集中力

○○を捨てるだけで、 部屋がキレイになる方法とは?

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

簡単に生活を変えるif thenルール(Aすれば、Bになる)

あなたは掃除が得意ですか? 僕は掃除は正直あまり得意ではありません。その時間が会ったら本を読みたいと思うからです。笑

しかし、そんな私でも部屋をキレイ保てる方法があります。

さらに驚くべきことに、この方法を実践できれば、ほぼ掃除をする必要がなくなります。

その方法とは・・・収納を捨てることです

「自然は真空を嫌う」ことを理解する

「自然は真空を嫌う」という法則があります。

自然界に真空状態ができたとしても、すぐにそこは空気で満たされてしまうように、ヒトも空間があれば、そこを物で埋めたくなる性質があります

例えば、あなたのクローゼットの服を半分に減らせば、いつの間にか服は買い足されて、クローゼットはいっぱいになります。

同じように、引っ越した先に、大きなウォークインクローゼットがあれば、そのウォークインクローゼットがいっぱいになるまで、靴やバックが買い足されます。笑

そうです。物が増えてしまう原因は、物をしまえる空間=収納があることが原因なのです。

収納を捨てると、部屋がキレイになる

そこで、掃除を始める前に、まずは収納を減らしましょう。

戸棚にあるケースや、引き出しの付いている棚、なんとなく丈夫そうで取っておいた桐箱やブランド物の箱など。

モノをしまうことができる物を処分します。できるだけ収納を減らしてください。

しまう場所が半分になれば、物が減りますから整理整頓や掃除をする必要もなくなり、部屋は自動的にきれいに保たれるわけです。

ルンバなどど組み合わせれば本当に何もしなくてよくなります。

収納上手になれば、収納が機能的になれば部屋が片付くかといえばそうではなくて、管理する物自体を減らしてしまえばいいわけですね。

著書でも紹介したことがありますが、ヒトは選択するたびに、意志力を消費してしまい、ここぞという時に大きな決断をしたり、集中力を発揮できなくなります

日常生活をデザインすることは、選ぶ回数・判断を下す回数を減らすこと
これがもっとも重要です。

そんな日常生活をデザインして自由にできる時間を最大化したい方はこちらもぜひ↓

フェラーリ買うよりルンバ買う方が幸せになる

タグ

-集中力

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.