ダイエット・最高の体調

午後の仕事がラクにはかどる昼休みのとりかた

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

お昼休みに何をすると仕事の効率は上がるのか?

簡単に言うと、基本的には昼寝がベストです。

時間がない場合

昼寝には様々な効果がありますが、例えば10分以下ぐらいしか時間がないときでも6分間だけでもうたた寝したり目をつむるだけでもおすすめです。
6分間の昼寝を勉強や仕事の間に挟むだけで記憶の保持量が上がったという研究があります。

人間は寝ている間に情報を整理し記憶を定着させます。大事な勉強や仕事をしたあとは6分間だけで良いので寝る時間をとると良いです。6分間目を閉じてウトウトするだけで結構です。
眠っていなくても、このぼんやりしている時間に人間はデフォルトモードネットワークというものが起動し記憶を定着させてくれるということがわかっています。時間のない方はこの6分間ぼんやりするということを是非試してみてください。

もう少し時間のある場合

やはり昼寝がおすすめですが、昼寝は眠らなくてもその効果があるということがわかっています。昼寝は脳を休めることが目的と考えてください。
眠らなくても15分間だけ目を閉じてぼんやりしているだけでも、記憶力が上がったり疲れにくくなるという研究があります。

ファーマン大学の実験で26名の学生たちにストーリーを記憶してもらい、快適な椅子に座り目をつむって15分間休んでもらった場合とパズルのような簡単なゲームで遊んでもらった場合を比較しました。そして記憶のテストを行うと目を閉じて休んでいたグループが圧勝しました。ストーリーを細部まで覚えていたそうです。

眠っている時も目を閉じている時も、脳は外から入ってくる情報がないので内部の情報の整理をしてくれるようになります。その結果、記憶が整理されて残りやすくなります。
記憶の整理能力、つまり短期記憶能力の高い人はストレスのも強くなります。情報を取捨選択できるようになるので、例えば午前中にいろいろな仕事に追われて多忙を極めていたとしてもお昼休みに昼寝をしている間に、それぞれの仕事の関わりや優先順位が見えてきて午後の仕事がスムーズにはかどったりします。

おすすめの昼寝方法

肉体的な疲れを取るためにも昼寝が良いといわれていますが、おすすめの昼寝の方法もあります。

コーヒーナップというテクニックです。
簡単のいうと、コーヒーを飲んだあとに昼寝するというだけですが結構効果があるということがわかっています。コーヒーナップの良いところは昼寝から覚めたあとにすぐ行動できるようになります。しかも生産性も上がります。昼寝をすると頭がぼんやりしてしまいかえって午後の生産性が落ちてしまうという方は是非試してみてください。

コーヒーを飲んでカフェインを体内に入れます。その後20分だけ昼寝してください。すると20分後目が覚めてからから集中力を発揮し活動できます。
疲れというのは脳が疲れていることによります。この脳の疲れをつくっている物質はアデノシンというもので、このアデノシンがたまると脳が疲労感を感じてカラダを休めようとはたらきます。疲れてぼんやりしたり眠くなるのもこのせいです。カフェインが体内に入り20分間の寝ている間にこのアデノシンが除去されます。だから昼寝の効果は高いわけです。
これと同時にカフェインを入れるとより効果的です。カフェインは約20分で脳に届くので、昼寝で疲労物質のアデノシンが除去されたところに興奮物質であるカフェインが届いて覚醒度があがるわけです。
更にアデノシンとカフェインは形が似ていて、僕たちが疲れを感じる時にアデノシンレセプターにアデノシンがはまると疲れを感じるようになりますが、そのアデノシンレセプターにカフェインがふたをするようになります。つまり脳が疲れにくくなります

人間の脳は午前中で結構疲弊するものです。
このコーヒーナップを使って午後の仕事を頑張っていただけると良いかと思います。

コツとしては、コーヒーはちびちび飲むより一気に飲んで良いと思います。カフェインのサプリでもいいぐらいです。
コーヒーを飲むと目がさめるという人もいますが、苦いだけで目が覚めるというものではないので飲んだらすぐ昼寝してください。カフェインが効きだしてから寝るようになると意味がなくなってしまいます。

昼寝は眠れなくても気にしないでください。ウトウトするぐらいでも効果は変わりません。
そのままダラダラ寝るのではなく、20分以内で起きるようにしてください。20分以上寝ると深い眠りに入ってしまいます。

時間が充分に取れる場合の昼寝は、60分未満ぐらいの昼寝がベストです。ですが、なかなかそこまで時間を取れる人はいないかと思いますので、勉強や仕事の合間に6分間の昼寝を、眠れない場合は15分間目を閉じてのんびりすること、もし寝れる場合はコーヒーを一気に飲んでから20分寝ること、これを実践していただけると上手に疲れもとれてストレスにも強くなり午後の生産性も高くなります。是非試してみてください。

では、今お昼休みの方は、午後の仕事も頑張ってください!

続きの「ストレスと疲れに負けない人になる方法」を知りたい方はこちらも↓

タグ

-ダイエット・最高の体調
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.