恋愛・結婚

酔うとヤバイ人を見分ける酒癖の心理学〜酒で攻撃的になるメンヘラ女・ダメ男の特徴

2019年4月25日

DaiGo MeNTaLiST

お酒を飲むと攻撃的になってしまう人、メンヘラ女子や DV 男など、お酒を飲むことによって他人に危害を加えてしまう人をどのようにして見分ければいいのでしょうか。

お酒を飲むと性格が変わるという人もいますが、そんなことはありません。ほとんどの場合、本人がもともと持っている性格の特徴的な部分が、前に出てくるだけということが分かっています。性格が分かりやすくなるだけです。

図体のデカイ酔っぱらいには近づかない

近づかない方がいい酔っ払いは、体の大きな酔っ払いです。
ケンタッキー大学が行った研究で、図体が大きい酔っ払いほど、お酒に酔うと攻撃的になりやすいということが分かっています。

500人以上の男女を対象にした実験で、全体を2つのグループに分類しました。

  • お酒をたくさん飲んでもらったグループ
  • お酒のように見せたプラシーボ飲料を飲んでもらったグループ

その後、簡単なゲームで遊んでもらいました。このゲームでは、ゲームに勝った人は負けた人に対して電気ショックを与えます。人に対して電気ショックを与えるというのは、なかなか気が引けるものです。お酒を飲んで人に対して攻撃的になる人は、これを遠慮なくするのではないかと考えたものです。
その結果、体重が重く体が大きい男性ほど、お酒に酔っている状態で、他人に対して喜んで電気ショックを与えるという傾向が確認されています。アルコールにより他者への攻撃性が増すということです。この傾向は女性には見られませんでした。
ガタイの大きい酔っ払いには近づかないようにしましょう。体重が重く体の大きい男性と付き合う女性は、気を付けた方がいいかもしれません。

身体化された認知

このような現象がなぜ起きるのかは、はっきりとはわかっていませんが、身体化された認知(embodied cognition)という考え方により説明できるのではないかとされています。
ガタイや体が大きくなったり、良い服を着たり高級車に乗ると、自分自身の存在まで大きくなったり貴重な存在になったと勘違いしてしまうという現象が、結構人間には起きるものです。これが、自分は重要で優れた人物だから他人を攻撃しても構わないと思ってしまい、攻撃性につながるのではないかということを研究者はコメントしています。

ヤバい男性に傷つけられないように

女性を卑下するような男性もいますが、そういう男性とはお付き合いしない方がいいのではないでしょうか。
お金を持ってることをやたらとアピールしたがる経営者もいたりしますが、その先には攻撃性が隠れているかもしれません。

偉いとか偉くないということではなく、自分が好きな人と自分たちが好きなことをして楽しく生きられることが、一番重要だと思います。
誰かに不利なことを強制されたり、嫌なことをするように言われた時に、それに抵抗する力は持っておくべきだと思いますが、他人をコントロールする必要なんてないはずです。

限定品が好きな人は浮気しやすいという話はこちら↓

ヤバい人につかまって傷つかないためのおすすめ動画
やばい恋人の見分け方〜これ以上恋愛で傷つかないための心理学
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1524476615

参考文献
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022103110000351?via%3Dihub


他の人はこちらも検索しています

-恋愛・結婚
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.