に対してペナルティがつく可能性がありますので、整形の場合も一重を二重にするとかシミを取り除くというぐらいであれば構わないとは思いますが、あまりにも過ぎる変化を加えてしまうと、自己満足の部分は別としてそれほどメリットはないのではないかということが今回の研究から示唆されたことです。

難しいところではありますが、そもそもメイクの効果自体怪しいものだとも言われています。
例えば、女性がメイクをした場合とメイクをしていない場合を比較する研究では、男性から見た時の女性の魅力の内のどれぐらいをメイクが左右しているのかということを調べたものがありますが、なんとわずか2%しかないということが分かっています。
つまり、女性がメイクをしていてもしていなくても、男性から見た時の魅力はわずか2%ぐらいしか変わらないということです。
そうなると、そういう意味ではそもそもメイクをする意味はないのではないかとも考えられるような内容です。

整形や化粧も別に好きでしているわけではないという人もいると思います。毎日面倒だしお金もかかるし、それでも魅力的に思われたいので一生懸命するわけです。
男性でも自分をかっこよく見せたいと思って色々頑張る人もいると思います。
では、男性でも女性でも本当にモテる顔を作るにはどうすればいいのでしょうか。今回のおすすめの動画として、そんな方法を解説した「メイクの効果わずか2%の衝撃!本当のモテ顔の作り方とは」を紹介しておきます。是非チェックしてみてください。
そして、美人とは何なのか、イケメンとは何なのかということを知れば、整形などではなくても意識して変えていくことができる部分もあるはずです。そんな美人はイケメンというものはどんな条件で成り立つのかということを紹介してくれている興味深い一冊がありますので、今回のおすすめの本として、そんな『美人の正体 外見的魅力をめぐる心理学』を紹介しておきます。是非チェックしてみてください。

本当にモテる顔になりたいなら↓
メイクの効果わずか2%の衝撃!本当のモテ顔の作り方とはhttps://www.nicovideo.jp/watch/1533139747

男性にも女性にも印象の良い顔の特徴とは?!

自分はなぜかいつも悪い印象を与えている気がするという方はこちらを!

今回のおすすめ本
¥1,540 (2020/09/22 04:34:15時点 Amazon調べ-詳細)

References
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、ReferencesおよびArchivesから考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:Sarah Gervais et al.(2020)An Initial Test of the Cosmetics Dehumanization Hypothesis: Heavy Makeup Diminishes Attributions of Humanness-Related Traits to Women

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-恋愛・結婚
-,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog