メンタル強化

10分見るだけで【性格変わる映画】とは

2019年7月19日

10分見るだけで性格変わる映画とは

DaiGo MeNTaLiST

10分で性格変わる映画

見るだけで性格が変わる映画があります。
僕たちの性格は10分もあれば変わってしまうということが、興味深い研究によりわかっています。 そんな一時的に性格を変える方法を紹介します。続ければ長期的に性格を変えることにもなるとも思います。

2014年にビーレフェルト大学が行なった研究で、98人の男女を集めてビッグファイブテスト(主要5因子性格検査)を行い、その後、全体を二つのグループに分けて実験を行いました。

フィラデルフィアという映画の悲しいシーンを10分だけ見せたグループ

ドイツのベルリンの壁の崩壊により離れ離れになっていた家族が再会するシーンを10分だけ見せたグループ

映画の悲しいシーンを見てもらったグループとドキュメンタリーの喜びを感じるシーンを見てもらったグループに分けて、それぞれ見てもらった後にもう一度ビッグファイブテストを行い性格分析を行いました。
つまり、 10分間の悲しい映像と喜びの映像を見た後に、人間の性格は変わるのかということを調べたものです。

その結果、なんと気分により性格が変わったということが分かっています。
悲しみを感じさせた後に性格テストを行った場合には、神経症的傾向というメンタルの弱さやストレスへの弱さなどを測る指標が大幅に上がり、外向性が低下し協調性もやや低くなりました。つまり、メンタルが繊細になり外向性と協調性が少し低下したということです。
幸せな映像を見た後に性格テストを行った場合には、外向性がやや高くなりましたが、それ以外には統計的に優位と言えるほどの差はありませんでした

悲しみの感情に触れると性格変わる

僕たちはたった10分間だけ悲しみの感情に触れると、一時的にパーソナリティが変わります。メンタルが繊細になり、かつ、外向性と協調性が低くなるということです。
人間の性格というものは結構簡単に変わるということを示してくれたのがこの研究です。

僕たちの性格は結構気分で変わるものです。特に悲しみの感情によって変わります。
悲しいことがあった時に落ち込んだり自分はダメなんだと考えてしまう人もいますが、それは一時的に悲しみの感情によって性格が変わっているだけかもしれないということです。
そのような時は、悲しい時でもとれる行動もありますし、一時的にメンタルが落ち込んでいたとしてもそれはちゃんと改善するものと考えてください。

感情により性格は変わるということを覚えておく

ちなみに、神経症的傾向が上がり外向性と協調性が下がったと言うとあまり良くないイメージがあると思いますが、創造的になりたいアーティストの方などは、わざと悲しい映画を見た方がクリエイティビティが上がります。
神経症的傾向というメンタルの繊細さは、クリエイティビティにつながるという研究もあります。新しいことを思いつきたいという人は、あえて悲しい映画を見てみるのもいいかもしれません。
あるいは、人間関係に少し疲れてしまったとか、一人で集中したいという方は、外向性と協調性が下がることにより集中力が高まることもありますので、一時的に自分の特性を変えるために使うというのもいいと思います。

性格を変えたい人におすすめの動画
メンタル弱い性格変える10の行動+回避型対策
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1549820523

Researched by Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

Reference:Querengässer, J., & Schindler, S. (2014). Sad but true? ‒ How induced emotional states differentially bias self-rated Big Five personality traits


他の人はこちらも検索しています

-メンタル強化
-, , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.