健康・ダイエット

衝撃!ジムに行くほど太る人の特徴

2019年2月13日

DaiGo MeNTaLiST

ジムに通っているのに太る人、ジムに通っているのに痩せない人は何が違うのかを調べた研究があります。

ジムに行くと逆に太るという研究もいくつかあります。これはイギリスの調査ですがイギリスではジムに通っている人の26%は運動しているにもかかわらずかえって太ってしまい、46%は現状維持で痩せないという結果が出ています。
ということは、このジムに通ってもかえって太ってしまうという特徴に当てはまっている人は合計72%もの人は変わらないか太ってしまうということになります。

ジムに行くほど太ってしまう4つのポイント

その理由には4つのポイントがあります。
この4つを避けることができればジムに行った時の効果は高まります。ジムに行ってすぐ効果が出る人もいればなかなか変わらない人もいます。それはもちろん遺伝子的な問題もありますが心理的な問題も結構多いということが昨今言われています。

ポイント1

ジムに通っている人の39%のユーザーは1回のエクササイズで300キロカロリーぐらいしか消費しません。運動だけでカロリーを消費するのはかなり難しく日常生活の運動量を高めた方がかえって痩せるのではないかと言われています。 ジムに行っても300キロカロリーから多くても500キロカロリー程度しか消費しませんが、僕達が日常生活で毎日消費しているカロリーは500〜1000キロカロリーぐらいになりますので、日常生活の中で歩いたり階段を上る頻度を増やしたり僕のように椅子を撤去してなるべく座らないようにするというようにしたほうがカロリー消費は高いです。

ではなぜジムに行くのかというと、 ジムに行って筋トレしたり運動して体を鍛えることによって代謝をあげます。同じ運動をしても消費するカロリーを増やして、そして日常生活のカロリー消費を増やすと痩せるということにつながります。ですから、ジムに通うだけでもダメですし日常生活の消費カロリーを増やすだけでもなかなか限界があるということになります。
つまり、ジムに行く理由としては、疲れにくい体を作って運動を継続することと、筋肉をつけて代謝を上げることで同じ運動でも消費量を上げることで、これに併せて日常生活の消費カロリーを増やすことが一番いい方法です。

ポイント2

ジムに行く人の陥りがちな罠があります。今日はジムに行ってかなり運動したからしっかり食べておかないと考えてしまいがちですが、大体の人の太る原因はジムに行ったことで満足してしまい結局その後に食べ過ぎてしまうからです。当たり前ですが、摂取カロリーやその質をしっかり考えないと運動したからいくら食べてもいいとはならないです。

ジムに行っても300キロカロリーぐらいしか消費しないわけですから、ジムに行ったからといってたくさん食べていいとはならないです。そうではなく、今日はジムに行ったからタンパク質を多めにとったほうがいいので油分を減らしてタンパク質を多めに摂るようにしようとか、ジムに行って体を動かす前に軽くバナナを食べて糖質を補給しておこうというのはありです。そうではなく、闇雲に運動したから食べてもいいと考えてしまうと人間は自分のした事を盛大に見積もりますから食べ過ぎてしまい摂取カロリーは増え太る結果になります。

ポイント3

ジムに行くことによってお酒を飲む量が増えている人が多いという研究もあります。
ポイント2に近いですが、多くの人がジムに行った後にご褒美としてお酒を飲みがちだったということです。
さらに良くないのが、お酒は基本的に筋トレの効果を下げます。お酒を飲むと筋トレの効果は20%程度でダウンすると言われていますので、毎日ガッツリ筋トレしているわけではなく週に2回程度しかしない人であれば筋トレした日はお酒を飲まない方がいいです。

ポイント4

運動した後は食欲がアップします。ですから食欲のマネジメントを行って食欲を適正値まで落としてから運動しないとかえって食欲が増えてしまい、消費カロリーよりも摂取カロリーが増えてしまいます。

ですから、自分の食欲をコントロールするメンタルテクニックを学んでおいて、食欲をリセットしてから運動するといいかと思います。
以前ランニングは痩せないという内容も紹介しましたが、長時間の有酸素運動をするとストレスホルモンであるコルチゾールが分泌され、これが食欲をアップさせるようになります。
ですから、筋トレも集中して短時間で行うとか、有酸素運動も激しめの有酸素運動を5分から10分程度で短時間で行うことで、分泌されるストレスホルモンを極限まで抑えて食欲を上昇させることができるだけ起きないように運動する工夫が必要です。

痩せないし老化する!ランニングの真実

科学的には当たり前のような話ですが・・・ランニングでは痩せません。しかも、痩せないだけでなく老化が進んでしまうという事がわかっています。長時間の有酸素運動は老化を促進します。有酸素運動で健康になろう!とよく聞きますが、方法によって結果が変わってくるという点が大事です。特に、マラソンやランニングといった長時間の有酸素運動は危険です。

続きを見る

まとめ

まとめると、ジムに行ってもそれほどカロリーを消費していないし、ジムに行ったことで満足してしまいその後食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまいがちで、運動することで食欲がアップしてしまいてか食べ過ぎてしまうということです。
ですから、食べる方のマネジメントを同時に行っていかないとせっかくジムに行っても効果が出なくなってしまいます。

食欲もコントロールしてダイエットの効果を高めるおすすめ動画まとめ
太らないメンタルを作る食心理学入門
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1458292195
腹筋割れる!くびれを作る!体脂肪操作の科学
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1531233785
先延ばしの本当の原因とは
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1522300134

参考
https://www.forzasupplements.co.uk/blogs/fitness-wellbeing/why-going-to-the-gym-could-make-you-fat


他の人はこちらも検索しています

-健康・ダイエット
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.