ダイエット・最高の体調

腹筋割れるだけではない!美肌も、頭もよくなる!プチ断食の知られざる効果

投稿日:

プチ断食について以前紹介させていただきました。

腹筋を割りたいならプチ断食

1日3食は老化の元?

プチ断食には他にも科学的根拠もある魅力的な効果があるのでご紹介します。

まず、血液がサラサラになり血管が健康になる効果があります。
血管が詰まるような病気のリスクも減り、2014年に出たレビュー論文によると中性脂肪が低下したりLDLコレステロールが減少したり、血糖値も減少するということがわかっています。

更に睡眠の質が上がるということもわかっています。
プチ断食をすると途中で目が覚めたりすることが減ったり朝起きたときのすっきり感が増えたりします。
プチ断食により体内の炎症が抑えられます。一日中食べていると一日中消化するようになります。消化は食べ物を溶かしているわけですからカラダにもダメージがあります。だから、消化器官が休む時間をつくってあげることが大事なわけです。
だから体内の炎症がおさまって老化を抑えることも出来ます。

腸内環境が良くなるということもわかっています。
カロリーを抑えたことにより体内にモチリンやグレリンというホルモンが出てきます。これは消化器官を整えてくれるホルモンですからお腹の調子が良くなるわけです。

 

これ以降は仮説ですが、他にも効果があると言われています。

寿命が伸びると言われています。
プチ断食により体が飢餓状態になり適度なストレスを感じるようになります。それにより体が活性化して老化への耐性やアンチエイジングの効果があるのではということです。これは動物実験では寿命が30%も伸びるという結果が出ているそうです。
人間も同様に寿命が伸びる可能性はありますし、健康的になることは間違いないと思います。

他には、風邪をひきにくくなるという効果もいわれています。
2014年にプチ断食をしたマウスが免疫力がアップしたというデータがありますから、人間も風邪をひきにくくなるのではと思います。

がんの予防に効果があるかもということも言われています。
これも動物実験ですが、プチ断食で発癌リスクが減ったというデータもあります。IGF-1という発癌リスクを高めるといわれているホルモンがあり、これはがん検診で測られる数値ですが、この数値がプチ断食をすると低下するということがわかっているので、一定以上の効果はあるのではないかと考えられます。

頭も良くなるのではとも言われています。
これも動物実験レベルではありますが、脳の神経の炎症が和らぐ効果は確認されているので頭が良くなるのではと言われています。マウスの実験ではプチ断食をしたマウスは記憶能力や学習能力が高まったという効果が出ています。

いずれにしても、炎症はいいことはなにもないのでプチ断食をして絶対に損はないです。

メンタルへの効果もあります。
2013年の実験で、32名の男性が12週間プチ断食をしたところ、緊張感や怒りといったネガティブな感情が減って活力やポジティブな感情が増えたという研究もあります。
怒りっぽいなとか、最近ネガティブな感情が多く気になる人は、ダイエットも兼ねてプチ断食をやってみるとメンタルの改善にも効果があるのでおすすめです。

もちろんアンチエイジングにも効果があると言われています。
老化の最大の要因は慢性炎症です。体の炎症は老化につながるので炎症を抑えるプチ断食は効果が高いわけです。

更には女性に朗報です。

高い化粧品を使うよりもプチ断食をしたほうが肌が綺麗になる可能性があるということが言われています。2011年の動物実験でプチ断食をしたメスのマウスの肌艶が良くなったという結果が出ています。この実験では、プチ断食で肌のコラーゲン量が増えて保湿機能がアップしたそうです。
これも、適度な飢餓状態により体が状態を保とうと活性化して、その結果体内からコラーゲンをつくってくれたからではないかと考えられています。

ぜひ参考にしてみてください。
ダイエットもなかなか習慣化するのは難しいかもしれませんが、↓習慣の科学も参考に取り組んでみてください。

習慣の科学

2018/11/18

計画倒れの原因「どうにでもなれ効果」を防ぐには

特にダイエットであったり、一日の予定まで綿密に計画した時にありがちな、ひとつ計画どおりに進めることが出来なかった時にどうせひとつ失敗したしもう今日の後の予定もどうでもいいや!今日は休んじゃお!となってしまい、本来の目的とは真逆のことをしてしまう「どうにでもなれ効果(The What-The-Hell Effect)」があります。 どうにでもなれ効果(The What-The-Hell Effect) この「どうにでもなれ効果」は、綿密な計画を立てている人に起きがちです。 朝から想定外のことが起きて計画どお ...

ReadMore

習慣の科学

2018/9/20

自分への甘さを断ち切るための心理学

皆さんは、自分のことを自分に甘いと思いますか? 心理学者のピアーズ・スティール氏が過去40年間の様々な人の自分自信に関するアンケートや資料を参考に調査したところ、自分に甘かったり先延ばししたり、あるいは自分で決めたことが守ることが出来ないという人は全体人口の95%もいるということがわかっています。 自分のことを甘いと考えている、つまり自分は意志の力が弱いから意志の力に頼ってはいけないと考えている人ほど、結果的には目標を達成しやすいということもわかっています。 ですから、自分は甘くないと考えている5%程度の ...

ReadMore

習慣の科学

2018/9/18

時間が経つのが早くなった、と感じたら危険

時間が経つのが早くなったなとか、もう月曜日か〜とか、今年ももう9月か〜とか感じることがあると思いますが、それはなぜなのか? できれば時間はたくさんあった方がいいし、時間がないとか時間が足りないという感覚は悲しいので、どちらかと言えば時間に余裕がある方がいいと思います。 歳をとればとるほど時間が経つのが早いという感覚は強くなっていきます。確かに、学生の頃より大人になってからの方が時間が経つのを早く感じるというのはみなさんうなづけるのではないでしょうか。 この感覚は危険です。その対策を紹介します。 歳をとると ...

ReadMore

習慣の科学

2018/8/29

挫折終了のお知らせ!習慣化を成功させるには

実は、僕は心を読むよりも習慣化の方が得意です。 意志がとても弱い人間なので頭で考えてしまうとやらなくなってしまいます。ですから完全に習慣化して考えないようにするという戦略をとっています。 ですから、本も常に自動的に読んでジムも自動的に通っている感じです。人は頭で考えた瞬間に怠けたくなるものなんです。 確実に続く習慣を設定するには 様々な研究でも明らかになっているように意志の力には限界があります。瞑想などでトレーニングも出来ますが、その限られた力をどこにつぎ込むかが大事になります。意志の力の最適なつぎ込み先 ...

ReadMore

習慣の科学

2018/8/9

やる気を3倍アップするアメとムチの心理学

モチベーションを上げる心理学です。 よく、自分のモチベーションを上げるための方法としてアメとムチというと、なにか目標を達成したらご褒美をあげる人と、逆に達成できなかったら罰を与えるという人がいます。 実際にはどちらのほうが効果的なのか? 人によって、自分に対しても他人に対してもご褒美を与える人もいれば、バツやペナルティを与えたりすると思います。例えば、何かを我慢できたらご褒美、我慢できなかったらバツと、人それぞれかと思いますが、アメとムチのどちらがいいのか? また、自分は褒めて伸びるタイプという人がいます ...

ReadMore

タグ

-ダイエット・最高の体調
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.