習慣

スマホ依存症の【8つのヤバイ症状】

スマホ依存症の【8つのヤバイ症状】

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • スマホ依存かな?
  • 家族や大切な人がスマホ依存な気が…

スマホ依存の症状とは?

スマホ依存症になるとどうなってしまうのでしょうか。
スマホ依存症になった人たちは主にどのような症状が現れて、どのように人生がやばくなるのかという話をさせてもらいたいと思います。
これは別にスマホ自体が悪いというわけではありませんし、当然ですが、使い方次第ではとても便利なものです。僕もスマホのおかげで世界中どこでも動画の配信も出来るようになりましたし、スマホ自体が悪いわけではありませんが、例えば、どのような症状が出てきたら対策が必要なのかというようなことを理解していただけたらと思います。

最近ではかなりスマホ依存症が増えています。
FOMO:Fear of Missing Outという依存症も問題になっていますが、SNS を定期的にチェックできないと不安になってしまったり、スマホが手元にないと自分の心がすり減っていくような感覚に苛まれてしまう症状がいわゆるスマホ依存症です。
スマホが自分の体の一部のようになってしまっていて、どうしても手放すことができなくなってしまうというのが依存症のポイントになります。
科学的に具体的なこうなったら依存症ですというような指標があるわけではありませんが、スマホ依存になっていくとどのような症状が現れてくるのかということは今回紹介しますので、これに当てはまるという方は、対策してみるのもいいと思います。その対策の方法も紹介したいと思います。

1. 不安や焦りの禁断症状

まずは、現代人のスマホ依存がかなりやばいというデータが色々と出てきていて、例えば、ありがちなのは禁断症状です。
スマホ依存で有名な研究があり、2010年にメリーランド大学が行った実験で、200人の生徒を対象に24時間のいわゆるデジタル断食を行ってもらい、どのような症状が出るのかということをチェックしたところ、大半の人が不安や焦りなどの禁断症状が現れたということです。
スマホでもこのように依存症と同じような症状が現れてくるわけです。
1つ目はこの不安や焦りといった禁断症状ですが、このような不安や焦りというものだけであれば、スマホがそばにあれば問題ないような気もします。しかし、これがさらに発展すると他にはどのような症状が現れるのでしょうか。

2. 集中力の減少

スマホ依存になると、スマホが常に目の届くところにないと、あるいは、スマホの通知に必ず気づく状態にないと、不安になってしまうという人がいると思います。
実は、スマホが近くにあるだけで集中力が途切れやすくなるという研究もあります。
勉強している時にもスマホが机の上にあったり、人と会話している時にもスマホが机の上にあったりすると、それだけで集中力がなくなってしまいます。
実際にはスマホを触っていなかったとしても、スマホに対して集中力の一部が持って行かれてしまい、集中力が減少してしまうということが分かっています。

なぜこのようなことが起きるのかというと、人間というものは、他人とのコミュニケーションに注意を払うようにできています。当たり前ですが、人間というものは群れをなして生きるものですから、他人とのコミュニケーションは非常に重要なポイントであり、それに重きをおくことで僕たちの子孫は生き残ってきたわけです。
ですから、他人とのコミュニケーションのためのツールとして使われているスマホというものは、あまりいつも近くに置いていると、常に、 LINE がなるのではないかとか、メールが届くのではないか、そのようなことを考えてしまい、どうしても集中力がそちらに持っていかれてしまい、通知が鳴っていなかったとしても、その問題は起きてしまいます。

通知が鳴るとさらにやばいことが起きますが、スマホがそばにあるだけでもそのようなやばいことが起きるということがいわれています。
この通知が鳴った場合には、僕たちの集中力というものは破壊されてしまい、その破壊された集中力が元のレベルに戻るまでには25分もかかるという研究もあります。

そういった意味で、スマホがそばにあったりスマホの通知が鳴ることでの集中力の減少というものは、かなり危険なポイントになってくるわけです。
日常において何かに集中する時間というものが短くなってくると、人間はストレスを感じやすくなったりもします。読書でもどんなものでも結構ですが、何かに集中している時間が長くなると、僕らには心の平穏が訪れて幸せを感じやすくなるということがいわれていますので、その人間の幸せの源泉でもある集中力や没頭というものを奪ってしまうのもスマホの依存症の怖いところです。

3. コミュ力の低下

これも研究により分かっていることですが、他人との会話の最中にスマホを取り出すだけでも、相手と自分の間の信頼感や親密性が損なわれるという研究があります。
他人と話をしている時に、スマホを触るわけでなくて取り出すだけでも、人間というものは、話をしている側も話を聞いている側も、スマホを取り出した側もスマホを取り出された側も、スマホに一旦注意が向いてしまうので、2人の集中力が会話から途切れてしまいます。
そうなると当然ですが、2人の関係性にも亀裂が入りやすくなってしまいます。

そして、スマホ依存症になってくると、他人の気持ちを読む能力が低下するという研究もあります。相手の考えていることなどが分からなくなってしまい、余計なことを言ってしまったり、無駄に喧嘩してしまうということにつながってしまい、人間関係に亀裂が入ってしまうこともあります。
夫婦関係や恋人関係なども、スマホ依存症によるコミュ力の低下によってネガティブな影響が起きてしまうのではないかということも言われています。

実は、相手が自分とどれぐらいの長い関係になるのかということをスマホを使って調べる方法があります。相手がスマホを触っている時に、「ちょっと話を聞いてほしい」とか「ちょっといい?」と声をかけて、スマホを触ったり今している作業を止めて、自分の話を聞いてくれるかどうかということをチェックすると、それは結構分かります。
これを10回ぐらい聞いた時に、10回の内、8回から10回ぐらいその手を止めて話を聞いてくれた場合には、お互いの関係がうまくいく可能性は高いです。
逆に、5回以下ぐらいのレベルになってくると、離婚したり破局する確率が上がるというデータもあります。
そういう意味では、相手がスマホ中毒になっているかどうかということをチェックすることにも使えますし、相手がスマホを触っている時にランダムに時間をあけて10回ぐらい声をかけて、それで何回その手を止めてくれたかということで、関係性を予測することもできるかもしれません。

4. 肥満が進む

テレビやスマホを見ながら食事をすると、人間は満腹を感じづらくなったり、自分の食欲をコントロールするのが難しくなってしまいます。それにより無駄に食べ過ぎてしまうという傾向が高まってしまいます。
スマホを触りながら食事をしてしまうと、食べ過ぎてしまう可能性もあるので気をつけてください。

5. 焦りを促進する

焦りを促進して、時間が無くなっているような感覚にとらわれるようになってしまいます。
スマホやスマホのゲームというものには、人間の脳の処理速度を早める効果があると言われています。脳の処理速度が速まるのであれば、いいことのような気もしますが、実際にはこれには副作用が多くあります。その副作用によって、僕たち現代人は、時間が足りない感覚にとらわれやすくなるということが分かっています。

ですから、スマホを使ってあらゆる手間を減らして、短時間スマホを使って終わりという形にするのであれば結構ですが、そうでなければ、スマホを触っている時間が長くなればなるほど、どんどん自分が時間が足りないような感覚になってしまいます。
この時間が足りない感覚はかなりやばいもので、時間が足りないと考えている人はパフォーマンスが低下してしまいます。時間が足りないと考えている人は、普段よりも仕事を進めるスピードが遅くなるということです。

そういう意味で、スマホを使いすぎるとどのようなことが起きるのかというと、時間が足りないという感覚にとらわれてしまい、その結果仕事が終わるスピードが本当に遅くなってしまいます。そうなると、本当に時間が足りなくなってしまいます

6. 自己コントロール能力が低下

2001年の実験で確認されていることですが、スマホ中毒の人は常にスマホのことを考えているので、目の前の作業をしたり本を読んでいたりする時も、常にスマホのことを頭の片隅で考えながら行動をしています。運動している時も仕事をしている時も、友達と話している時も、常にスマホのことが頭の片隅にある状態です。
そうなるとマルチタスクの状態になります。このマルチタスクというものは、自分をコントロールしたり感情をコントロールしたり、集中力を司る短期記憶(ワーキングメモリー)に対してダメージを与えてしまうということが分かっています。
その結果、自分をコントロールする能力が低下してしまい、刺激に弱くなってしまったり誘惑に弱くなってしまうということが起こります。

7. 不安症・恐怖症・うつ病が悪化する

スマホ中毒によって、不安やうつ病の症状、恐怖症が悪化してしまうという研究もあります。
2013年の研究では、318人を対象にスマホの利用度と心理的な状態をチェックするという事件が行われていて、これによると、スマホのゲームや SNS にはまっている参加者ほど、社会的な不安やうつ症状のレベルが高いという結果が確認されています。
2011年に行われた研究でも同じようなデータが確認されていて、スマホなどによるネットの利用時間が長い学生ほど、うつ病や不安の悪化、恐怖症の症状の悪化や攻撃性が高くなったりなど、ネガティブなメンタルの状態に落ち込む傾向が高かったということです。
これもかなり注意しておかないと、自分が凹みやすい人になってしまうかもしれません。

8. 疲れやストレスから回復しづらくなる

これはまだスマホ中毒とは言えないぐらいの軽い症状の人でも起きている人も多いと思います。
最近なかなか疲れが取れないなと思う人は少なくないのではないでしょうか。
実は、2011年の研究によると、家に帰ってからも仕事などの延長でスマホを使っている人は、仕事のストレスから回復されにくくなり、仕事のストレスや精神的な疲れというものが取れにくくなるということが示唆されています。
メールや SNS などの通知が常に届くせいで、仕事の関係の人とも常に繋がっていなければいけなくなります。
そうなると、プライベートな時間にもリラックスする感覚がなくなってしまいます

普通であれば、会社が終わった後にはリラックスしてプライベートを楽しむこともできるはずなのに、会社の上司や取引先の人から LINE やメールが届いてしまうと、誰でも気になってしまうと思います。そうなると、仕事とプライベートの区別がつかなくなってしまい、一日中ストレスホルモンが分泌されてしまうとか、一日中緊張感をたまたまないといけない状態になってしまうので、家に帰ってからもリラックスできなくなってしまいます。

今回は、スマホ依存症になると様々な症状が起きてしまうということを紹介させてもらいました。
皆さんはいかがだったでしょうか。

<まとめ>スマホ依存の恐ろしさ

1. 不安や焦りの禁断症状

2. 集中力の減少

3. コミュ力の低下

4. 肥満が進む

5. 焦りを促進する

6. 自己コントロール能力が低下

7. 不安症・恐怖症・うつ病が悪化する

8. 疲れやストレスから回復しづらくなる

この8つの症状がスマホ依存になった時の恐ろしさです。
これらの多くに当てはまっている人は、スマホ依存から脱却することが必要だと思います。そのためには、スマホの利用頻度を減らすために、時間を制限したりアプリを減らすなど色々な対策をすることをお勧めします。

悪い習慣を直すためのおすすめ動画
何年も直らない悪い癖を直す【8つの悪癖リバウンド対策法】
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1564243923

デジタルデトックスを考えるならまずはこちら!

漠然とした不安や焦りを感じているならこちら

今回のおすすめ本
repicbook
¥1,540 (2020/04/04 08:33:20時点 Amazon調べ-詳細)
誠信書房
¥3,520 (2020/04/03 20:23:47時点 Amazon調べ-詳細)
ダイヤモンド社
¥1,980 (2020/04/04 10:37:18時点 Amazon調べ-詳細)

リサーチ協力
Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料を元にした、DaiGoの独断と偏見を含む考察により、科学の面白さを伝えるエンターテイメントです。そのため、この動画はあくまでも一説であり、その真偽を確定するものではありません。 より正確な情報が必要な方は参考文献・関連研究をあたるか、信頼できる専門家に相談することをオススメします。 訂正や追加情報があれば、コメントなどに随時追記します。
参考:https://merrill.umd.edu/2010/04/merrill-study-college-students-unable-to-disconnect/
http://www.psycontent.com/content/51j42850r7x76012/?p=2296949e66be40d1bc4fffaae49166db&pi=0
https://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.1177/0265407512453827
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0747563214003227
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0195666315002822
https://www.eurekalert.org/pub_releases/2014-11/uor-pav111014.php
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21482762
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23372720
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23126438
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3214398/
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21728434


他の人はこちらも検索しています

-習慣
-, , , , , , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2020 All Rights Reserved.