読む・操る

野球界のご意見番とやらが【知性の低さをプレゼンしていた件】

野球界のご意見番とやらが知性の低さをプレゼンしていた件

DaiGo MeNTaLiST

根性論や時代錯誤なことを言う人たちって・・・

体罰に関してまた意見させてもらいたいと思います。
野球界のご意見番として偉そうな方がいましたが、その人が、「日本人は投げて投げて力をつけるものだ!ケガを恐れるぐらいだったらスポーツなんかやめろ!」というようなことを言われたそうです。162 km の球を投げるようなすごい選手が甲子園で注目されたそうですが、その選手の体を考慮して監督がその選手を登板させないという決断をし、その結果試合に負けて、それに対して、偉そうな方が否定していました。

怪我をするのがスポーツ選手の宿命だとでも言うかのような時代錯誤も甚だしい考えの人たちがまだまだたくさんいるわけです。
未だに体罰が必要だというようなことを言う人さえもいます。

今回はこのような人たちの心理を解説したいと思います。

結論としては・・・知能の低い人達です。

日本では体罰を容認する人が未だにいる

体罰を肯定したり、スポーツでの根性論をこれだけ科学が進んだ時代に信じて主張する人たちは未だにいます。

恥ずかしい話ですが、日本という国は先進国の中でも未だに体罰に関して寛容な国だということが統計上判明しています。
例えば、子供や学生をしつけるためには体罰も必要だと言う人が多い恥ずかしい国です。

様々な研究により、体罰というものは子供の暴力性を加速させてしまうだけで、メンタリティの問題を将来引き起こしたり犯罪に手を染める可能性を高めるだけだということが分かっています。
ですから、体罰には百害あって一利なしということが様々な研究により明らかになっているわけです。
にもかかわらず、未だに「自分たちの若い頃は、先生に殴られてそのおかげでまっすぐ育つことができた」というようなことを堂々と言う大人がいます。

科学的に体罰には害しかない!

マリル大学の研究で、システマティックに体罰の影響について調べてくれています。WHOのデータセットを用いて世界の88カ国から40万人分のデータを収集し行われた大規模な研究です。
簡単に説明すると、体罰が禁止されている国と体罰が禁止されていない国を比べて、もし体罰によって子供がまっとうに育ったりするのであれば、体罰を禁止していない国の方が犯罪率が低くなるはずです。
実際には、体罰が全面的に禁止されている国は、体罰を容認している国に比べて、子供の暴力は69%も低く女性の暴力も42%も低かったということが分かっています。
つまり、体罰を禁止したほうが将来的に子供が暴力沙汰を起こす確率が少なくなるわけです。
それぞれの国の裕福さや犯罪発生率などを調整しても、この相関関係は確認されていますので、結局、体罰というものは子供を暴力的にする効果しかないと言い切ることができます。

テキサス大学とミシガン大学の研究でも体罰について調べてくれています。子供に対してビンタをするとどうなるのかそういうことを160927人のデータを使い調べたものです。しかも、これは50年間にも及ぶデータの蓄積を使っていますので信頼性も高いと考えられます。使われたデータは観察研究とRCT(ランダム化比較試験)の両方を使って、 短期的な影響と長期的な影響の両方から子供にビンタすることの問題を調べています。

結論としては、子供にビンタをすることによって、その子供は攻撃的な性格になり、反社会的な行動を増やすということが分かっています。
さらには、子供にとってこのビンタというものは、身体的な虐待と変わらない影響を持っていて、虐待された子供と同じようにメンタルヘルスが悪化してしまうということも分かっています。将来的に精神的な問題を抱えてしまう可能性さえ増えてしまうということです。

逆に、ビンタすることに対するポジティブな影響も調べましたが、全くなかったということも確認されています。
ですから、体罰というものは完全に無意味なものです。子供のためには全くなりませんし、子供と対話することができない言語能力の低い無知な大人達が問題を引き起こしているだけです。

他にも2016年のメタ分析でも、体罰は非社会的な行動を増やしてメンタルの問題も悪化させるし、さらには、家庭環境まで悪くするということが分かっています。
ですから、親にされる体罰はもちろんですが、学校で行われる体罰も家庭環境の悪化につながってしまいますし、子供をビンタすることによるポジティブな影響なんて何一つありません。

体罰に関しては百害あって一利なしということが明確に証明されているわけです。
子供の説得の仕方であったり、間違った子供を改心させるためにはどうすればいいのか、本人が望まない変化を促すにはどうすればいいのか、というようなことを調べてくれている研究者もたくさんいますし、証明されている研究もたくさんあります。
教職者たちはこれを学ぶべきだと思います。学ぶことなく、とりあえず子供を叩くというのはどう考えても間違っています。

古い時代の常識を振りかざす人

野球界のご意見番の方に関して言うと、皆さんの周りにもあんなタイプの人はいませんか。
「俺たちの若い頃は・・・。だから今の若い奴も同じようにするべきだ!」というように、古い時代の論理を持ち出して、自分の過ごしてきた時代が一番素晴らしくて、自分のしてきたことが最も正しくて、自分たちが知ってきたことが常識だと考えているような人がいますが、常識というものは時代によって変わるものです。
何十年も前でスポーツ科学などもそれほど発展していなかった時代に、彼らにとってはそれが真実だったのかもしれません。とはいえ、勉強もろくにしないで未だに同じことをひたすら続けているということは無知であることを露呈しているに過ぎません。

例えば、これだけスマホが普及した時代に黒電話の素晴らしさをのたまわっている人がいたとしたら皆さんどう思いますか。頭おかしいのかなと思うはずです。もちろんノスタルジックな意味での素晴らしさはあると思いますが、道具としての便利さはありません。それを一生懸命述べているのと変わらないわけです。

要するに、科学的には頭の固い時代遅れの差別主義者だということです。
定まっている社会的なルールや伝統が全てだと考えて、時代の変化に対応できない人たちはいます。このような思想は色々な所にあります。
皆さんの会社でも、「俺たちの時代は、営業は足で稼ぐものだった!お前達も足で稼げ!」なんて言う事を未だに言う上司もいるのではないでしょうか。

知能の低さが原因

このような偏った思考はなぜ生まれてしまうのかということも調べられています。
それは、知能が低いことが原因だということが分かっています。
自分たちが過ごしてきた常識が変わっていくということは、人間の脳からするとかなり負担のあることです。
時代は刻々と変わっていくし、過去の栄光にすがることなくこれから先の未来を考えようと思えば、自分が落ちぶれていることや、自分はすでに第一線ではないとか、自分の考えていた常識はもはや通用しないということをちゃんと受け入れて、時代の変化や複雑さを理解しながら頭を使って生きていかないといけません
それができないと、柔軟な生き方は出来ないわけです。

知能の低い人たちはこれを理解することができません。
理解できないと、「自分が既に知っていることが一番正しい」ということを言い始めます。つまり、ただの頑固親父になってしまうわけです。
脳のエネルギーを消費しないようにするために、自分がすでに知っている思考に凝り固まってしまうだけです。これにより頭を使わずに生きていくことができるから楽なわけです。

アメリカの学会誌で同じような研究もあります。アメリカの場合は未だに差別主義の人たちがいます。もはや今の時代においては時代遅れな考え方なのに、なぜ差別主義の人達がいなくならないのかということを調べてくれたメタ分析です。
もともと心理学の世界では、いわゆる差別というものは知能の低さにより起きるものだということは言われていましたが、それを決定づける研究だと言えます。
例えば、10歳の子供の知性を測った上で20年後にその人たちを再テストするという実験を行ったところ、子供の頃に知性が低かった被験者ほど、大人になってから人種差別や性差別などの考えを持つ率が高かったと言うことが分かっています。

ですから、「選手は投げて投げて強くなるものだ」とか、「怪我を恐れてはいけない」というような発言は、知性が低くて物事を単純に捉えることしかできないことが原因だということです。

もし皆さんの周りに、差別主義な人や時代錯誤なことばかり言ったりする人、体罰が必要なものだという人たちがいたとしたら、知性が低くて可哀想な人だと生暖かく見守ってあげてください。

物事の複雑さを理解できない

国の間の問題や人と人の間の問題でも同様です。
「〇〇人はみんな・・・」というようなことを言う人がいますが、当然どんな国でもどんな人種でもいい人もいれば悪い人もいます。
たった一人の人間の中でも、良い面もあれば悪い面もあるわけです。人間ですからズルをしたくなる時もありますし間違いを犯すこともあります。
でも、一つの間違いでその人の全てが間違っていると考えるのは浅はかです。その1回のミスや過ちが、その人が成し得てきたり周りに与えてきた全てのことを否定すると考える人たちが、日本にも増えてきています。一度ミスしただけでその人の人格全てを否定する人たちが多くいます。

知能が低いと、人間が持つ複雑さや、社会が持つ複雑さを理解することに耐えられません
耐えられないから、ステレオタイプとして「〇〇人はみんな・・・」「一度でも悪いことをした人は絶対に許さない」「自分の考える常識は永遠に正しい」と、かたくなに考えてしまい、この方が楽なわけです。
この結果として、差別主義な人や時代錯誤なことを言い続ける人たちが生まれているわけです。

世の中の複雑さに目を背けて、現実逃避して逃げた結果があの人達です。あまり深く考えることが必要のない人生を歩んでしまうわけです。
このような人を目にした時には、なんでひどいことを言うんだと反論しても無駄です。かわいそうな頭の悪い無知な人だと思ってあげてください。
その方が皆さんが余計なストレスを抱えなくて済むと思います。

科学的には、体罰とか残業とかパワハラとか根性至上主義者はただ頭が悪いと言うことがご理解いただけたと思います。そんな奴に困ってるならこちらのおすすめ動画を
脅して操る【マニュピレーター上司】を撃退するには
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1557588303

今回のおすすめ本

created by Rinker
日本経済新聞出版社
¥1,980 (2020/02/26 21:01:31時点 Amazon調べ-詳細)

リサーチ協力:Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/

参照:https://www.savechildren.or.jp/jpnem/jpn/pdf/php_report201802.pdf
https://bmjopen.bmj.com/content/8/9/e021616?int_source=trendmd&int_medium=trendmd&int_campaign=trendmd
https://my.apa.org/apa/idm/login.seam?ERIGHTS_TARGET=https%3A%2F%2Fpsycnet.apa.org%2F%3F%26fa%3Dmain.doiLanding%26doi%3D10.1037%2Ffam0000191
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27055181
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0956797611421206


他の人はこちらも検索しています

-読む・操る
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2020 All Rights Reserved.