集中力

昼休みに飲むと、午後がはかどる飲み物

この知識はこんな方におすすめ

  • 仕事で煮つまることがよくある
  • 午後の仕事を効率よく進めたい

上手に切り替えて目の前の煮詰まった状況を突破する

誰でも仕事に煮詰まったりすることはあると思います。
そのような時に、どのようにして手っ取り早くそれを乗り切るのかということを紹介したいと思います。

特に頭を使う仕事をしている人は、煮詰まったり何か良いアイデアが出ないかなと悩んでしまった時に上手に切り替える方法を持っていないと、その状況がずっと続いてしまい時間を無駄にしてしまうということもあります。
ある方向で進めていてそれでうまくいかない時には、それを切り替えで別の方向から進めることが重要になります。
どうすればその別の方向に切り替える力を高めることができるのかということです。

創造性を高めて突破するためのアイテムとは?

今回参考にしている研究では、なんと皆さんも普段から見たことがあるでしょうし一度は使ったことがあるであろうあるものを使うことによって創造性を高めることができるかもしれないというものです。

この創造性が高まるということは、新しいアイデアが出やすくなったり、目の前にある物事を別の方向から見る能力が高まるということになります。
そうなればスランプや煮詰まった状況を突破しやすくもなるはずです。

それは・・・紅茶です。

紅茶を飲むと創造性が高まり、新しいアイデアを思いついたりに詰まった状況を打破することができるのではないかということです。

僕も普段こちらのボトルを使って紅茶を飲んでいます。水出しの紅茶を使っていて、夜に水と紅茶の葉を入れておいたら翌日には飲めるので便利で使っています。

紅茶を飲むと創造性が高まる?

この研究では、参加者に紅茶を飲んでもらった後に創造的な課題を受けてもらったところ、創造性のスコアが高くなったということで、創造性が必要な仕事をしたり仕事に煮詰まった時には紅茶を飲むといいのではないかということが考えられる研究がありました。

50人の大学生を対象に2つのグループに分けて、片方のグループには温かい紅茶をおよそカップ1杯分飲んでもらい、もう一方のグループには普通のお湯を飲んでもらいました。
参加者にそれぞれ飲み物を飲んでもらった後で、名前やありきたりな質問をいくつか尋ねて、その上で参加者の人たちが飲み物を全て飲み終わった後に創造性を測るテストを受けてもらいました。

この実験では、紅茶が創造性を高める効果があることを確かめるための実験だとようなことは参加者に伝えておらず、いくつかのありきたりな質問を行う際に、ただ紅茶やお湯を出してそれを飲んでもらった後に自然な流れで創造性を測るテストを受けてもらったということです。

ですから、参加者の人たちは紅茶もしくはお湯を飲んでいるわけですが、それが創造性に影響を与えるということは認識していないので、できるだけプラシーボ効果はなくそうと工夫はした実験です。

参加者は創造性を測るためにブロックプレイリストというものを行い、それにかかる時間をチェックされています。
これはおもちゃメーカーが新しいブロックを開発しようとしているので、ブロックを使ったサンプルを求めていると伝えて、参加者に自分が一番魅力的だと思う面白いブロックをデザインして作って欲しいとお願いしたというものです。
そして、それを第三者に評価してもらいそのスコアに応じて報酬をお支払いすると伝えました。

つまり、面白いブロックのデザインを考えてほしいと伝え、それがもし評価が高かった場合にはお金がもらえると言われて、参加者の人たちはブロックをデザインしたわけです。
その上での第三者の評価によって、紅茶を飲んだ場合とお湯を飲んだ場合でどちらの方が創造性が高くなるのかということを調べようとしたものです。

そのブロックを作り上げる時間は10分間の制限時間を設けています。
たった10分間の作業ですが、そのわずかな時間に対しての創造性に紅茶を飲んだ場合とお湯を飲んだ場合で差が出るのかということを調べています。

そのブロックのデザインに対しては革新性や美的センス、統一性や壮大さなどいろいろなポイントでチェックして採点してもらっています。

11点満点で採点していますが、その結果、紅茶を飲んだ場合には平均で6.54点、お湯を飲んだ場合には平均で6.03点ということでした。
この差はわずかですが、紅茶を飲んだ場合の方が創造的であるという評価を受けていました

さらに、紅茶が作り出すその雰囲気やムードが影響しているのではないかということを踏まえて、もうひとつの実験を行っています。

こちらでは40人の学生を集めて同じように実験を行なっていますが、紅茶を飲んでリラックスしていい気分になり、そのいい気分になったことが創造性に影響を与えたのではないかと考えたわけです。
つまり、気分の問題だけなのではないかということを研究チームは考えました。

同じように紅茶を飲んだ人とお湯を飲んだ人に分けて、ラーメン屋さんの名前を決めてもらうという実験を行っています。
新しくオープンするラーメン屋さんがあるので、20分以内で自分が魅力的だと思うお店の名前をつけてほしいとお願いしました。

この場合も第三者が評価していい名前だとされた場合には報酬がもらえるとしました。
その上で同じように第三者に評価してもらいました。

ここではいくつかのお店の名前を考えてもらい提出してもらったので、この20分の中で最初の頃に思いついた名前と終盤に思いついた名前がありました。
そこでは全部で1104個の名前が集まったそうで、それは紅茶を飲んだ人とそうでない人が前半に思いついた名前と後半に思いついた名前に分かれています。

