健康・ダイエット

【いつ終わるコロナ】4ヶ月でワクチン完成も…3年続いた香港風邪を元に考察

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • いったいいつまで続くのか?
  • 第二波はくるのか?

3年も続いた香港風邪

今回は、コロナに関しての研究ではありませんが、興味深い考察がウォールストリートジャーナルに出ていたのでこれをもとに紹介させてもらいます。

コロナの第二波が来るのではないかとか来ないのではないかとかいろいろと言われていますが、これに関して多くの人が忘れがちな最近起きたパンデミックがあります。
SARS やMARS はこのような話でよく引き合いに出されますが、現在問題になっている新型コロナウイルスと非常に近い拡散の仕方をした香港風邪というインフルエンザのパンデミックが昔ありました。

これは1960年のことですが、実はこの香港風邪は3年ぐらい長引きました。
広がり方としてはコロナと同じような感じで広がりましたが、致死率は結構低かったので、それほど対策をしなかった結果として広がったのではないかということも言われています。
とはいえ、広がり方の部分に関しては似ていると専門家が言われているようなので、今回はこの香港風邪について紹介させてもらいます。

世界中で拡散し100万人以上が死亡

この香港風邪は1960年代終盤に世界を襲ったパンデミックのひとつで発生源は中国です。世界で100万人以上が死亡してアメリカだけでも10万人が死亡したといわれています。

SARS やMARS に関しては日本ではそれほど騒がれなかったこともありピンとこなかった人もいると思いますが、香港風邪は今回の新型コロナと同じように全世界に広がり、ニューヨークでは非常事態宣言が出されたり、ベルリンでは死体が多すぎて地下鉄のトンネルが死体安置所になっていたということが実際に起きた恐ろしいパンデミックでした。

ロンドンの病院では完全に医療崩壊が起きて機能不全に陥り、フランスの特定の地域では労働者の半数がこのウイルスに感染していたとも言われているぐらいのパンデミックが起きていました。

この香港風邪の特徴としては、急性肺炎になる人が結構多かったそうで、急性肺炎になった患者に対しては、現在のものよりは性能は劣るのだと思いますが人工呼吸器が用いられましたが、ほとんどの場合が効果がなく死に至ってしまったそうです。

香港風邪では第二波の方が被害が大きかった

最近では、専門家でも一般の方でも、今回の新型コロナのパンデミックを1918年に起きた同じくインフルエンザのスペイン風邪と比べる人が結構多いですが、今回参考にしている中での専門家が言うには、香港風邪の方が広がり方も似ているのでこちらを参考にした方が良いのではないかということを言われています。

香港風邪は H3N2型というタイプのインフルエンザで、今の新型コロナと近いような広がり方をしています。
特筆するべきは、この香港風邪は第一波よりも第二波の方が、はるかに甚大な被害を世界にもたらしているということです。

広がり方が新型コロナとについて、H3N2型のインフルエンザウイルスの方が致死率は低いので、新型コロナに関して第二波の方が危険なのではないかということをいろいろな研究者も警鐘を鳴らしているわけです。

先日紹介したように過去250年のインフルエンザウィルスに関するパンデミックの歴史を見てみても、インフルエンザのパンデミック自体、春に始まったものもあれば夏に始まったものもあるし冬に始まったものもあり、季節はあまり関係なく始まっているものですから、よく湿度が上がってきたら気温が高くなってきたらコロナは落ち着くのではないかということを言う人もいますが、実際には関係がなく、多少は落ち着くのかもしれませんが、爆発的な感染がなくなるレベルまで落ち着くわけではありません。

しかも、どの季節に始まったインフルエンザのパンデミックを見てみても、最初に人間への感染が確認された6ヶ月後に第二波が起きています。
ですから、日本の場合には2月頃から騒がれていますので、そこから考えると8月から9月ぐらいに第二波が来るのではないかと予想されているわけです。

ワクチンが完成していたのになぜ?

香港風邪について、なぜ3年も続いたのかということが気になる人もいると思います。
1960年代終盤のことなので、そんなにも長い間ワクチンを作ることもできなかったのかと考えるかもしれません。

それを考えると、今の時代でははるかにワクチンを作るスピードも早くなっているはずなので、そんなに心配する必要はないのではないかと考える人もいると思いますが、実は、この香港風邪のワクチンは完成していましたが行き渡らなかったそうです。

第二波までにワクチンを行き渡らせることが重要

例えば、この1960年代の香港風邪より以前に、1918年にスペイン風邪が起きて、1957年にはアジア風邪という同じくインフルエンザのパンデミックが起きていたので、その経験も踏まえてかなり早い段階からワクチンが開発されていました。

だいたい4ヶ月ぐらいで開発されたということですから、かなり早いスピードで開発されましたが、ほとんどの国が、第二波を迎えるまでにワクチンを生き渡せることができませんでした

このようなパンデミックにおいては、一般的に第一波よりも第二波の方が大きくなる可能性が高いので、その第二波を食い止めるために、第二波が起きるよりも前にワクチンが行き渡るかどうかということが結構重要になってくるそうです。

そういう意味では、パンデミックの歴史から考えた場合には、第二波は半年後に来るというのであれば、日本では8月から9月ぐらいまでの間にワクチンは行き渡せることができるのかということが、結構重要なポイントになってくるのではないかということが推測できることです。

新型コロナウイルスの場合であっても、ワクチンが開発されたとしても、それが第二波が起きる前に行き渡ることができなければ、結構大きな被害になってしまうのではないかということが言われているわけです。

とはいえ、あまり不安ばかりを煽ってもいけないので、ワクチンの開発に関しては、現在世界で100社以上の企業が研究してくれているということですから、きっとどこかが開発してくれるのだろうと思います。
ただ、問題なのはそれが必要なタイミングまでに行き渡るかどうかということです。

香港風邪の第二波の被害とは?

この香港風邪の被害は結構甚大なもので、第二波が来た時にどんなことが起きたのかということも記録に残っています。

例えば、イギリスでは郵便や鉄道などがほとんど停止してしまい、フランスでは製造業が停止して、ドイツでは葬儀屋さんが足りなくなってしまったそうです。
葬儀屋さんの人手が足りなくなったために、なんとゴミ清掃員が遺体を埋葬しなくてはならないぐらいのレベルだったそうです。

この香港風邪は、新型コロナウイルスよりも致死率は低いと言われていますので、そう考えるとかなり恐ろしい話です。

香港風邪では、およそ2年間の間にフランスとイギリスでは3万人以上、ドイツでは6万人が死亡したということです。

この香港風邪に関して専門家が警鐘を鳴らしている理由としては、新型コロナウイルスよりは致死率は低いけれど広がり方が似ているので、恐らくはコロナウイルスの方が大きな被害をもたらすのではないかということを言われています。

制限や自粛が功を奏すかもしれませんが・・・

ただ、当時は経済活動を優先して一切の制限をしなかったそうです。
当時は、致死率もあまり高くはないし経済を止めるわけにはいかないので、ロックダウンもしませんでしたし一切の制限をしませんでした。

そうしたところ、感染が拡大が起きてから4ヶ月後にワクチンが完成したわけですが、ワクチンが開発されるまでにウイルスはそのまま拡散し続けたという背景もあります。

その点を考えると、今回の新型コロナの場合には、世界中でさまざまな制限をしたり対策をしていますので、これが上手くいけばそんなには大きな被害にはならないかもしれませんが、致死率としては香港風邪よりは高いとされていますので、油断するわけにもいかないというようなことを言われています。

ミネソタ大学の研究者も香港風邪による死者は新型コロナウイルスによるものよりもはるかに少ないので、新型コロナの方が広がってしまうと死者が増えてしまう可能性もあるということを言われています。

今回の新型コロナにおいては、スウェーデンの保健当局はロックダウンは非生産的なので、ワクチンがないのであれば意味がないと考えたそうです。
ロックダウンをしてもワクチンが開発されていなければ、そのロックダウンを解除すればすぐにまた感染が広がってしまうので制限しても意味はないと考えて、当初は制限をあまりしませんでした。

その結果ウイルスは拡散してしまい、スウェーデンは人口に対する新型コロナの死者の比率がかなり高くなっているそうですので、やはり、ある程度の制限や自粛というものも必要になってくるのだろうとは思います。

ですが、緊急事態宣言が解除されたからといって安全だというわけではありません
当然、人がたくさん動けば第二波は起きますので、少なくともワクチンができてそれが世界中に行き渡るまでは、毎日の手洗いや消毒、マスクをつけるなど徹底してもらい、人が集まる場所には出来る限り行かないということや、会社もできるだけテレワークにして無駄な接触を減らすということは大切だと思います。
無駄の接触を減らしたところで経済的な打撃があるわけではないと思いますので、そういったことを進めていかなければいけないということが考えさせられる内容でした。

ワクチンが完成するまでに自分たちにできることを

今回恐ろしい話を紹介させてもらいましたが、ワクチンが完成するまではできることがないのかと言うとそういうことではありません。
ワクチンが完成するまでに僕たちにできることは当然あります。

それはもちろん手洗いを徹底するとか三密を避けるとか一般的に言われていることだけではなく、自分の免疫力を高めておくということも重要なポイントになってきます。

今回は、皆さんの免疫力を高めておくために役に立つ動画を今回のおすすめの動画として3つ紹介しておきます。
免疫力を高めるためには食事と睡眠と運動がやはり大切です。

食事から免疫力を高める

科学が見つけた最強のスキンケア【13の美肌食品】

これは体内の炎症を抑えてくれる食品について解説した内容になっています。
体内の炎症を抑えるということは、老化も防いでくれて肌も綺麗になりますし、免疫力も高まります
そんな食品について科学的に解説した動画です。
ぜひこちらをチェックしてもらい自分の食生活を見直してもらえたらと思います。

睡眠から免疫力を高める

【最高の起床法】スッキリ起きれるメンタルの作り方

皆さんも睡眠の質を高めることは重要だと理解していると思います。
免疫力を高めるためにも睡眠が大事だとも言われるわけですが、実は、睡眠というものはメンタルの影響をかなり受けるものでもあります。
実際にはちゃんと寝れているのに、自分はちゃんと眠れていないと思い込んでしまうと、本当に睡眠不足の人のような症状が現れるということも分かっています。

ですから、睡眠はメンタルの面から整えることも重要だということが分かっています。
そんな睡眠に対してメンタルの面からアプローチするための方法を解説した内容になっています。
特にちゃんと睡眠時間は取れているはずなのに、なんとなく眠れていない気がするという人はチェックしてみてください。

運動から免疫力を高める

1日4分からのモテる体系の作り方

こちらはHIITという運動について解説した内容になっています。
1日にたった4分運動するだけでも引き締まった体を手に入れて疲れにくくなり、免疫力も上がるだけでなくアンチエイジングにもなるという運動があります。
そんな運動の方法について解説した動画になっていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

免疫力を高めるためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、皆さんの免疫力を高めるために体調を整えることに役に立つ本を紹介しておきます。

1冊目は、『最高の体調 ACTIVE HEALTH』です。
進化医学の観点から最高の体調を整える方法を解説してくれていて、100種類以上の科学的な裏付けのある体調を整えるための方法が学べます。

そして、2冊目は、『一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書』ですが、こちらは体型別に食生活や運動をどのようにすれば、理想的な体型や健康的な体を手に入れることができるのかということを解説してくれています。
無理なく体調を整えるための運動や食生活を教えてくれる本ですので、ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

さらに、おすすめの本として僕の無料のオーディオブックのリンクも入れておきます。
通常は3000円ぐらいするものですが、これを無料で聴けるというAmazon のキャンペーンを行っています。
1人1冊だけですが、ダウンロードすればずっと聴くこともできるそうですので、まだの方はぜひチェックしてみてください。

免疫力を高めるためのおすすめ動画
今回のおすすめ本
¥1,430 (2020/10/21 08:22:19時点 Amazon調べ-詳細)

DaiGoのオーディオブックがAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
▶︎後悔しない超選択術
▶︎知識を操る超読書術
▶︎自分を操る超集中力
▶︎人を操る禁断の文章術
など、他多数の著書が、Audible30日間無料体験にて1冊無料

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://www.wsj.com/articles/forgotten-pandemic-offers-contrast-to-todays-coronavirus-lockdowns-11587720625

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-健康・ダイエット

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog