集中力

人類トップ12%のやる気を作る【ハーバード式モチベアップ】ゼロからはかどるやる気の科学④

この知識はこんな方におすすめ

  • 今年こそやるべきことに全力で
  • 抜きん出た結果を出したい

モチベーションアップのテクニックとして、3つの理論に基づき解説させてもらいますが、すべて角度が違いますので、人によって使い方も変わってきます。

やる気を高める方法については、今までにも色々と紹介させてもらいましたが、なかなか自分にはしっくりこないという人もいると思います。
これはやる気が出ない理由が人によって結構違うからです。
それぞれのやる気が出ない原因と対策まで紹介させてもらいますので、自分に足りないと思うところを中心に取り組んでいただけると、思うようにやる気を作り出すことができると思います。

やる気が出ない3つの大きな理由

やる気が出ない理由にはもちろん色々な理由があります。
仕事でも勉強でも、別にやる気がないわけではないけれど、もっとやる気が出たらもっと成果も出て成功するに違いないと分かっているけれど、なんだか今ひとつそこまでのやる気が出ないという人が多いと思います。
人類トップ12%のやる気を作り出して、今年こそ成功したいと思う方には参考にしてもらいたい内容です。

理由その1 :自分のワークスタイルを知らない
理由その2 :欲望を理解できていない
理由その3 :セルフコーチング(やる気を出すための戦略)が間違っている

これらが今ひとつやる気が出ない大きな理由です。
自分のワークスタイルを知って、自分の欲望を上手に煽り、正しい戦略を採用すれば、やる気は勝手に出てくるし安定してきます

仕事に対するやる気の出し方がわかるワークスタイル尺度

ポートランド州立大学のロバート・ビスワス=ディーナー氏が考案した仕事におけるモチベーションタイプを調べる尺度があります。
人は仕事に対するやる気がそれぞれ違います。
これを4つのタイプに分けて解説させてもらいます。

📚ポジティブ・コーチングの教科書: 成長を約束するツールとストラテジー

ロバート・ビスワス=ディーナーさんは、『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』という素晴らしい本を書かれた方ですが、ポジティブ心理学をコーチングに応用した本も出されています。
こちらはわりと読みやすくて参考になると思います。

本日のワイン
家族経営✖︎最新科学で復活したセミヨン100%の辛口ワイン

今回は、最新技術によってやっとなしえたワインを紹介しておきます。

セミヨンは甘口ワインとして作るか味を引き出すために使われるかという品種のぶどうです。
そんな甘口ワインを作っている土地で作られているワインで、100%セミヨンで甘くない本当に美味しいワインを作るという誰もなし得ていないことをされました。
これを作られた方は、地元のセミヨンに注目が集まらないことを危惧されて、100%セミヨンで華やかだけれど重たくないワインを作ろうと考えて、最新技術を駆使してようやくできたワインです。

香りはとても華やかで蜂蜜のような香りがしますが、味わいはとてもスッキリしていてハーブのようなニュアンスがあります。
セミヤントはサバ缶サラダやカニやエビなどの甲殻類、きのこ料理や鍋物、冷しゃぶや炊き込みごはんにも相性がいい変わったワインです。
まだあまり知られていないということもあり比較的安いです。このクラスの味になると有名なワインだと3万円くらいはすると思います。
ぜひチェックしてみてください。

ラ セミヤント ド シガラス 2016 AOC ボルドー ブラン セミヨン

「ワークスタイル尺度」

以下の5問に4点法で点数をつけてください。

4=完全に当てはまる
3=少し当てはまる
2=当てはまらない
1=全く当てはまらない

質問A:私は常に時間どおりに作業を完了する。

質問B:私の仕事の質は優れている。

質問C:締め切りが迫らないとやる気が出ない。

質問D:プレッシャーの中でもベストを尽くす。

質問E:すぐにプロジェクトを開始するのが好きだ。

それぞれの質問に対して、直感で結構ですので自分がどれだけ当てはまるかということを考えて1点から4点の点数をつけてください。

スポンサーリンク

採点

A から E の質問のどの点数が高かったかということで、4つのタイプに分類されます。

インキュベーター
プランナー
トリフター
プロクラスティネーター

他の質問に比べて比較的どの質問が点数が高いかということで、自分がどれに当てはまるか選んでみてください。

A、B、C、Dの点数が高い場合=インキュベーター

A、B、Eの点数が高い場合=プランナー

Eの点数が高くてA、Bの点数が低い場合=トリフター

C、Dの点数が高くて、A、Bの点数が低い場合=プロクラスティネーター

例えば、5つの質問の中で自分が特に点数が高かったのが B とD とE だったとします。
この場合は、どれにも当てはまらないような気がしますので、どうすればいいのかということも解説しておきます。

Aが1点、 B が4点、C が2点、D が4点、E が4点となると、A、B、Eの点数が高い場合はプランナーですが、プランナーに近いような気がしますが A の点数が低いです。
Eの点数が高くてA、Bの点数が低い場合はトリフターになりますが、これにも近いということになります。
このような場合には、プランナーの面とトリフターの面の両方があると考えてください。
点数から考えて、一番近いものはどれなのか選ぶようにしてください。
自分がどれに当てはまるか、どれが一番近いのか選べたら、次のそれぞれの解説に進んでください。

