お金・ビジネス 目標・成功

時間を溶かす【概念ドラッグ】の恐怖

この知識はこんな方におすすめ

  • 時間を大切にしたい
  • 毎日を充実させたい

時間が気づかないうちに溶けてなくなる!

今回は概念ドラッグというものについて紹介させてもらいます。
僕たちが、頭の中で何かの概念について考え、特定の考え方をするだけでそれがドラッグのように脳に悪影響を与えてしまい、結果的に時間があっという間に溶けてなくなるという恐ろしい現象があります。
そんな恐ろしい現象を防ぐにはどうすればいいのかというのが今回の内容になります。
まずは概念ドラッグとはどんなものなのかということを解説させてもらい、それに対処する方法まで紹介させてもらいます。

1日があっという間に過ぎたとか時間が溶けてなくなるという時には、たいていの場合この概念ドラッグに影響を受けています。
それを防ぐための具体的な戦略まで解説させてもらいます。

概念ドラッグとは?

概念ドラッグではありませんが、恋愛も同じような作用をもたらします。
人間の判断能力を奪いチンパンジー並みに短絡的な思考をするようになったりします。
状況としてはこれと近いような感じをイメージしてもらってもいいと思います。

実は、時間よりもお金が大事だという考えを持つこと自体が、ドラッグのように脳に影響を与えてしまうということが研究により示されています。
それを概念ドラッグと今回は言っています。
時間が足りないといつも言っている人は、本来はお金よりも時間を重要視するべきなのに、なぜかお金を重要視してしまいます。

いくらお金よりも時間が大事だということを説明され理解しても、実際にそれに基づく行動は結構難しいです。
これについては先行研究でも明らかになっていて、人間はお金について考えるだけで脳の中に脳内麻薬のような物質を実際に生み出してしまうということも分かっています。

お金について問題を抱えている人ほどお金の事を色々と考えると思いますが、お金のことを考えれば考えるほど、脳内麻薬はたくさん分泌されて、結果的にそれを概念ドラッグと呼ぶ研究者もいるほど強烈な影響を人間に与えてしまいます。
お金のストレスというものは、あらゆるストレスの中でも最も強烈なもので、それは精神的にも肉体的にもダメージを与えますし判断をミスったりさせます
他にも、お金について考えるだけで、長期的な計画を保つことができなくなったりズルをしやすくなるということも分かっています。

スポンサーリンク

誰でもお金は大事だと思います。
だからこそ、よほどお金を稼ぐことができてかなりのお金に対する余裕を持ち、もうお金よりも自由や時間を大切にしたいと思えるようになって初めてお金よりも時間が大事だと本心から思えるようになります。
これはよほど意識しない限りは誰でも同じで、僕自身もよほど余裕を持って稼げるようになるまでは、お金を稼ぐために必死になっていましたし、だからといってそれが悪いことだったとも思いません。

人間は誰でもお金も欲しいでしょうし時間も欲しいはずです。
これは当然のことですが、それを人生において同時に手に入れようとするのは難しいです。
まずはどちらかを手に入れて、それを一定以上十分に手に入れたところで、それを使ってもう一方を手に入れるということはできますが、時間とお金の両方を一度に手に入れようとするのは無理な話です。

例えば、ある程度時間を犠牲にした上でお金を一定以上十分に手に入れたとします。
その資産をもとに投資に回したら利回りで定期的な収入を手に入れることができます。それで十分に暮らしていくことができるようになれば、それまでは自分のすべての時間を使って仕事をしていたけれど、その時間を使って自由の時間を作ろうとすれば、時間を手に入れることができます。
このようなまずはお金を手に入れて、そこから次に時間を手に入れようというルートが一般的には多いと思います。

