習慣 集中力

朝やめるだけで人生変わる行動

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 仕事や勉強に効率的に取り組みたい
  • 人生を無駄にしたくない

朝やめるだけで人生が激変

仕事を効率よく進めたいのであれば午前中に絶対にしてはいけない行動があります。
それを朝してしまうと、その日1日の集中力や作業効率が著しく下がってしまう行動について紹介させてもらいます。

以前朝に20分行うと人生が変わる行動について紹介させてもらいました。

これとは逆で、朝このことをやめるだけで人生が大きく変わる内容です。
まず答えから言うと、それはメールチェックです。メールのチェックは午前中はやめたほうがいいということです。

よくメールに関してはどのようにすると効率がいいとビジネス本や作業効率を上げる本で紹介されています。メールのやり取りやタスク管理について色々解説している本もありますが、メールチェックに関しては間違いなく午前中はしない方がいいです。そして、その回数も減らした方がいいです

メールチェックを制限すると…

例えば、今回参照しているブリティッシュコロンビア大学の論文を見てみると、メールを確認する回数が増えれば増えるほど、ストレスが激烈に増えるということが分かっています。
この研究では、メールチェックを普段通りにしてもらったグループとメールチェックを1日に3回までに制限したグループに分けて実験を行っています。制限したグループはメールの通知もならないようにして決まった時間にだけメールをチェックしました。
2週間続けてもらい追跡してみたところ、通知を切ってメールをチェックする回数を制限したグループは、大事な作業をしている時や自分がやりたいと思っている作業をしている時の緊張感や毎日のストレスが和らいで、リラックスして仕事で大きな成果を出すことができたということです。
さらに、毎日のストレスが和らぐおかげで仕事だけではなくプライベートの人間関係が充実したり幸福感もアップするということも起きたそうです。
たった2週間メールチェックや SNS のチェックを仕事中に1日3回までに制限するだけでもこんなにも多くの人生に対するインパクトがあったわけです。
一方で、いつも通りにメールをチェックしていた人たちはストレスも激増して仕事に対する生産性も落ちていたということです。
この生産性が落ちるということは、それによりお金の不安を感じたり人間関係による不満や不安を感じやすくなったりして、それを家庭に持ち込むせいで家庭の環境が悪くなってしまったり、かなりネガティブな連鎖が起きてしまいます。
ですから、メールチェックを制限するだけで人生は大きく変わるのではないかということを示してくれたのがこの研究です。

マルチタスクの大きな害

なぜこのようなことが起きるのかということを考えてみると、より深い理解を得ることができます。
メールのチェックというものはマルチタスクになってしまいます。このマルチタスクの害というものはとても大きいもので、それはメールのチェックに限らず、時間があるかないかということにも関係なく、人間は集中している時間が長くなればなるほど、余計なことを考えずに一つのことに取り組んでいる時間が増えれば増えるほど幸せになります
逆に、時間が分断され細かく色々なことをしたり、あれもしないといけないこれもしないといけないと細かく余計な作業を挟むことによって、僕たちの幸福感というものはどんどん低下していきます。ストレスも増えて集中力も下がってしまいます。
要するに、マルチタスクを引き起こすというのが大きな問題になるわけです。

マルチタスクに関する害は、メールに限ったことではありません。
例えば、スマホを使っている一般的な人たちがどれぐらいの頻度でスマホをチェックするかというと、平均で1日に150回もチェックするそうです。
皆さんも是非自分のスマホのスクリーンタイムを見てみてください。もし150回以上スマホをチェックしているとなるとかなり見過ぎです。150回もスマホをチェックするということは、例えば、1日15時間活動するとしたら1時間に10回も見ているということになります。ということは、5分から6分に1回は集中が切れているということになってしまいます。
このマルチタスクにより、現代の人たちが一つの仕事や一つの行動に集中して取り組んでいる時間はなんとわずか1分15秒にまで落ちているそうです。僕たちの集中力はこんなにも乱れていて続かなくなっているわけです。

さらに、この余計なことを始めて作業が中断してしまうと、その作業の中断によって僕たちの集中力はゼロにまで落ちてしまいます。その集中力が落ちた状態で元の仕事に戻ろうとするとどれぐらいの時間が必要になるのかというと、なんと25分間も時間が無駄になってしまうということです。
つまり、せっかく集中して取り組んでいる時に一度メールやスマホをチェックしてしまうと、その仕事に対して同じ状態に戻るまでに25分間も必要になってしまうということです。
こんなにも作業効率が大きく下がってしまうわけです。

そして、これが人生の満足度をどんどん下げることにつながってしまいます。
さらに、マルチタスクで作業をしてしまうと生産性は40%も落ちるということが分かっています。
ですから、マルチタスクで作業をすると普段よりも40%も仕事ができない人になっているということです。
これはかなり恐ろしい話で、無駄に長時間働く、あるいは、多大なストレスを抱えてしていかないと仕事が終わらなくなってしまうということになります。
作業効率の低下ということでもメールチェックは良くないわけですが、作業時間がどれくらい伸びるのかというと、メールを頻繁にチェックして作業が分断されてしまうと、集中して取り組んだ場合に比べて仕事時間はなんと1.5倍にもなります。
皆さんは1.5倍も無駄に時間を使って仕事をしている可能性があるということです。
無駄にダラダラと時間を費やして仕事をしなくてはいけなくなっているので、皆さんの大切な人生がどんどん削られているかもしれないわけです。

さらには、仕事の時間が無駄に長くなるだけではなく、ミスも増えてしまいます。
集中して短時間で取り組んだ時にはミスが少ないのに、時間が余っていたり長時間かけて取り組んだ時の方がくだらないミスをしてしまっていることがよくあると思います。
マルチタスクの状態で仕事をすると作業ミスが50%も増えるという研究もあります。

なぜこんなにも大きな害が起きてしまうのかというと、マルチタスクは僕達の IQ を著しく下げてしまうからです。なんと15ポイントも IQ を下げてしまいます。
実際には直接的に数字で比較することはできませんが、IQ が15ポイント下がってしまうということです。
これがどのくらいの影響なのかというと、タバコや大麻を使うと脳がボロボロになってしまいますが、これらが与えるデメリットのおよそ3倍も IQ を下げていることになります。
そう考えると、当然仕事ができなくなるのも頷ける話かと思います。

タバコや大麻の3倍も脳にダメージ

  • 人間は集中している時間が長くなり、一つのことに取り組んでいる時間が増えれば増えるほど幸せになる
  • 一度メールやスマホをチェックすると、その仕事に対して同じ状態に戻るまでに25分間も必要になる
  • マルチタスクで作業をすると、普段よりも40%も仕事ができない人になる
  • 作業が分断されていると、1.5倍も無駄に仕事をしているかもしれない
  • マルチタスクの状態で仕事をすると、作業ミスが50%も増える

朝の大切な時間に集中する時間を

僕がおすすめするのは、せめて朝のうちはやめておいた方がいいということです。
やはり最初に仕事を始める時には集中力も持ちやすいものです。朝型や夜型の人によって違うというのもありますが、やはり、仕事を始める時というのが一番集中力も高いでしょうし、高いモチベーションを持って行動することができるので、うまく集中力が加速すれば大きなパフォーマンスを発揮することができるのが午前中や朝のうちの時間です。
そんな大切な時間なのにそんな時にわざわざマルチタスクを行ってしまうと、皆さんの作業効率を落としてしまいとてももったいないことです。
ですから、せめて午前中だけとか、会社に行ってから2時間でも3時間でもいいので、一定時間はメールなどをチェックしないで、その日自分がするべきだと思っていることや取り組みたいと考えていることに全力を注ぐようにしてください。そこに自分の集中力を投下してください。とことん集中してからメールをチェックしても遅くないはずです。

チェック回数を減らす

朝会社に行ってまずメールをチェックするという習慣はやめましょう。
午前中の一定時間はとことん集中する時間を作って、それからメールチェックするようにしてください。
昼前にチェックして夕方にチェックして会社を出る直前にチェックするというような感じでチェックする回数を減らすのがおすすめです。
ちなみに、以前は僕も朝にチェックして昼にチェックして夕方にチェックするというように1日3回チェックするようにしていましたが、昼前に一度チェックして夕方にもう一度チェックして終わりです。基本的にはこれ以外には見ないようにしています。
待ち合わせがある時などや緊急で連絡するのはもちろん結構ですが、基本的には2回から3回にするのがおすすめです。
これをするとさらに良いこともあります。中途半端な内容でメールを送ってしまったり、後でメールを送ればいいということがなくなるので、回数を減らすことでメール自体に対しても集中して取り組むことができるようになります。1回の連絡で要件をすべて終わらせようと考えるので効率よく一つずつを終わらせることができるようになります。
自分が一度のメールで要件を終わらせるための練習にもなりますので、ぜひ実践してみてください。

通知を制限する

ちなみに、通知を消すだけで僕たちの1年の12ヶ月は13ヶ月分にまで伸びるのではないかということを言われている研究者もいます。
自分の時間をちゃんと確保したいという方は特にこの通知を切っておくということをお勧めしておきます。
この通知の危険性については、例えば、ミシガン州立大学の研究を見てみると、僕たちの集中力というものは、2.8秒何かしらの邪魔が入るだけでも途切れてしまうということが分かっています。
これは学生を対象に行なった研究で、パソコンを使って作業をしてもらい集中度を測るという実験を行なっていて、ポップアップ通知を何秒間表示させると人間の集中力や作業効率が落ちるのかということを調べています。
その結果、なんとわずか2.8秒ポップアップ通知を表示させるだけで、作業スピードが半分にまで低下したということです。
さらに、4.4秒ポップアップを表示させると、なんと作業スピードは1/3にまで低下しました。

つまり、僕たちは2.8秒を注意がそれるだけで作業効率は半分になり、4.4秒注意がそれると作業効率は1/3になるということです。
ですから、ちょっと電話が鳴ったり誰かに話しかけられたり、メールや LINE の通知がなるだけでも作業の効率は半分にまで下がってしまうということになります。
通知が鳴って実際にメッセージを読んだりLINE の返信をしなかったとしても、通知がなるだけで効率は著しく下がるわけです。

そうは言ってもどうしても通知を切れないっていう人もいると思いますが、僕がしている方法として、Kindle などで本を読んだりしますが、それに集中して取り組みたいと思った時には通知を切るか機内モードにするようにしています。
自分なりに集中する時間を決めて、せめてその時間だけでも通知が鳴らないようにする癖をつけておかないと、集中力はいくらあっても足らなくなってしまいます。
仕事でどうしてもやり取りが必要な場合には、自分がこの時間だけはせめて集中しようと決めた時には機内モードにするようにした方が良いのではないでしょうか。
是非試してみてください。

午前中はまとまった時間を確保して取り組む

マルチタスクの人はそうでない人に比べて仕事が忙しくて時間がないという感覚に追われてしまうということがブリジッド・シュルトさんの『Overwhelmed: Work, Love and Play When No One Has The Time』という本でも紹介されています。
やはり、このような忙しすぎるという感覚が僕たちのストレスになってしまい、そのせいでかえって仕事の生産性は下がってしまっているので、まとまった時間を作るということはとても大事だと思います。
是非皆さんはメールチェックは午後にまわして、午前中はまとまった時間を取るようにして、仕事や勉強に取り組むことをしてみてください。これはきっと人生が変わることにつながります。
初めのうちは最初の1時間でも結構です。慣れてくると集中することが楽しくなってきて味をしめたようになるはずです。

今回のおすすめの本としては、そんな集中力に関する2冊を紹介しておきます。『自分を操る超集中力』は僕の本ですが、集中力がない人でも読みやすいように書いた本で、僕の書いた本の中では一番売れている本です。そして、僕のリサーチを担当してもらっている鈴木 祐さんの『ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45』を併せて紹介しておきます。是非チェックしてみてください。
今回のおすすめの動画としては、1時間も集中できないとか、スマホがなくても集中力が途切れやすいという人もいると思いますので、実は集中力が途切れにくくするためにはコツがあり、そんな集中が途切れたり注意散漫になることを防ぐためのコツをまとめた動画を紹介しておきます。ぜひ合わせてチェックしてみてください。

ハーバードメディカルスクール式注意散漫を防ぐ6つのポイント▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1569336488

ADHDでもそうでない子供でも集中力を上げることができる方法とは?!

集中力が切れて翼を授かりたくなった時は…

今回のおすすめ本
¥670 (2020/08/03 07:29:42時点 Amazon調べ-詳細)
SBクリエイティブ
¥930 (2020/08/03 03:01:13時点 Amazon調べ-詳細)

リサーチ協力
Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料から考察した科学の面白さを伝えるエンタメです。あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0747563214005810
https://visual.ly/community/infographic/business/high-cost-multitasking?utm_campaign=website&utm_source=sendgrid.com&utm_medium=email
https://psycnet.apa.org/record/2013-00033-001
Brigid Schulte(2014)Overwhelmed: Work, Love and Play When No One Has The Time

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-習慣, 集中力
-, , , , , , ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog