挑戦・飛躍

ネットがやる気を奪うワケ〜ネット中毒脱出法

投稿日:

人間は、ドーパミンというやる気ホルモンが出るとテンションが上ったり意欲的になったりします。このドーパミンが減るとやる気が無くなったりします。例えば、うつ病ですと様々な原因がありますがそのドーパミンの量が原因という場合もあります。

ドーパミンにはドーパミンレセプターが必要

やる気が無くなるルートには2種類あり、ひとつはそのドーパミンがなくなるルートですが、もうひとつあります。

ドーパミン受容体(レセプター)というところがあり、ドーパミンはあるだけでは意味がなくドーパミンのレセプターにドーパミンが結合することではじめてやる気につながります。つまり、ドーパミンがいくらあってもそのレセプターに結合しないと効果は出ないわけです。
そのレセプターが壊れていてドーパミンを受け入れられないというルートがもうひとつのルートです。

やる気が無くなる原因は2つ

  • ドーパミンが無くなる
  • ドーパミン受容体が壊れる

ネット中毒でドーパミンレセプターが壊れる

ドーパミンが無くなる問題については、基本的にはバランスの良い食生活が出来ていればトラブルは起きないものですが、もうひとつのドーパミン受容体が壊れるというのは、原因としてはネット中毒があると言われています。

ネット中毒になった男性を対象にPET検査でネット中毒になった男性の脳と普通の男性の脳を比較した実験があります。

(※ちなみに、ネット中毒者というのは、ぼくのこの記事やニコ生・YouTubeとかを見ている人はネット中毒なのかというとそうではなく、麻薬中毒の人が麻薬が切れると情緒不安定になってしまうかのようにネット環境が無くなったら怒ったりイライラしたり、睡眠や食事という欲求が満たされていなくてもネットを求めてしまう状況になっている人のことです。スマホ依存とも近いのかなと思います。)

この実験では、ネット中毒の症状が重くなるほどドーパミンレセプターが少なくなるという結果が出ています。ドーパミン自体は普通の人と同じぐらい出ているのにレセプターが壊れているからやる気が出ない状態になっているわけです。
ですから、ネット中毒の人がやる気を出そうとして健康的な食事や運動を心がけても改善しないことがあります。

肥満と麻薬も同様

ネット中毒の他にも同じようにドーパミンレセプターが壊れる原因があります。
肥満麻薬です。

ネット・肥満・麻薬はレセプターを壊す作用があります。
麻薬中毒の場合は、麻薬を摂取するとドーパミンがどんどん出ますが、徐々に体が慣れて、しかもレセプターが壊れてしまうので結合できず効果が出ないためもっと欲しいと求めるようになり中毒症状が進むわけです。
肥満も同じ現象が起きますから、体型の改善はやる気を改善するためにもとても良いことです。

中毒を引き起こす2つの刺激

中毒の原因ですが、基本的には2つの刺激の状態が中毒を引き起こしやすいということがわかっています。

①刺激はあるのに得るものがない

ドーパミンは期待のホルモンです。なにか得られるかもと期待し、強烈な刺激はあるのに得られるものがない状態です。

ギャンブルやSNS・スマホのゲームも同じです。
SNSでいいねをもらったりゲームのスコアが上がるとなんとなくいい気分になるかと思います。ですが、実際にはなにか報酬が得られるわけでもありません。脳は興奮するけれど人間の3大欲求が満たされるわけでもないので、脳はその刺激に徐々に慣れていくわけです。そのせいで更に刺激を求めてしまい暴走するようになり中毒になるわけです。

ダイエット・コークはかえって太るという話がありますが、あれも同様です。人工甘味料で飲むと甘みを感じるのでカラダは糖分が入ってきたと考えます。ところが実際にはエネルギーとして使えるものがないから、脳はこんなに甘いものを飲んでいるのにエネルギーが足りていないのであればもっと甘いものを摂らないといけないとなって、どんどん甘いものを求めるようになってしまうわけです。

②刺激が簡単に得られてすぐにその興奮が無くなる

刺激の入手が簡単で、次の刺激が得られるまでの間隔も短い状態です。

タバコや麻薬も同じです。LINEやメールのチェックもこれに含まれます。
タバコやスナック菓子は買えばすぐに手に入ります。口に運べばすぐにその喜びを得ることが出来ます。ダイエットなどの時間のかかる喜びよりも人間は簡単にすぐ手に入る喜びを求めてしまうものです。ところがこのような喜びはすぐに終わってしまうのでまた次の喜びを求めるようになります。そうすると、次々に喜びを求めるようになるのに、大きな満足を得られないため、ドーパミンばかりが出て手に入るものがないので、もっともっとと求めるようになり中毒になってしまうわけです。

ドーパミンが日常になっていないか?

ドーパミンが出る行為はご褒美にしないといけません。

現代病におけるそのような中毒のほとんどは、ドーパミンがご褒美ではなく日常になっているために起きています。ですから、大きなことや難しいことに挑戦して将来的に大きな成功や価値を手に入れようとすることができなくなってしまうわけです。

手近な小さな喜びばかりを手に入れていると大きな喜びを得られなくなってしまいますし、大きな喜びに対してモチベーションが上がらなくなってしまい期待もできなくなるので挑戦意欲が無くなるわけです。

では、どうすればいいのか?