こうなれば当然ですが時間を犠牲にします。
ただ、ここでお金を求めるだけの考え方というものは、概念ドラッグの悪影響を受けて僕たちの能力や幸福度を下げてしまいます
僕も実際に大学生の頃から10年ぐらいは一生懸命働いてある程度形にしようと思ったので我慢できましたが、普通の人が時間を手に入れることができるぐらいの一定の資産を手に入れようと思えば、時間としてはほぼ一生働かなくてはいけないぐらいになってしまいます。
そうなると、概念ドラッグの悪影響を受けつつ時間を無駄にしやすくなります。
そこでどのようにしてバランスを取っていけばいいのかというのが今回のテーマになります。

スポンサーリンク

\本日の人生変わる1冊/

ありがたいことに、僕の影響で本を読むようになったというような声をよくいただきます。
ですから、最近読んで面白かったけれどまだ紹介したことがない本も結構ありますし、ずいぶん以前に紹介しておそらくあまり皆さんが読んだことがないであろうという本も今後は紹介していきたいと思います。

今回は時間とお金がテーマですので、そんな時間にまつわるおすすめの本を紹介しておきます。

【マッカーサー賞を受賞した天才が明かす時間の作り方】いつも「時間がない」あなたに 欠乏の行動経済学

マッカーサー賞を受賞した天才科学者が明かす時間の作り方について教えてくれる本です。
いつも時間がないと言っている人は、どんな判断や行動をしているために時間がないという感覚が生まれてしまっているのか、そもそも時間がないというのはどういうことなのか、ということを行動経済学的に教えてくれる本です。
行動経済学というのは心理学的な手法で経済を分析するという学問で、多くの人は時間がないというのはただただ物理的に時間がないということだと理解していますが、時間がないというのは余裕がないということだと読み替えるべきだということが分かると思います。

\本日の人生変わるガジェット /

時間にまつわるおすすめのガジェットも紹介しておきます。

僕は今では1日中でも本を読むことができますが、これは元々そうだったわけではありません。
学生の頃も勉強を継続するということがとても苦手でした。
調べるのが好きだったので、興味や疑問を持った時にそれを調べたりするのは好きでしたが、机に向かってひたすら勉強したり1冊の本をじっくり読むという事ははっきり言って苦手でした。

そんな僕がどうやって勉強や読書に向き合う集中力を鍛えたのかというと、タイマーを使って鍛えました。
タイマーだったらスマホを使えば良いという人もいるでしょうが、余計な情報やアプリに惑わされてついつい気が逸れてしまいます。

スポンサーリンク

とはいえ、いわゆるキッチンタイマーだと味気ないですしゲーム性が欲しいと思いました。
それで僕が学生の頃に使っていたのはサイコロ型のキューブタイマーというもので、キューブタイマーは5分とか10分とか15分と数字が書いてあって、例えば5分の面を上にして置くと5分のタイマーをセットすることができるというものです。
これを使ったことで勉強も読書も結構できるようになりました。

例えば、自分の苦手な科目や得意ではない勉強であれば、このキューブタイマーを使ってまずは5分から始めれば良いわけです。
慣れてきたら10分にして、それにも慣れてきたら15分にするっていうように徐々に集中時間が進化していきます。
ゲームでレベルが上がっていくようにゲーム性を持たせてモチベーションを保っていました。
このキューブタイマーがいつのまにかどんどん進化していましたので、今回はそれを紹介しておきます。

【DaiGoの読書癖をつけたキューブタイマーの最新型】TickTimeタイマー

僕自身はキューブタイマーを学生の頃から使っていたことで、それによりかなり年収が上がった自負がありますので、少し高いですが十分に元は取れると思います。
しかも、瞑想やHIITにも使えるようになっていて結構便利だと思います。
これは USB で充電することができて、僕が使っていた頃のは徐々に時間が慣れてきたら時間を増やすので、3種類ぐらいのキューブタイマーを使っていましたが、デジタルで1つでまかなうことができるので、その点でも便利だとは思います。

【ついに日本上陸!最強電動歯ブラシ】

Curaprox 音波式電動歯ブラシ ブラックイズホワイト

僕はこの歯ブラシが本当に良かったので日本で広めたいと思っているくらいですが、僕自身が色々な電動歯ブラシを試した中で一番最強の電動歯ブラシです。

Craprox
¥1,980 (2021/06/24 09:15:29時点 Amazon調べ-詳細)

\DaiGoの最新刊/

超決断力―6万人を調査してわかった 迷わない決め方の科学

こちらは僕の最新刊なのでよければチェックしてみてください。

スポンサーリンク

\本日の無料オーディオブック/

【1冊無料】ムダに悩まない理想の自分になれる 超客観力

自分が何のために生きているのかということが明確になると、時間というものは上手に使うことができるようになります。
僕の場合は余った時間や隙間時間があれば全て読書に捧げようと思っているので、そうなると何もせずぼんやりしている時間はなくなります。

このような自分は空いている時間はすべてこれに捧げるというような目的が見えると、それだけで人間は余計なことをする時間が減り集中力も高くなってきます
そんな自分にとって本当に大切なものを見つけるためにこの本をぜひ使ってみてください。

repicbook
¥1,540 (2021/06/23 19:55:27時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはオーディオブックであれば1人1冊ですが無料で聞くことができるキャンペーンの対象になっています。
ぜひこの機会に役立てていただけたらと思います。

▼その他の無料オーディオブックはこちらから

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

概念ドラッグを突破するための7つの戦略

では本題に戻って、まずは概念ドラッグ対策として、時間よりもお金を大切にしてしまうメンタリティーを突破する戦略を紹介していきます。

概念ドラッグ対策その1 :小さな Why ノートをつける

スマホやゲームをして時間を無駄に費やしているのにそれに気づいていない人は結構多いです。

皆さんは昨日1日の時間を有意義に使うことができましたか?

このような質問をすると、仕事や勉強などやらなくてはいけないことがあったけれど、なんとなく無駄なことをしてしまったような気もすると答える方が結構いると思います。
そこでもう1つ質問をします。

スポンサーリンク

具体的に何にどれだけの時間を無駄に使いましたか?

こうなるとほとんどの人が答えられません。
もしくは、気づいてもいません。
例えば、1時間以上スマホのゲームをしていたり、なんとなく机の片付けをしたりしているけれど、それに気づいていません。

つまり、ほとんどの人は時間を無駄に使っているということは分かっているけれど、何にどれだけの時間を使っているのかわかっていません
自分が時間を大切にするためにどこに対処すればいいのかをわかっていません。

ここでポイントになるのは、普段自分がしないことで時間を無駄に使ったという時にはそれに気付けます。
嫌な人から連絡が来たり、上司の小言や無駄な会議で1時間浪費すれば、そんな時間は長く感じますし、その時間があればあれもできたこれもできたとずっと思うはずです。

僕たちが一番時間を溶かしてしまうこととは「習慣化された暇つぶし」です。
ちょっとした暇つぶしが完全に僕たちの体に染み付いて習慣化されていて、それによる時間の浪費に気付かなくなっています。

例えば、完全に習慣化された行動というものは全く意識せずにできたりするので、歯磨きをしただろうかとか、お風呂でリンスしただろうかというように、一瞬分からなくなるようなこともあると思います。
習慣化された行動は無意識にしてしまいます。
ですが、それが意識的にしたことであっても無意識のうちにしたことであっても、それにより時間を使うことには変わりありません。

スポンサーリンク

習慣化された暇つぶし対策

ですから、その習慣化された暇つぶしというものが、僕たちの時間を溶かしてしまう大きな原因のひとつです。
これを解決するための方法が、小さな Why ノートをつけるという方法です。

1日の時間の使い方をノートやメモに書き出して、それぞれについて3つの質問を投げかけて、無駄な時間の使い方を再度意識しようというものです。

まず1日の自分の時間の使い方を書き出す時には、スケジュール帳を見てもいいでしょうが、おそらくほとんどの人が間に色々な小さなことをしています。
ですから、自分が何か行動しようとした時にはそれをメモしておいてください。
1日の行動をすべて記録したら、それを後から見直します。

そのリストを見ながら・・・

自分はなぜその行動をしたのか?

その行動は自分の1日に何か価値を与えただろうか?

その時間を別の自分のやるべきことに使えなかっただろうか?

この3つの質問を投げかけてみてください。
自分がした行動の1つ1つに対してこれらの質問を投げかけて考え直してみてください。
それを記録しておくことで、自分がどんなことでどんな無駄な時間を費やしているのかということが見えてきます。
この記録をする時にスマホで行っても構いませんが、そのスマホを手に取った瞬間についつい動画を見てしまったりゲームを始めてしまう人がいるので、僕としては紙のノートやメモ帳を使った方がいいと思います。

スポンサーリンク

例えば、僕の場合には、トレーニングをしようと思った時に「そういえば玄関の Amazon のダンボールを片付けなければ」と思いついて片付けを始めたり、「そういえば洗い物をしなければ」と思いついて洗い物を始めたり、「そういえば・・・」という言葉を起点に、ついついやるべき事の先延ばしが起きたりするということを自分でも認識することができました。

であれば、この「そういえば」という言葉が思いついた時に、どう対策しておけばいいのかということを考えれば良いということになります。
僕の場合であれば、そこで思いついたことはメモしておいて後でまとめてするということにしています。
このようにして続けていけば価値がある充実した1日にしていくことができます。

2度とやらないリストにまとめていく

そして、これをさらに推し進めていく方法があります。
Why を投げかけてもつまらない答えしか思い浮かばない行動は、先ほどの習慣化された暇つぶしです。
この理由のない習慣化された暇つぶしになっている行動を見つけて、それを2度とやらないリストに加えていきます。

これを積み重ねて余計な暇つぶしを消していくと、1日を無駄なくすっきりと使うことができるようになります。
習慣化された暇つぶしをリストにして、それを意識しておくことで、いつのまにかしてしまう余計なことに時間を使わなくて良くなります。
ここまで出来るようになれば、1日の仕事や勉強などやるべきことも驚くほど早く終わるようになります。
実際に試していただければ、少なくとも1日の仕事終わりの時間が1時間は短縮されるはずです。

ここから先は、Dラボの方で、どのようにして2度とやらないリストを作っていけばいいのかという具体的な話と、残りの溶けた時間を取り戻すための戦略について解説していきます。
今なら20日間無料で使うことができますので是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

続きはDラボから
\Dラボ20日間無料⏩/
本1冊の半分の値段【月599円〜】で
毎月20冊以上【30,000円以上】の書籍・論文の知識が1日あたり【わずか10分】で学べる

時間を溶かす【概念ドラッグ】の恐怖
\本日のオススメ📚/

\本日の人生変わる1冊📗/

【マッカーサー賞を受賞した天才が明かす時間の作り方】いつも「時間がない」あなたに 欠乏の行動経済学

\本日の人生変わるガジェット🧬 /

【DaiGoの読書癖をつけたキューブタイマーの最新型】TickTimeタイマー

【ついに日本上陸!最強電動歯ブラシ】Curaprox 音波式電動歯ブラシ ブラックイズホワイト

Craprox
¥1,980 (2021/06/24 09:15:29時点 Amazon調べ-詳細)

\DaiGoの最新刊📘/

超決断力―6万人を調査してわかった 迷わない決め方の科学

\本日の無料オーディオブック📕/

【1冊無料】ムダに悩まない理想の自分になれる 超客観力

repicbook
¥1,540 (2021/06/23 19:55:27時点 Amazon調べ-詳細)

▼その他の無料オーディオブックはこちらから

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:Ashley Whillans (2020) Time Smart: How to Reclaim Your Time and Live a Happier Life

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-お金・ビジネス, 目標・成功
-, , ,

Translate »

© 2021 Mentalist DaiGo Official Blog