人間関係

嫌われる話し方

投稿日:2018年5月23日 更新日:

話している時にそもそもテーマですべっている人が結構います。

一番話してはいけない内容は以前も話した同じ話です。人が一番退屈に感じるのは同じ話を聞かされることで、同じ話を聞かされれば聞かされるほど自己中に見えてしまうということがウェイクフォレスト大学の研究によってわかっています。

同じ話を聞かされるのは当然ながらだれでも嫌です。それは当たり前なんですが自己中に見えてしまいます。
ですから、話題にはバリエーションを持つことが大事です。

雑学を繰り出す人もいますが、これも話し方があります。
知識をひけらかすのではなく、相手がいってきたことに関して少しだけ雑学を付け加えるようにして求められてから話すようにしてください。

会話をする時にやってはいけないこともあります。
決めつけや断定発言で魅力は損なわれるということがメリーランド大学のカウンセラーを対象に行なった研究によってわかっています。選択肢や可能性を提示するように提示するように話すことが大事です。

普段会話している時に、〇〇するべきだとかアドバイスを求めているわけでもないのに決めつけて断定的に言ってくる人がいますが、これは嫌われます。
そうではなく、Aという方法もあるしBという方法もあるよ等と2択3択で相手に選択肢を提示するようにしてください。
断定が良いのは専門家の講演やスピーチなどだけです。
前提として相手の決断する権利を奪うような話し方は避けたほうが良いです。

冷静に考えると当たり前なんですが、結構やっている人がいるので気をつけてください。

タグ

-人間関係
-

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.