スポンサーリンク

プロクラスティネーター:先延ばし

最後まで仕事を先延ばしにしてしまい、中途半端に終わらせてしまうことが多いです。
このタイプの人が問題なのは、自分の感情のコントロールです。
このタイプに当てはまる場合には、感情のコントロールが苦手なためにやる気が出ていないことが多いです。
このような方がやる気を出したいのであれば、先延ばし対策に取り組むようにしてください。

対策:ワーストファーストアプローチ

先延ばし対策をひとつだけ紹介しておきます。
自分にとって一番嫌なこと、やりたくない事を1番に持ってくるやり方です。

最も難しくて不快な作業から手を付けてしまえば、物事をスムーズに終わらせてしまうことができます。
これは賛否両論かと思います。簡単な作業から手を付けた方が弾みが付くのではないかという意見もあります。確かにそういうやり方もあります。自分にとって合うものを決めてください。

スポンサーリンク

1番良くないのは、難しいことをやる日もあれば簡単なことをやる日もある、どっちから手を付ければいいのかわからない、どっちから先にやった方が先延ばしにしづらいのかわかっていないということです。
そのような方はワーストファーストアプローチがいいと思います。

おすすめは、やるべき事に手を付けた時間を測っておくといいです。これを何回かやっておくと、自分にとって大事な事を今日は何時にどのくらいやったのかという時間を把握出来て、手際よく作業が出来る様になります。

インキュベーター :締め切りに燃える

このタイプの方は締め切りがあるとやる気が出てきます。
このタイプの人も 最後まで仕事を後回しにする傾向があります。
最後まで仕事を後回しにしがちですが、最終的には締め切りに間に合わせるタイプです。

ギリギリにならないとエンジンがなかなかかかりませんが、一度エンジンが入るとすごい勢いで仕事を終わらせて、結果的に割といい仕事をします。

このタイプの人は、締め切りに対してやる気が反応しやすいので、スモールゴールを設定したり細く締め切りを設けるようにしてください。

テレサ・アマビールさんの『マネジャーの最も大切な仕事』でも紹介されていることですが、スモールゴールを達成していくことがとても重要です。
ゲーミフィケーションの中でも、大きな目標を達成するために、そこまでの間にどれだけたくさんの小さな階段を登っていくのかということをカウントするのが進展フィードバックが重要だという話がありました。

スポンサーリンク

プランナー:計画大好き

自分で仕事の戦略を立てたり長期的なプロジェクトを作ることがやる気につながるタイプです。
3年とか5年かかるような長いプロジェクトであっても、あまり先延ばしすることがなく、計画を立てたらすぐに手を付けたいと考えます。

このタイプの人は、計画や戦略に反応しやすいので、具体的な計画や長期的戦略を作ることでモチベーションが上がります。
逆に、この計画を立てる際に上手にその計画や戦略を作ることができないと、それでモチベーションが出てこないということがあります。

ですから、このタイプの人は科学的に正しい計画の立て方について学んでいただけると、勝手にモチベーションが上がっていきます。

倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!

科学的に正しい計画の立て方については、こちらの本を参考にしてみてください。

トリフター:環境第一

仕事に手をつけるのがとても早いタイプの人です。
仕事に手をつけるのは早いですが、すぐに気が散ってしまい飽きてしまいやすいということもあります。

このタイプの人は、気が散らないように頑張ろうと思っても無理ですので、徹底的に気が散らない環境設定を大切にしてください。
これについては、過去にも解説していますので、そちらも参考にしてみてください。
環境を整えることで仕事や勉強に対するやる気が上がってきます。

最強のデスクー仕事や勉強がはかどる机まわりの環境の整え方

自宅やオフィスでできる環境作りについてです。仕事や勉強の生産性を考える上での環境づくりのポイントは4つあります。これが生産性を上げるためのデスク周りの環境としてのポイントになります。それぞれ詳しく解説していきます。

続きを見る

自分のワークスタイルの理解しておくことが重要です。
これをわかっていない状態で、仕事や勉強にもっとやる気を出そうとか、副業や起業のためにもっと頑張らないといけないと考えても、モチベーション上げるという点では非効率になってしまいます。

欲望を操り人類トップ12%のやる気を!

そして、自分がやる気が出てくるポイントがわかっても、それだけで走り続けるということも無理です。
人間のやる気というものは、そもそもは欲望です。

人間の欲望は色々とあるわけですが、人間のやる気を左右する欲望は4つあります。
この4つの欲望を満たすと、人類トップ12%のやる気を作り出すことができます。
そんな方法については、Dラボで詳しく解説していますので、今回のおすすめの動画チェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック

毎月20冊の本・論文の知識が1日10分で学べる!

人類トップ12%のやる気を作る【ハーバード式モチベアップ】ゼロからはかどるやる気の科学④

人類トップ12%のやる気を作る【ハーバード式モチベアップ】ゼロからはかどるやる気の科学④

スポンサーリンク

\本日のオススメ📚/

🍷本日のワイン
家族経営✖︎最新科学で復活したセミヨン100%の辛口ワイン

ラ セミヤント ド シガラス 2016 AOC ボルドー ブラン セミヨン

📚ポジティブ・コーチングの教科書: 成長を約束するツールとストラテジー

📚ネガティブな感情が成功を呼ぶ

草思社
¥1,760 (2022/08/10 07:00:55時点 Amazon調べ-詳細)

📚倒れない計画術:まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ!

📚マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力

DaiGoの本がどれでも1冊無料で聴ける 詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:人類トップ12%のやる気を作る【ハーバード式モチベアップ】ゼロからはかどるやる気の科学④

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-集中力