これは、 創造性というものはすぐに出るものではなく、ある程度それについて悩んだり考えたりした上で一旦放置してからもう一度考えるといいアイデアが思いついたりするものだからです。

ですから、ラーメン屋のいい名前を考えてもらう時にも、おそらくはその点を考えて、その制限時間の前半で思いついた名前と後半で考えた名前に分けて実験が行われたということだと思います。

その結果興味深いことが分かっていて、制限時間の前半で思いついたラーメン屋さんの名前については、紅茶を飲んだグループもお湯を飲んだグループもその評価は大差なかったということです。

ところが、その後半で思いついたラーメン屋さんの名前については、紅茶を飲んだグループの方がお湯を飲んだグループに比べて良い評価を下されていたということです。
具体的には、紅茶を飲んだグループは平均で4.03点でお湯を飲んだグループは3.72点でした。

ここではムードや気分と創造性には相関はなかったということですから、おそらくは僕たちは紅茶を飲むことによって良いアイデアが出やすくなり、さらに、この効果というものは紅茶飲んでからしばらくして現れるものだと考えられます。

紅茶を飲んだ瞬間に良いアイデアが出やすくなるということではなく、紅茶を飲んでしばらく作業をしたりしているといいアイデアが浮かんでくる可能性があるということです。

ですから、煮詰まった時にはひと休憩して紅茶を飲んでおくことによってその状況を突破することができたり、おそらく仕事なのでに詰まりやすい時間帯というのもあるでしょうから、そのようなタイミングを狙って紅茶を飲んでおくと、仕事で煮詰まることも少なくなるのではないかということが考察できる研究でした。

そう考えるとお昼休みに紅茶を飲んでおくというのはとても良い方法なのかもしれません。
お昼を過ぎてしばらくした頃に仕事が煮詰まったりはかどらなくなるということはよくあると思いますので、そんな状況を突破するためにも紅茶は役に立つかもしれません。
紅茶に限らずお茶は体にも良いものですから普段から飲むのはとてもいいと思います。

お湯でわざわざ入れるのが面倒だという人もいると思いますが、水出しでも時間をかけるととても香りも出ておいしく飲めますので、それを夜のうちや朝作っておいてそれを水筒などに入れて会社に持っていくといいのではないでしょうか。

創造性を高めるためのおすすめ

今回はさらに創造性を高めてスランプさえも乗り切るための方法について解説した動画とおすすめの本とアイテムを紹介しておきます。

スランプを突破する【想像力を高めるクイックスキル】
スランプを突破する【想像力を高めるクイックスキル】

スランプになることは誰でもあると思いますが、そんな時に当然ですが正面からいくらぶつかってもそれを突破することはできません。
そんな時にはやはり気分転換や違うことをする必要があります。それによって別の方法をしてみたらあっさりとそれを突破できたというような経験がある人も多いと思います。

スランプや調子が悪いという時には、このように方法を変えてそれを突破するということが大切です。
それができるようになるためには創造性を習慣的に高めておく必要があります。
そのための方法について解説したのがこちらの動画になっています。

創造性を高めるためのおすすめアイテムと本

今回のおすすめのアイテムとしては、まずは僕も気に入ってずっと使っているボトルを紹介しておきます。

僕はこれに紅茶であれば紅茶の葉によって多少違いますが5グラムから8グラムぐらいこのボトルに入れてから水を入れて、それは寝る前に作って冷蔵庫に入れておきます。
それから7時間から8時間ぐらい経つといい香りも出てきますし、16時間ぐらい置いておいてもいいと思います。
普段僕はこれで一日中こまめにお茶を飲むようにしています。

ドリンクメイト(drinkmate)
¥21,868 (2020/09/26 16:49:17時点 Amazon調べ-詳細)

これも僕は気に入って使っているものですが、お水や液体を炭酸にすることができるものです。
これで紅茶のような香りの高いお茶を炭酸化することで、シャンパンのような紅茶を楽しむことができます。
これがとても美味しくて、香りが高い紅茶を使えばアルコールが入っていない体にも良くて美味しいシャンパンを作ることができます。

¥2,640 (2020/09/26 12:38:50時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはレオナルドダヴィンチやアインシュタイン、エジソンというような人たちの考え方も事例として紹介してくれている本で、いいアイデアを作るためにとても参考になると思います。

詩想社
¥1,540 (2020/09/26 12:14:46時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは僕の新刊です。
いろいろなアイデアを思いついたとしてもそれがなかなか形にならなかったりすることもあると思います。
これはその形になるところまで創造力を発揮することができていないということが大きな問題になっているからです。
こちらの本は、皆さんの創造力を高めてそこから思いついたアイデアを形にして、ビジネスや人生の可能性を広げるために使える内容になっています。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックが無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画

今回のおすすめ本
ドリンクメイト(drinkmate)
¥21,868 (2020/09/26 16:49:17時点 Amazon調べ-詳細)
¥2,640 (2020/09/26 12:38:50時点 Amazon調べ-詳細)
詩想社
¥1,540 (2020/09/26 12:14:46時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】僕のオーディオブックがAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

超習慣術
知識を操る超読書術
自分を操る超集中力
人を操る禁断の文章術
後悔しない超選択術
ポジティブチェンジ
ポジティブ・ワード
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、記載された参考資料のみならず、過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。
参考:Huang et al., “Drinking tea improves the performance of divergent creativity”, Food Quality and Preference 66 (2018) 29–35

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-集中力

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog