挑戦・飛躍

新しいことが怖くなくなる、チャレンジ癖のつけ方

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

あなたは、新しいことにも積極的にチャレンジできますか?

もしそうだとしても、向上心が高いあなたは、あの時、もっとチャレンジしておけばよかったな。

あの時、もっと行動できていれば。

あの時に戻れたら、もっといろいろなことをしたのに。

と、過去のチャレンジできなかった自分に、後悔やもどかしさをある程度は感じているのではないでしょうか。

そもそも人は変化を恐れる生き物です。

生物が安心を求めるのは、変化によって自分の身を危険に晒さないようにするためです。

自然界では、大きな気候の変動はめったにありませんし、動物たちが身を置く環境が、そうそう簡単に変わることはありませんでした。(近代の人間が引き起こした環境の変化を除けば、ですが。)

だから、変化しない選択はそのまま安全へとつながったわけです。

恐怖は防衛本能なのです。

自分の人生と、家族や友人に安全をもたらすために、安定を求める。

これは自然界では概ね正しい考えでしょう。

しかし、現代の人間社会ではこれは当てはまらないのです。

変化しない選択がなぜ危険なのでしょうか?

それは、人間社会は自然界と異なり、異常なスピードで変化をしているためです。

社会の変化に、自分を合わせていくことができなければ、あっという間に取り残され、安定とは程遠い生活を強いられることになります。

変化し続けなければ、人間社会では安定を得ることはできないのです。

このように、

変化しないという選択はリスクでしかないのです。

変化し続けるには、あなたの防衛本能にあらがう必要があります。

まずは新しいものにチャレンジできない理由を説明します。

ヒトにはそもそも、新規恐怖という新しいものを恐れる性質があります。

「失敗するかもしれない」

「いつものを選んでおけば安全だ」

という思考が頭をめぐり、あなたのチャレンジをあなたの本能が潰してしまうのです。

これは簡単な習慣で解消することができます。

条件付けを利用して、新規恐怖を快感に結びつけてしまえばいいのです。

というわけで、

私が行っている方法をご紹介しましょう。

基本的に、どうでもいい些細な選択から冒険し始めるのが基本です。

例えば、

あなたがランチに行ったなら、頼んだことがないメニューを頼む。

行ったことがないお店に行ってみる。

それが怖いなら、いつもの店でいつも頼むアイスコーヒーを、頼んだことがないブルーベリーヨーグルトジュースに変える、というのでもよいでしょう。

・・・ここで、あなたはこう思うかもしれません。

はいはい、新しいことにチャレンジしなさいってことね、よくあるやつだね。

・・・はい、ここまではよくある話です。

大事なのはこれからです。

チャレンジした結果、意外と良い結果になる場合と、そうでない場合がありますよね。

チャレンジしてよかった時のことを、ノートにメモしておくのです。

例えば、アイスコーヒーばかり頼んでいたけれど、ブルーベリーヨーグルトジュースが意外と甘ったるくなく、スッキリしていてよかった。

カフェインを取り過ぎる自分には、健康的にもいいかもしれない。

のように、チャレンジしてみて良かった時のことだけを、文字にして残すのです。

チャレンジしたけど意外と微妙だった時のことは、メモしなくてよいです。

チャレンジすることができた自分を褒めてあげて、そのことは忘れてしまいましょう。

このトレーニングはやればやるほど、ノートにチャレンジして、成功したケースが溜まっていきます。

しかし、チャレンジに失敗したケースは、時間とともに記憶から、どんどん薄れていくわけです。

すると、チャレンジするといいことが起こる、成功する、という記憶が脳に刻み込まれ、チャレンジに対する恐怖を抑えることができる、という訳です。

この方法は続ければ続けるほど、あなたのチャレンジ力を高めます。

そして、チャレンジの成功体験を綴ったノートはあなただけの、一生ものの財産になることでしょう。

タグ

-挑戦・飛躍
-

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.