集中力

集中力上がる部屋の条件とは?

集中力上がる部屋の条件とは?

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 部屋で集中して勉強したい
  • 仕事場での効率を上げたい

+ この知識を動画で見るならこちら

集中力のために最適な温度とは?

皆さんの集中力や仕事の能力を保つための温度の設定方法について紹介させてもらいます。
部屋の温度やエアコンの温度の設定で、暑すぎるかなとか寒すぎるかなと悩むこともありませんか?

ちなみに、僕は普段エアコンはつけていなくて床暖房だけにしています。そうすると、ぬこさまがこんな感じになって、とてもとろけて可愛らしくなります。

床暖房だけにしていても、部屋も温まってくるので温度が上がってきますが、皆さんも寒い冬には暖房をつけたりストーブをつけたりすると思います。
そこで考えたいのが、どのような温度設定が一番僕たちの集中力や頭の回転を速くしてくれるのかということです。そのコツとは何なのでしょうか。

2018年にハーバード公衆衛生大学院が44人の学生を集めて行なった実験が元になっています。
学生たちの半数は1990年代に建てられたエアコンが設置されている寮に住んでいて、残りの半数は築80年ぐらいのエアコンがない寮に住んでいました。
研究者たちは両方の学生たちに対して、定期的に頭の回転の速さを測るような認知テストを行なって、全員の頭の回転の速さを認知スコアという形で計算しました。
つまり、エアコンがあるかないかによって、どれぐらい認知レベルに影響が出るのかということを調べようとしたものです。

その結果わかったこととして、エアコンがない寮に住んでいる学生は、エアコンがついている寮に住んでいる学生よりも認知能力が13.4%も低下し、計算するスコアは13.3%も低下しました
つまり、エアコンがない寮に住んでいると13%も皆さんの脳の力が減ってしまう可能性があるということが示唆されたわけです。

かなり恐ろしい差が現れたものですし、この話だけを聞くと、やはり寒い部屋は良くないのだと思う人も多いと思います。
ですが、この現象は室温が上がった場合も下がった場合にも同じように現れました。

気温の変化に弱いので一定に

つまり、僕たちの頭の回転や認知能力というものは、気温の変動に弱いということです。ですから、気温ができるだけ一定の場所で集中するように整えておかないと、気温が上がったり下がったりすると、僕たちの認知能力は落ちてしまう可能性があるということが示唆された研究です。
気温の変化というものが脳の機能を低下させてしまうということです。

ですから、自分の中で一番快適だなと思える温度に決めたら、集中している間は、それを出来るだけ保つようにしてください。
それ以外のリラックスしているような時には変えても結構ですが、その方が皆さんの頭の回転が良くなるのではないかと思われます。

では、ベストな温度って何度なの?

そうなると、とにかく温度を一定に保っていればいいのは分かったけれど、温度は何度ぐらいにするのがベストなのかということを考える人もいると思います。
これも参考になる研究があるので紹介しておくと、2004年のコーネル大学の論文を参照してみると、僕らが勉強したり仕事したりする部屋の温度は25度ぐらいがいいのではないかとされています。25度ぐらいということは結構暖かさを感じるぐらいだと思います。
この実験では、室温を20度から25度に上げるということを行っていて、実験の参加者たちにパソコンを打つ時のタイピングエラーが40%も減少して、タイピングで打てる文章の量も150%も増加しました。
室温が20度から25度に変わるだけでこんなにも大きな差が現れたということです。

そういった意味では、僕たちが一番集中したいと思うのであれば、室温を25度ぐらいに一定に保つというのが、集中力を最大化することができるのではないかと思われます。その分、勉強や仕事の効率も上がるのではないでしょうか。

幸せを最も感じる温度は?

ちなみに、人間が一番幸せを感じることができる温度も分かっています。
参考までに軽く紹介しておくと、幸せを最も感じることができる温度は13.9度だと言われていますので、そういった意味ではリラックスしたりくつろぎたい時には、少し寒めの部屋がいいのかもしれません。
寒い冬に田舎の家にお邪魔してこたつに入らせてもらった時にほっこりしたり、冬の露天風呂に入った時にほっとする感じがあると思いますが、このようなイメージなのかもしれません。寒い中で少し服を着込んでくつろぐと心が和らぐという感覚もなんとなく分かる気がします。

リラックスしたい時には室温は低め

集中力を発揮したいときには25度ぐらいを目安に一定に

もちろん人それぞれ好みはあると思いますが、試してみてください。

僕はよくいつも薄着だと言われますが、体温を一定に保てるように代謝を上げるように鍛えようとしています。朝起きてから運動や筋トレを行ったり、お風呂に入って体が温まった後に冷水のシャワーを浴びたりしています。そうすると免疫力も上がりますしダイエット効果もあっていいことづくしです。
このように体に喝を入れるために温度変化を作るようにしていますが、集中するべき時には25度ぐらいに一定にするようにしています。
皆さんも是非試してみてください。

集中力を上げるためのおすすめ本としては、『鈴木 祐 の ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45』がおすすめです。これは人間の本能にアプローチする形で集中力を上げるための方法を解説しています。あとは、僕が最近出した本で、『知識を操る超読書術』があり、これは知識をインプットするためには読書の方法が結構重要で、どのようにすれば効率よく本を読むことができるのかということをまとめた内容になっています。
科学的に正しい本の読み方というものもありますので、読書をもっと楽しみたいとか、積読をなくして読むべき本をもっと効率よく読みたいという方は是非チェックしてみてください。

そして、集中力がどうしても途切れそうになってしまう時はあります。そんな時にどのようにして集中力を維持することができるのかということをまとめた動画があります。今回のおすすめ動画として紹介しておきますので、そちらも是非参考にしてみてください。

切れそうな集中力を維持する11の心理テク
動画▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1569210424
メンタルブログ▶︎https://ch.nicovideo.jp/mental/blomaga/ar1826046

痩せる部屋と太る部屋?

アソコで体温調整?!

今回のおすすめ本

created by Rinker
SBクリエイティブ
¥1,540 (2020/02/26 12:52:54時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
かんき出版
¥1,540 (2020/02/26 12:52:55時点 Amazon調べ-詳細)

リサーチ協力
Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料を元にした、DaiGoの独断と偏見を含む考察により、科学の面白さを伝えるエンターテイメントです。そのため、この動画はあくまでも一説であり、その真偽を確定するものではありません。 より正確な情報が必要な方は参考文献・関連研究をあたるか、信頼できる専門家に相談することをオススメします。 訂正や追加情報があれば、コメントなどに随時追記します。
参考:John D. Spengler et al.(2018) Reduced cognitive function during a heat wave among residents of non-air-conditioned buildings: An observational study of young adults in the summer of 2016
http://news.cornell.edu/stories/2004/10/warm-offices-linked-fewer-typing-errors-higher-productivity


他の人はこちらも検索しています

-集中力
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2020 All Rights Reserved.