健康・ダイエット

【神おやつ】DNAを修復する最強おやつがこちら

この知識はこんな方におすすめ

  • 若々しくいたい
  • 健康を大切にしたい

DNAを修復してくれてアンチエイジングにも効果がある最強のフルーツ

今回は最強のフルーツについて紹介させてもらいます。

なんと DNA を修復してくれるフルーツがあります。
例えば、がんなどの様々な病気というものはDNA が傷つくことによって起きることもあるわけですので、DNA を修復してくれるということはそんなリスクを減らしてくれる効果も期待できますし、それだけでなく、頭の回転が良くなる上にアンチエイジングにもなり、日本人の死因の第2位である心疾患のリスクも減らしてくれるという最強のフルーツです。

今回の主役になるフルーツはベリー類です。
ブルーベリーやラズベリー、ブラックベリーなど色々とありますが、これらのベリー類にはアントシアニンという成分が含まれていて、アントシアニンは目に良いということは聞いたこともあると思います。
このベリーの最強の効果について今回は解説させてもらいます。

ポイント1 :豊富なポリフェノール

まず最初のポイントとしてポリフェノールが非常に多いということがあります。
ポリフェノールはぶどうの皮やベリーの皮に豊富に含まれているもので、これはとても体にいいものです。

スポンサーリンク

ポイント2 :アンチエイジング効果

このポリフェノールに関しては、ブルーベリーよりもエルダーベリーやクランベリー、ブラックベリーに最も多く含まれていると言われていますが、手に入りやすいということもありますのでブルーベリーでも全く問題ないと思います。

ポリフェノールは体内の酸化を防いでくれるので様々な効果があるわけですが、その中でもやはりアンチエイジングの効果としてはかなり高いということもあります。

ポイント3 :低カロリー

そして、ベリー類は甘みよりも寒酸味の方が強くカロリーが低いということもメリットとしてあります。

ポイント4 :食物繊維が多い

さらに、フルーツの中でも食物繊維がとても多いということもあります。

このようにとてもメリットの多いフルーツがベリー類です。

フルーツというものは生で食べたり新鮮なうちに食べた方がいいものです。
ところが、ベリー類の場合には外側の皮の部分に多くの栄養素が含まれているので、むしろ一度冷凍して細胞が壊れやすい形にしたほうが吸収効率が上がるというデータもあります。

ですから、今回のおすすめとしても紹介しておきますが、冷凍ベリーをフードプロセッサーなどでシャーベットの状態にして食べることで、上記のような様々な効果を得ることができます。

スポンサーリンク

DNA のダメージに対する修復効果

ブルーベリーの DNA のダメージに対する修復効果についての論文は結構多くあります。
例えば、ブルーベリージュースを4週間飲んだ実験によると、体内の酸化ダメージが減少して、その酸化ダメージによって傷ついた DNA が20%も回復したというデータもあるぐらいです。

そう考えると、様々な病気の予防にも効果があると言えるのではないかと思います。
この実験ではブルーベリーのジュースを使っていますが、日本で一般的に売られているブルーベリーのジュースとなると余計なものも含まれている可能性もありますので、やはり、ジュースの状態にするとしても、普通に冷凍のブルーベリーを買ってきて、それをフードプロセッサーやミキサーにかけて作った方がいいとは思います。

他にも、わずか25グラムの冷凍ブルーベリーを6週間食べ続けたところ、心疾患を抱えている患者さんの DNA のダメージが13%も減少したというデータもあるぐらいです。

スポンサーリンク

頭の回転を良くしてくれる効果

さらに、頭の回転を良くしてくれるという効果もあります。

65歳以上の被験者を対象にした実験で、ブルーベリージュースを12週間飲んでもらったところ、言葉が出て来やすくなったり記憶力が改善した上に幸福感まで上昇したという研究もあります。

インシュリンの分泌が減る効果も確認されていますので、例えば、糖質制限のダイエットをしている人などにもこのブルーベリーの効果というものは高いといえます。

アンチエイジング効果

アンチエイジングの効果を狙うのであれば少し多めにブルーベリーを食べるようにしてください。

75グラムのブルーベリーを食べることによって体の酸化レベルが減少したという研究があります。
つまり、体の老化を抑えることができたということです。

僕は実際毎日100グラムのベリー類を食べるようにしていますが、この実験では1日に75グラムでも体内の酸化レベルを減少させることができたということです。

スポンサーリンク

さらに、ブルーベリーのシェイクを飲んでから運動をしたら筋肉のダメージ量が減少したという研究もあります。

1日100グラムのブルーベリーを食べるという実験もあり 、これによるとリンパ液の参加レベルが下がったということが確認されています。

ですから、ブルーベリーの効果というものは1日に25グラムでも得ることができるわけですが 、冷凍のブルーベリーでいいので1日に100グラム食べることによって体内の酸化レベルを様々な面で下げることができるということです。

筋トレやトレーニングをする前にブルーベリーを食べておくと、筋肉のダメージを減らすことも出来ますし、リンパなどの体内の酸化レベルを下げることができるので、運動による老化や体内の疲れの問題を少なくしてくれるということが考えられます。

様々な研究があるわけですが、1日に500から1000ミリグラムのアントシアニンを摂るといいと多くの研究では言われています。
1000ミリグラムのアントシアニンを摂ろうと思うとブルーベリーであれば大体120グラムぐらいになります。

そんなに食べると太ってしまうのではないかと感じる人もいるかもしれませんが、ブルーベリーは糖質がとても少なく、100グラムのブルーベリーを食べたとしても糖質の量は10グラム程度です。
結構多めに食べても大丈夫ですし、その点ではダイエットにも使うことができます。

心臓や血管の病気のリスク減少

さらに、ベリー類を日常的に食べることによって心臓や血管関係の心疾患のリスクを下げることができるという研究もあります。
この心疾患は日本人の死因の第2にあたるものだと言われていますので、そのリスクを下げるためにもベリー類はやはり食べた方がいいようです。

この研究は過去に行われた様々なベリーに関する論文の中から質が高い45件の論文を厳選して行なったメタ分析になっています。
2053人の人を対象に、ベリーを食べることによってコレステロールや中性脂肪、血圧や BMI などにどのような変化が起きるのかということを調べてくれています。

実験の期間としては4時間ほどの短いものもあれば半年にわたって追跡したものもあり、使われたベリー類も様々なものが用いられています。
ブルーベリーはもちろんのこと、クランベリーやラズベリー、ストロベリーやベリーミックス、ブラックベリーやエルダーベリーなど様々なベリー類を生の状態や冷凍したりジュースにしたりして効果をチェックしています。

その結果分かったこととして、やはりベリー類を食べることにより悪玉コレステロールが減り善玉コレステロールが増えるというデータも出ていますし、中性脂肪が減って最高血圧も下がるということが確認されています。
やはり、心臓や血管にはとても良い効果があるようです。

スポンサーリンク

ちなみに、この研究のサブグループの解析を見てみると、心疾患のリスクの低減のメリットというものは、もともと痩せた健康体の人であるとそんなにないのかもしれません。
過体重や肥満の人は効果が高かったそうですから、痩せている人が心疾患の予防の目的のためにベリー類を使う意味はあまりないのかもしれませんが、他にもDNAの修復をしてくれたり頭の回転を良くしてくれるなどのたくさんのメリットがありますので、痩せている人の場合にはアンチエイジングなどの効果を意識して食べるのもいいのではないかと思います。

食べ始めてどれぐらいの期間で効果が出始めるのかということも調べられていて、それによると毎日食べ始めてから1ヶ月から2ヶ月程度の間に様々な数値の改善が確認されています。

ですから、1ヶ月ほど毎日100グラム食べ続けるとある程度の効果が出始めるということです。

さらに、ベリー類にはCRPとTNF-αという体内の炎症レベルを示す指標の数値を下げる効果もあるということが分かっています。

ですから、やはりアンチエイジングにはベリー類はとても効果があるということが言えるようです。

皆さんも日常的にベリー類を食べる習慣を身に付けてみてはいかがでしょうか。
普通に冷凍のブルーベリーやミックスベリーを買っておいて冷凍庫に入れておいて、おやつ代わりに食べるようにすればいいと思います。
僕が使っているのは1.8 kg も入って2000円台で買えるものなので、このようなものを買っておいて冷蔵庫に入れておくと結構便利だと思います。

KIRKLAND(カークランド)
¥2,540 (2021/01/23 22:03:19時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに、僕の場合はアンチエイジング効果をさらに強めてみようと考えて、ブラックベリーを別で買ってそれを一緒に食べるようにしています。
ブラックベリーは食物繊維が多めなので苦手な人もいるかもしれませんが、その場合は普通にミックスベリーでいいと思います。

ベジフル大和
¥4,800 (2021/01/23 11:00:27時点 Amazon調べ-詳細)

冷凍庫から出して自然解凍させるのが面倒だという人もいるかもしれませんが、その場合はフードプロセッサーでシャーベット状にして食べてもおいしいと思います。

山本電気
¥13,800 (2021/01/23 11:00:28時点 Amazon調べ-詳細)

冷凍ベリーを使ったジェラートの作り方についてはこちらもチェックしてみてください。
応用も利くので結構使えるレシピだと思います。

アンチエイジング・ジェラートの作り方【冷凍ベリーで1分で作れる】

そして、アンチエイジングについて考えるのであればこちらの本が一番役に立つと思います。

さらにアンチエイジングを極めるためのおすすめ

さらにアンチエイジングを極めたいという方には、今回のおすすめの動画としてスキンケアの科学について解説した動画を紹介しておきますので、そちらをぜひチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
食べるとやばい【肌荒れ食品】と科学が見つけた唯一の【若肌の作り方】

今なら20日間無料!

今回のおすすめ
KIRKLAND(カークランド)
¥2,540 (2021/01/23 22:03:19時点 Amazon調べ-詳細)
アンチエイジング・ジェラートの作り方【冷凍ベリーで1分で作れる】
ベジフル大和
¥4,800 (2021/01/23 11:00:27時点 Amazon調べ-詳細)
山本電気
¥13,800 (2021/01/23 11:00:28時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22733001/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23507228/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22733001/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22111516/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20047325/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22935321/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22564864/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12323088/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29243749/

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-健康・ダイエット
-,

Translate »

© 2021 Mentalist DaiGo Official Blog