メンタル強化

落ち込んだときに真っ先にすべきこと

落ち込んだときに真っ先にすべきこと

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 落ち込みやすい
  • つらい時や何もやる気がしない時がある
  • 負の感情も前に進む力にしたい

+ この知識を動画で見るならこちら

落ち込んだ時にまずすべきこととは?

落ち込んだ時に真っ先にするべきこととは何でしょうか。

僕は最近はそれほど落ち込むことはなくなりましたが、昔よくテレビに出ていた頃は結構頻繁に落ち込んでいました。やはり、不安やストレスというものは人間を落ち込みやすくしてしまいます。ストレスがかかればかかるほど人間はストレスに弱くなってしまいます。
何かに一生懸命頑張っている人が戦っている人、あるいは、仕事なので足を引っ張られている人は、どうしてもメンタルを病みやすくなる可能性もあるわけです。
ネット上で叩かれたことが原因で自殺してしまうというような悲しい出来事もあるように、人間は落ち込んだ時には本来の力を発揮することができないので、目の前の問題を乗り越えることが難しくなってしまいます。

では、皆さんがもし落ち込んだ時にはまずどうすればいいのでしょうか。
普通に考えると、すぐにでもその落ち込んだ状況を解消したいとか、落ち込んだメンタルを何とか直したいと思うはずです。
これ自体は問題ありませんが、落ち込んだ時に、その落ち込んだ気持ちは良くないものだからすぐになんとかしないといけないと思ってしまうと、落ち込むこと自体が怖くなってしまいます。
そんなデメリットもあるので、今回は落ち込んだ時にまず最初にするべきことを紹介します。
その落ち込んで自分を使って利益を得ることです。その利益を得てから、ゆっくりとその落ち込んでいる気分を直せばいいのではないかという少し変わった提案をさせてもらいます。

ネガティブな感情のメリット

以前も紹介しましたが、他人に対する怒りの感情などには勇気をアップする効果があったり、頭の回転を速くする効果があります。罪悪感には倫理感を増幅させる効果があるということも分かっています。
不安を感じやすいということにもメリットがあり、集中力や警戒心を高める効果があるということが分かっています。何かに向かって取り組んだり準備をしている時には、不安の感情というものは割と良い方向に働くことがあるということです。
さらに、悲しみの感情には人間の嘘を見抜く能力を高めてくれるという効果もあります。悲しんでいる人は騙されそうな気もしますが、意外と嘘を見抜く能力が高まっているということです。

ネガティブな感情のメリット

  • 怒り:勇気の増幅・頭の回転を速くする
  • 罪悪感:倫理感を増幅
  • 不安を感じやすい:集中力や警戒心を高める
  • 悲しみ:嘘を見抜く能力を高める

このようなネガティブな感情がどのように役に立つのかということを知らないと、今ひとつその効果を発揮することはできません

落ち込んだ時には・・・

人間が気分が沈んでいる時にやるべきこととは・・・
気分が落ち込んでいる時には注意力が高まります。特に細部に対しての注意力が高まり物事を細かく分析することができるようになります。
なんとなく分かるとは思いますが、落ち込んでいる時にはちょっと言われた細かいことが気になったりすることもあるかと思います。
これは分析能力が高まっているので細かいところに目が向いているわけです。
ですから、落ち込んだり沈んでいる時にはその対象に目を向けるのではなく、自分が解決したい問題や仕事に対するテーマなどに目を向けるようにすればいいわけです。
僕の場合であれば、落ち込んだりやる気がしないという時には、データや数字と向き合うようにしています。そうすることで、細かいことに対する分析力が高まっているので、良い結果につながることが多くなります。
それを実感できると変な話ですが落ち込むことさえも楽しくなってきます。

悲しい気分の時ほど他人の嘘に騙されにくくなったということも分かっていますので、例えば、彼氏の浮気がバレて彼女がとても悲しい気分になって彼氏に問い詰めている状況で考えると、そんな時の方が彼氏の嘘を見抜きやすくなっているわけです。
悲しんでいる自分のパートナーに対して嘘をつくのはやめておいた方が賢明です。これは当然人道的にも間違っているとも思いますし、嘘ついても見破られる可能性が高いということです。
他にも空間認知能力が高まるという傾向も確認されています。
ですから、嘘を見抜く能力、データを見る力、空間認知能力といった点で、人間は気分が落ち込んでいる時の方が人間の分析力は高まるということです。

落ち込んでいる時:分析力が高まる

ポジティブな気分の時は・・・

逆に、ポジティブな気分についてはどうなのでしょうか。
ポジティブな気分の時には、大局を見る力が増幅します。一歩引いたところから大きな視点で物事を見る力が高まります
ですから、将来のことや大きなビジョンを考えたりすることに向いています。
さらに、クリエイティビティが上昇し創造力を発揮して大きな物事を見ることができるようになります。

つまり、ひとつの点や細かいところ見るのは悲しい時、大局を見て遠い未来や創造力を求める時にはポジティブな気分の時にするのがいいということです。

感情のメリットを理解し使い分ける

そういう意味では、何か新しい企画や新しい発想が欲しい時にはポジティブな気分の時にしたほうがいいし、逆に、物事を作り上げたり分析するということはネガティブな気分の時にするのがいいということになります。

僕の場合であれば、自分のいい時にはニコニコの先の放送のテーマを考えることが多いですし、逆に、落ち込んだり気分が乗らないという時には、データを見て過去の分析をするようにしています。
この両方を上手に使うというのが大事だと思います。
長期的な視点で物事を見たい時にはポジティブな視点で考えて、短期的な問題に関しては少しネガティブに考えた方が、長期的には面白いことを考えることができるようになり、短期的にはネガティブに考えることによって分析力が高まり足元をすくわれることが少なくなります
どちらがいいとか悪いということではなく、上手に自分に合った使い方をするようにしてください。
ネガティブな感情もそのメリットを知ることで上手に使うことができるということを覚えておいてください。

ただし、間違えないでいただきたいのはずっとネガティブな感情のままいることはよくありません。ずっとネガティブな感情のままでいると、脳の記憶を司っている海馬が長期的なストレスにより萎縮してしまうということが分かっています。
常にポジティブだというのも常にネガティブだというのもいいものではなく、両方をバランスよく使っていくことが大切だということです。

落ち込んだ時には何かを分析し結果に繋がりそうなものを手に入れてから、それからゆっくりと自分のメンタルを元に戻すことを考えるのがいいのではないかと思います。
僕も落ち込んだ時にはまずは分析をして、そこからエクスプレッシブ・ライティングで自分がいま感じている感情をひたすら紙に書き出すということを10分ぐらいタイマーをかけて行うようにしています。
メンタルを落ち着かせるのは一旦分析をしてからでもいいのではないかということです。
是非参考にしてみてください。

過去への後悔や未来への不安をなくし前に進むためにこちらもぜひ参考に


嫌なことがあっても最速で立ち直るためにはこちらもぜひ参考に


嫉妬の感情を活かすためのおすすめ動画
負の感情、嫉妬を前に進む力に変えるには
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1528562262

今回のおすすめ本

リサーチ協力:Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、以下の参考文献を元にした、DaiGoの独断と偏見を含む考察により、科学の面白さを伝えるエンターテイメントです。そのため、これらは、あくまでも一説であり、その真偽を確定するものではありません。
より正確な情報が必要な方は参考文献・関連研究をあたるか、信頼できる専門家に相談することをおすすめします。
訂正や追加情報があれば、随時修正や追記をします。
参考文献:https://www.queensu.ca/psychology/moodlab/publications/harkness-jacobson-duong-sabbagh-2010.pdf
https://journals.scholarsportal.info/details?uri=/00221031/v44i0005/1362_obhagmsatdod.xml
http://www.epjournal.net/filestore/ep...


他の人はこちらも検索しています

-メンタル強化
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.