メンタル強化 学習法・記憶法

【後悔しない時間術】過去を引きずる人ほど、限られた時間を無駄にして、未来を失う

この知識はこんな方におすすめ

  • 時間を上手に使いたい
  • 行動力を上げたい

なぜ現代人は「忙しい」感覚が強いのか?

現代人が時間が足りなくなってきているのは、時間の感覚が歪んできているからです。
時間管理のための便利なアプリもたくさんあって、昔の人に比べて現代人の余暇の時間は増えて、働いている時間は減っているのに、なぜかいつも焦りの感覚を持っている人が増えています。
昔よりも現代人の忙しいという感覚は増えています。

未来の自分とのつながりの感覚が歪んでいて、それによって自分がそのタスクや作業にどれくらいの時間がかかるのかということを正確に予想できない時間予期の対策についてはこれらで解説してきました。

【時間術1】何もできてないのに忙しい…本当の原因とは

時間に対する焦りをなくすことは重要だけれど、変に焦りを無くしすぎるとダラダラしすぎてしまうので、本当に大事なことをちゃんと行いながら計画倒れを無くすための、時間に対する誤差の問題について解説します。

続きを見る

【時間術の嘘】あれもこれもしたいと思うほど、時間が溶ける恐怖

どんな時間術を使ったところで、僕たちは時間を上手に使えるようにはなりません。かといって、時間はどうせ上手に使えないから適当にすればいいということではありません。重要なのは、「時間感覚」のマネジメントです。

続きを見る

将来や未来の自分と今の自分のつながりの感覚である時間想起が歪んでいて、ずっと同じ間違いを続けてしまう人もいて 、この対策についてはこれらで解説してきました。

【時間術】時間の使い方が下手➡︎これだけで直ります

時間の使い方が下手な人がいると思います。このような人が、どのようにすれば時間の使い方が上手になるのかということを解説させてもらいます。

続きを見る

【時間術】仕事が間に合わなくて怒られる➡︎直したいなら○○を意識せよ

時間の使い方が上手な人は、一定の時間に没頭することができる人です。自分の全身全霊を使ってその時間にやるべきことができる人が、時間の使い方が上手な人です。自分の人生に与えられた時間を最大化するということは、その時間での生産性を最大化することです。今回は隙間時間も含めて、あらゆる時間を上手に使える方法について解説していきます。

続きを見る

時間想起が否定的すぎる人

今回は、時間想起の歪みの中でも、想起が否定的すぎる人の問題と対策について解説します。
時間想起がネガティブすぎると、どうせ時間通りには終わらないとか、頑張ってもうまくいかないと考えるようになってしまいます。

時間の使い方でも日常の中でもネガティブなことばかりに目が向いてしまう人がいます。
誰でも良いこともあれば悪いこともあるのに、ネガティブなことばかりに目が向いてしまう人です。
時間の感覚についてこれが起きると、時間の見積もりが否定的になりすぎて、わざと締め切りに間に合わないような行動をとってしまいます。
このような人には3つの特徴があります。

特徴その1 :自己効力の低下

頑張れば自分が問題や困難を乗り越えることができる感覚が低下します。

過去にこれまで自分が目標を決めて頑張ったけれど、期日までに間に合わなかった記憶ばかりが強く残っています

例えば、同じ本でも人によって1時間で読める人もいれば5時間も6時間もかかる人もいます。
これは、慣れたジャンルであれば早く読めるだけということもあるかもしれませんし、時間がかかったということはそれだけ学びがあったということかもしれません。

ですが、時間想起が否定的すぎる人は、「自分は他の人よりも本を読むスピードも遅くてダメなやつだ」と自分を責めてしまいます。

本を読むスピードも状況や人によってまったく違います。
それなのに、自分はダメなやつだと勝手に思い込んで自己効力が低下していきます。

この自己効力が低下すると、ほんの少しでも難易度が高いと感じただけで手をつけることができなくなります

過去に自分が時間がかかりすぎた経験は、全て自分がダメなやつだということを見せつけられた経験だと思い込んでいます。
だから、時間の使い方をあまりにも効率化しようとするのは危険です。

人は時間の効率化を目指すと、難易度が高いことや困難を避けるようになってしまいます
ですから、多くの人が毎日忙しく過ごし一生懸命仕事を頑張っているのに、いつまで経っても給料も上がらないし、自分が前に進んでいる感覚を得ることもできなくなります。

重要なのは早いかどうかではなく、時間をかけてでも大切なものを得ることができたかどうかです。
大事なことにはコスパさえ合うのならいくら時間をかけても問題ありません。

特徴その2 :セルフハンディキャッピング

自分の能力が低いということを認めることができる人はそんなにいません。
ですが、今の自分の能力と自分の理想を正確に認めることができた人でなければ、その差を埋めることはできません

成長というものは、一歩ずつ階段を登るように手に入れるものではなく「苦しみ」です。
その「苦しみ」は、理想と現実の差を埋める苦しみです。
その差を埋めたら、また次の理想と現実の差を埋めていきます。
これを繰り返すことで人は成長して高みに到達することができます。

ところが、ほとんどの人は理想と現実の差で挫折します。
時間の使い方でも同じです。
人は自分の時間の使い方が正しかったと思い込みたい生き物です。
「自分の思った通りだった」と考えた時は、大抵の場合何かしら錯覚していると考えてください。

例えば、理想の自分まであと一歩まで近づいているのに、その現実の自分をあえて落とすのがセルフハンディキャッピングです。
能力不足やもう一歩の努力をしなかった現実に目を向けたくないので、余計なことをして時間を浪費して言い訳を作ります。

わざと余計なことをして、過去の自分と同じように時間を上手に使えない方向に自分を持って行こうとします。

特徴その3 :セルフサボタージュ

やるべきことがわかっているのに、それに向き合った時に反する感情が湧き上がってくるのがセルフサボタージュという現象です。

例えば、読書でも筋トレでも、「頑張ろう」と思って始めたのに、「頑張っても意味はないのではないか」「それよりも他にやるべきことがあるのではないか」と目移りしてしまいます。

やるべきことがあるのに、感情がそれ以外の行動に自分を向かわせようとします。
やるべきことを先延ばしするための感情が生まれてくるのがセルフサボタージュです。

以上の3つの特徴に思い当たるところがあるならば、時間想起が否定的すぎる人に該当する可能性が高いです。

過去の自分の時間の使い方に否定的すぎる人も、その過去の使い方の中では成功例もあったはずです。

対策その1 :ネガティブ想起改善シート

認知行動療法でも使われるテクニックですが、自分の時間の使い方に否定的すぎるために行動できない状況を改善できる方法を紹介しておきます。
不安な感情を感じたり、やる気が出ない時にも使うことができます。

4つのステップで自分の時間に対する思考を矯正することができます。

ステップ1 :時間をうまく使えない面倒なタスクを書き出す

自分が時間を上手に使うことができていないと感じている面倒なタスクをひとつ書き出してみてください。

ステップ2 :内容の細分化

なかなか手を付けることができないとか、面倒で先延ばししていることが多いという人はこの内容の細分化だけでも効果があります。

自分で時間を上手に使うことができていないと感じる面倒なタスクを、30秒から120秒で終わるステップに分解していきます

例えば、動画の編集であれば、最初のステップは「パソコンを開いて電源を入れる」というタスクに分解することができます。

これはやるべきタスク全部を分解する必要ありません。
最初の4つから5つのステップだけで結構です。
自分がやるべき仕事の最初の5つのステップだけでいいので、それぞれ30秒から120秒で終わるステップに分解します

スポンサーリンク

ちなみに、僕が読書を始める時の最初の5つのステップは次の通りです。

①ステッパーに乗る

②こぎ始める

③本の目次を読む

④章の最後のパラグラフを読む

⑤マインドマップを開いて読む

これによって人間はやるべきことに手をつけることができるようになります。

時間の使い方がネガティブすぎる人は、いきなりゴールを目指しています
読書であれば本を読み終わったところを想像し、動画の編集であれば編集が完了して納品したところを想像しています。

いきなりゴールを目指している人はモチベーションが続きません。
モチベーションが続く人はスタートを想像できる人です。
スタートを想像できる人ほど、やるべきことにすぐに手を付けることができます。

スポンサーリンク

ステップ3 :予想される困難度と満足度を100点で採点

最初の5つのステップを行いタスクを始めた時に、自分がそれを終わらせるまでにどれくらいの困難を感じて、それが終わった後に、どれくらいの満足度を感じるのかということを100点満点で採点します
それを予測としてメモしておいてください。

この ステップ2 と ステップ3 の順序は入れ替えても構いません。
人によって違うと思いますので、試しながら自分に合う方を採用してください。

そして、実際にタスクが終わった時に感じる困難度と満足度を同じく100点満点で採点します

以上の4つのステップだけです。

多くの人が時間を上手に使うことができていないと考えていますが、誰にでも時間を上手に使えるタスクもあれば使えないタスクもあります。
ですから、これによって自分がどんなタスクに対して困難度をムダに難しく見積もり、満足度を低く見積もっているのかという傾向が理解できるようになります

それにより自分の時間に対するネガティブ思考を矯正することができます。

最低でも2週間ほど続けて頂けると、大抵のことは、予想よりも難易度が低く満足度が高いということに気づけると思います。
それにより間違いなく行動力が上がります。

自ら時間をムダにするような行為をしている人が多いです。
さらに時間を上手に使うことができるようになりたい方は、ぜひ今回のおすすめの動画からDラボでチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

\フルで見れるのは【Dラボ】だけ/

【後悔しない時間術】過去を引きずる人ほど、限られた時間を無駄にする【時間想起の罠#3】

【後悔しない時間術】過去を引きずる人ほど、限られた時間を無駄にする【時間想起の罠#3】
\本日のオススメ📚/

🍷おすすめ甘口ワイン

シャトー シガラス ラボー 2016 AOC ソーテルヌ 貴腐ワイン フランス ボルドー

『アダマス快進撃の始まりとなった2012年!希少なバックヴィンテージ!』

🍷アダマス テレス 2012年

『アダマス史上最高のヴィンテージの呼び名が高い希少な2015年!』

🍷アダマス キンタス 2015年

⭐️本日の参考⭐️

YOUR TIME ユア・タイム: 4063の科学データで導き出した、あなたの人生を変える最後の時間術

週40時間の自由をつくる 超時間術

実務教育出版
¥1,212 (2022/12/01 06:50:55時点 Amazon調べ-詳細)

※Unlimited、Audible無料体験【オーディオブック無料】
自分を操る超集中力

【オーディオブック無料】
ムダに悩まない理想の自分になれる 超客観力

repicbook
¥1,540 (2022/12/01 03:12:51時点 Amazon調べ-詳細)

DaiGoの本がどれでも1冊無料で聴ける 詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-メンタル強化, 学習法・記憶法