恋愛の科学

イイ出会いの科学的条件

投稿日:

出会いの科学を紹介します。

みなさんが望む出会いを得るための効率的で科学的根拠のある条件とは?

相手がYESと言ってくれるかどうか不安だとか、一歩踏み出したいけれど勇気がないという人は、大概の場合拒絶を恐れているからだと思います。

では、どういう状況で言えばその可能性を高めることができるのか。

また、最近ではオンライン上での出会いも多いと思いますが、上手に使って成功率を高めるためにはどうすればいいのかをご紹介します。

 

デートに誘うタイミング

声をかけたり誘うタイミングは、どのようなタイミングであればYESと言ってもらえっる確率が高くなるのか?

答えは、相手の脳が疲れているときです。

大変な作業を終えたとき、仕事や試験が終わった後など、脳が疲れているときに誘ったほうがYESと言ってもらえる確率が上がるということがわかっています。脳が疲れて判断能力が低下している時に誘うと1.3倍の確率で相手がYESと答えてくれるということです。

2012年にモンマス大学が99人の男女に2つのグループに分かれて短いエッセーを書くように指示しました。
ひとつのグループは自由にエッセーを書いてもらいます。もう一つのグループには「E」から始まる単語を使わずにエッセーを書いてもらいました。当然「E」から始まる単語を使わずにという条件のあるグループの方が頭をつかうわけです。
その後、ふたつのグループには美男美女の写真を被験者たちに見せて「この人からナンパされたらついていきますか?」と尋ねます。
その結果、使う言葉に条件をつけられて頭を使ったグループの方がそうでないグループに対して30%も多くYESと回答しました。

つまり、頭を使って判断能力を酷使した状態では誘いを断りにくくなるということです。
相手が、朝とか昼の元気なときではなく、仕事を終えたり帰り道の疲れていそうなときに誘うほうがYESの可能性が高くなるわけです。
例えば、仕事終わりにちょっとした差し入れと一緒にサラッと誘うと返報性の原理もはたらき説得力も上がると思います。

タイミングだけで30%も増えるわけです。パートナーという人生のかなり大きな部分を占める選択肢が30%も増えるということですから、これは大きなことです。是非参考にしてください。

 

ネットでの出会い

2007年にウィスコンシン大学がオンラインデートサイトで202人に協力してもらい、出会いの確率が高い人のエントリーの仕方について研究しました。
その結果、ぼくが協力している恋愛婚活「with」や他のサービス、もしくはインスタグラムやツイッターなどで出会うこともあると思いますが、そういったネット上での出会いの可能性を高めるにはどうすればいいのかということもわかっています。

やり取りが長くなると成功率は下がる

オンライン上で繋がってから連絡先を交換したりやり取りが長くなれば長くなるほど実際に会う可能性は下がります。更に、会うまでにこちらの情報もオープンにしておかないと成功率が下がるということもわかっています。つまり、ネットでの出会いというのは、お互いのことをしっかり理解したほうがいいわけですが、長い期間会わずにネット上のやり取りだけというのも良くないということです。
短期間でも密度濃くやり取りをして理解し合った上で実際に会うのがおすすめです。

できるだけ早く電話での会話

やり取りも増えてお互いのこともある程度わかったけれどなかなか会うタイミングがないということもあると思います。このような場合は電話をして相手に自分の声を伝えたほうがいいということもわかっています。

相手の声を知るということは信頼感や親密感を生み出してくれる効果があります。ですから、会えない場合は電話で話してみるというのが良いと思います。
見た目に自信がないというのであれば、なおさら最初に声で印象をつくっておくことも大事です。

より詳しく出会いの科学を知りたい方は、メンタリストDaiGoの生放送講座でも紹介しています。
是非チェックしてみてください。

タグ

-恋愛の科学
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.