ドーパミントリガーを見つけてください。

自分がついついやっている小さな喜びを見つけてください。まずは自分の日常の中のドーパミントリガーを3つ見つけてください。そして、この3つに対して接触回数を減らす方法を考えてください。そのトリガーがどのような環境や条件で起きているのかを考えてそれを減らす方法を考えてください。
例えば、ついついLINEを気にしてばかりいるというのであれば、フォルダの中に入れて一見してどこに入れたかなと一瞬迷うぐらいにすると接触回数を減らせます。

もうひとつ、ドーパミントリガーで起きる行為を他の行為に置き換える方法があります。
これは、習慣化のテクニックでも紹介していますが、間食したくなったらナッツを食べるとか、LINEを見たくなったら本を開いて1ページ読んでからLINEを見るとか、意味ある行動に置き換える方法です。

僕が作っている「a Dual N-Back game」と呼ばれる脳トレゲーム「DNB-15分IQアップ脳トレゲーム」のような役に立つゲームを入れておくのもおすすめです。
ドーパミンの刺激というのは10分ぐらいしか保ちません。ですから、何かドーパミントリガーが起きてやってはいけないけれどしたい気持ちになったら、その10分をこのようなゲームで気を紛らわせることができれば、意外と苦がなく我慢できます。我慢は10分すれば良いわけですから、そのための方法を持っておくのも良い方法です。

 

 

ドーパミンレセプターの数を増やすテクニックもあります。

レセプターの数を増やしたいのであれば筋トレがおすすめです。
覚醒剤中毒の患者を対象にした実験で、筋トレやランニングで体を鍛えるとドーパミンレセプターが増えたという結果が出ています。

手軽な喜びを避けて、長期的な喜びや苦労して得られる大きな喜びに徐々に置き換えていくと、ドーパミンの効果も得られてメンタルも強くなりやる気が向上します。

ついついやってしまって時間を無駄にしてしまう悪い習慣が身についてしまっている人は、そもそもその習慣を変えないといけません。悪い習慣を断ち切るための方法は意志の力ではどうにもならないので、習慣の科学を勉強して習慣を変える方法を身につけないといけません。

習慣の科学はこちら↓で勉強してください。

習慣の科学

2018/11/18

計画倒れの原因「どうにでもなれ効果」を防ぐには

特にダイエットであったり、一日の予定まで綿密に計画した時にありがちな、ひとつ計画どおりに進めることが出来なかった時にどうせひとつ失敗したしもう今日の後の予定もどうでもいいや!今日は休んじゃお!となってしまい、本来の目的とは真逆のことをしてしまう「どうにでもなれ効果(The What-The-Hell Effect)」があります。 どうにでもなれ効果(The What-The-Hell Effect) この「どうにでもなれ効果」は、綿密な計画を立てている人に起きがちです。 朝から想定外のことが起きて計画どお ...

ReadMore

習慣の科学

2018/9/20

自分への甘さを断ち切るための心理学

皆さんは、自分のことを自分に甘いと思いますか? 心理学者のピアーズ・スティール氏が過去40年間の様々な人の自分自信に関するアンケートや資料を参考に調査したところ、自分に甘かったり先延ばししたり、あるいは自分で決めたことが守ることが出来ないという人は全体人口の95%もいるということがわかっています。 自分のことを甘いと考えている、つまり自分は意志の力が弱いから意志の力に頼ってはいけないと考えている人ほど、結果的には目標を達成しやすいということもわかっています。 ですから、自分は甘くないと考えている5%程度の ...

ReadMore

習慣の科学

2018/9/18

時間が経つのが早くなった、と感じたら危険

時間が経つのが早くなったなとか、もう月曜日か〜とか、今年ももう9月か〜とか感じることがあると思いますが、それはなぜなのか? できれば時間はたくさんあった方がいいし、時間がないとか時間が足りないという感覚は悲しいので、どちらかと言えば時間に余裕がある方がいいと思います。 歳をとればとるほど時間が経つのが早いという感覚は強くなっていきます。確かに、学生の頃より大人になってからの方が時間が経つのを早く感じるというのはみなさんうなづけるのではないでしょうか。 この感覚は危険です。その対策を紹介します。 歳をとると ...

ReadMore

習慣の科学

2018/8/29

挫折終了のお知らせ!習慣化を成功させるには

実は、僕は心を読むよりも習慣化の方が得意です。 意志がとても弱い人間なので頭で考えてしまうとやらなくなってしまいます。ですから完全に習慣化して考えないようにするという戦略をとっています。 ですから、本も常に自動的に読んでジムも自動的に通っている感じです。人は頭で考えた瞬間に怠けたくなるものなんです。 確実に続く習慣を設定するには 様々な研究でも明らかになっているように意志の力には限界があります。瞑想などでトレーニングも出来ますが、その限られた力をどこにつぎ込むかが大事になります。意志の力の最適なつぎ込み先 ...

ReadMore

習慣の科学

2018/8/9

やる気を3倍アップするアメとムチの心理学

モチベーションを上げる心理学です。 よく、自分のモチベーションを上げるための方法としてアメとムチというと、なにか目標を達成したらご褒美をあげる人と、逆に達成できなかったら罰を与えるという人がいます。 実際にはどちらのほうが効果的なのか? 人によって、自分に対しても他人に対してもご褒美を与える人もいれば、バツやペナルティを与えたりすると思います。例えば、何かを我慢できたらご褒美、我慢できなかったらバツと、人それぞれかと思いますが、アメとムチのどちらがいいのか? また、自分は褒めて伸びるタイプという人がいます ...

ReadMore

タグ

-挑戦・飛躍
-, , , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.