お金・ビジネス

次に来る【儲かるビジネス】の見つけ方

2019年8月19日

次に来る儲かるビジネスの見つけ方

DaiGo MeNTaLiST

次に来るビジネスの見極め方

次に来る儲かるビジネスの見つけ方を紹介させてもらいます。
例えば、皆さんが新興企業に投資する際に投資先を見極める時、自分で小さくてもいいから起業して大企業にも負けない自分なりの商品やサービスを作りたいという時、このような時に使うことができるこれから来るビジネスの見抜き方です。

起業したり人の上に立つ人たちには是非読んで欲しい『マネジャーの最も大切な仕事』を出されているハーバード大学のテレサ・アマビールさんによると、企業が成長につながる成果を上げるためには今までしていたことを同じようにしていては駄目で、新しいことに挑戦する必要があります。個人が企業に勝るような収益を上げたり、企業の中にいては絶対に達成できないような成果を上げることができるようになるためには、オリジナリティが必要です。
他の企業がやらないようなオリジナルな商品やサービス、コンセプトを作ることができるかということがとても重要になります。
このような話をすると、独創的すぎる商品を作る人が結構出てきますが、独創的すぎて売れない商品を作っても意味がないわけです。
では、どうすればこれから来る売れる商品やサービスを作ることができるのでしょうか。テレサ・アマビールさんによると、オリジナリティを発揮して成功するためには、売る商品やサービスというものは真新しいものでないといけないけれど、同時に必要なのは「実用性」です。
つまり、これから来るビジネスは、実用的で真新しいもので成功する可能性が高いということです。

独創的で実用性を兼ね備えている商品

確かに、UberやAirbnbも登場してきたときは、そんなのうまくいくのだろうかと思いましたし斬新で独創的ではありました。ところが実際に使ってみると、とても実用的で便利でした。このように初めて目にした時には斬新で真新しさを感じるけれど、実際に使ってみるととても実用的で何かの手間を省く商品やサービスが世の中を変えていくし人々の心に刺さるわけです。
このような商品やサービスを探して挑戦している企業に投資をしたり、このような商品やサービスを生み出すことを考えることが成功につながります。

大企業に勝つためには

ポイントがもう一つあり、そんな商品やサービスは大企業がどうせ作るものだと考える人もいるかもしれませんが、実際にはそうではありません。
実は、交通業界や航空業界など様々な業界を調査したところ、過去に何かで成功している企業や経営者ほど、新しい業界やジャンルに参入しようとして挑戦すると、ほとんど失敗します
これは自信過剰になっているからです。本来はそのジャンルや業界では新参者であるにも関わらず、他の分野で成功していると自分の判断は正しいと思い込みが強くなり失敗してしまいます。
ここに僕たちのチャンスがあります。
僕たちが新しい挑戦をしようとした時には、基本的には素人です。自分は新参者であり知識がないと分かっているからこそ一生懸命アンテナを張り巡らせチャンスを探します。
個人が大企業に勝つためには知識や今すでにみんなが持っているものではなく、新しいものを見つけなければいけません。だからそこにチャンスがあるわけです。
今までにあまり他の人が参入したことがない業界で、その専門知識はなくてもある程度できるような真新しいもので、かつ、実用的なものを見つけて挑戦するのが、新参者に最も利があるビジネステクニックだと言えます。
是非参考にしてみてください。

内向的な人が起業して成功するためのテクニックをまとめたおすすめ動画
内向的な人ほど【成功する起業法】
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1563740884

リサーチ協力:Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

参照:Originals: How Non-conformists Change the World

タグ

-お金・ビジネス
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.