お金・ビジネス 人間関係

あげると無意識レベルで嫌われるプレゼント【劣等感を抱かせるやばいプレゼント】

この知識はこんな方におすすめ

  • プレゼント選びが苦手
  • 印象の良くなるプレゼント選びを知りたい

あげると損をしてしまうプレゼントとは?!

今回はあげると損をしてしまうプレゼントについて解説させてもらいます。

プレゼントをあげようとする時には何かと迷うことが多いと思いますが、実は、あげることによってかえって相手から嫌われてしまうかもしれない意外なプレゼントがあるという研究がありました。

プレゼントに限らずお金の使い方というものはとても難しいものです。
例えば、自分が幸せになったり相手に幸せになってもらうためにはどんなものにお金を使えばいいのかとか、どのような活動にお金を使うともっと幸せになるのか、人生がうまくいくのかというのは結構難しいものです。

そんなお金の使い方をどのようにすると幸せになることができて、人生で成功する人はお金に対してどんな考え方をするのかというようなお金に関する心理学については、僕の独自動画配信サービスであるD ラボ で詳しく解説した動画を配信しています。

最近配信したミリオネアの科学では、お金持ちになる人たちを調べてみたところ、その89%の人に共通していたある習慣があったというような話もあります。
今なら20日間無料で使うことができますので、ぜひそちらも併せてチェックしてみてください。

【ミリオネアの心理学

喜びそうなのに‥もらったら嫌な気分になってしまうプレゼント

今回はプレゼントに関するお金の使い方についてですが、貰ったら喜びそうな気はしますが、実際には貰ったら嫌な気分になってしまうプレゼントがあります。

2020年にカリフォルニア大学などの研究チームが405人の男女を集めて、最近もらったプレゼントについていろいろとアンケートを取りました。
そのプレゼントをもらったことによってどのような感情を抱いたかということやプレゼントをくれた相手に対してどのような印象を持ったのかというようなことをチェックしたところ、それにより意外な事実が判明しています。

ちなみに、皆さんは人が一番喜ぶプレゼントは何だと思いますか?

人によって違うだろうと考えると思いますが、一応先行研究では現金をあげた方がかえって喜ばれるのではないかというものもあります。

人間には自分がプレゼントをあげる時に驚いてくれるだろうというような気分を多めに見積もる傾向があります
逆にサプライズでプレゼントをもらったという時にリアクションに困ったという経験がある人も多いのではないでしょうか。

これは人間はプレゼントを考える時に、相手が使うかどうかとか必要かどうかということを見積もることがとても苦手で、これをプレゼントすればサプライズになるだろうというようなサプライズ感を無駄に重要視してしまうからです。

そういうこともありプレゼントでは現金や商品券が良いのではないかという先行研究があったわけですが、それは現金や商品券を実際に貰ったら本当にもらった相手は喜ぶのかということを調べてみたところ、どうやらそういうことではなかったというのがこの研究の興味深いところです。

例えば、ギフトカードやクーポン券、会員権など、それをもらうことによってお金を節約することができるプレゼントをもらうと喜びそうな気がすると思います。
ところが、実際にそれをもらった人たちの感情を調べてみたところ、それを受け取った人は羞恥心や恥ずかしさ、その他のネガティブな感情をより大きく経験するようになっていたということが確認されています。

お金にまつわるようなプレゼントをもらうと自分のネガティブな感情が湧き出てくるということです。

さらに、そのネガティブな感情を感じるのと同時に、そのプレゼントをくれた相手は自分のことを下に見ているのではないかということを感じてしまっていたということも分かっています。

つまり、ギフトカードや商品券などのお金の節約になりそうなプレゼントをあげてしまうと、それを貰った相手は自分のことを下に見られたと無意識に思ってしまうということです。

×「お金の節約になるプレゼント」

もちろん、それを貰って喜ぶ人もいます。
これについても調べられていて、お金に困っている人ほどギフトカードや商品券などのお金に近いものをもらうと自分が下に見られているというネガティブな感情が大きくなっていたということです。

ですから、お金に困っているのであればお金にまつわるようなものをもらえば喜ぶような気がすると思いますが、実際にそれを貰うと自分が下に見られているとネガティブに考える傾向が強かったということです。

ギフトカードや商品券をプレゼントするのもいいのかもしれませんが、基本的には欲しいものを聞いてそれをプレゼントした方がいいのかもしれません。
サプライズを下手に意識するよりも率直に相手の欲しいものを聞くというのが良い方法なのかもしれません。

それでも、相手に欲しいものを聞くというのも無粋な感じがするしサプライズ的なプレゼントをしたいという人もいると思います。
この研究ではそのような人におすすめのプレゼントについても調べてくれています。

ある目的をもって使うものに関しては、自分が下に見られたというようなネガティブな感情が出てしまうという悪影響がなかったということです。

それは時間の節約になるプレゼントです。

〇「時間の節約になるプレゼント」

時間の節約になるプレゼントであれば、相手がネガティブな感情を感じることなく喜んでくれたということが分かっています。

例えば、最近僕が買ったものであれば最新のブラーバジェットがあります。
猫がいるので毛が落ちるということがありルンバが掃除してくれますが、やはりその後に拭き掃除もしたいわけです。
その拭き掃除も全て自動で行なってくれるので、掃除にかかる時間をまるごと節約することができます。

このような今までしていたことが楽になったり時間の節約になるプレゼントであれば、もらった人は良いイメージを持ちやすくなるということですので、皆さんも誰かにプレゼントをあげる時には相手に欲しいものを率直に尋ねるか、相手の時間の節約になる便利グッズなどをあげるようにして頂けると印象も良くなり人間関係も良くなると思います。

この時間の節約になるという観点では、自分がお金を使う時にも全く同じ傾向があります。
自分の時間の節約になるようなお金の使い方をすると、人間の幸福度は上がります。

それによって浮いた時間の分リラックスすることも出来ますし、他の事も出来るようになりますので、迷った時には自分に対しても相手に対しても時間の節約になるようなものを買ったりプレゼントするということを覚えておいてください。

お金と時間で得をするためのおすすめ

プレゼントでも自分のために買うものでもどうせお金を使うのであれば得をしたいはずです。
そんな得をするお金の使い方や時間の使い方に関してはさまざまな研究が行われていて、例えば、時間の使い方もちょっと工夫するだけで1週間に40時間の余分な時間を作り出すこともできるということも分かっています。
お金に関しても、余計な使い方をなくして自分や他人がより幸せになるお金の使い方もあり、そんな内容についてより具体的に解説しているのが僕の独自動画配信サービスである D ラボ です。

「お金で得する人、損する人の心理学」
週40時間の自由を作り出すための超時間術~時間認知のゆがみを矯正して失われた時間を取り戻すには

いくつかおすすめの動画も紹介しておきますが、「お金」「時間」などで検索していただけると、ご自分に合う動画を見てることができると思います。

時間やお金を節約してもらい自由な時間を作ったり一財産築くための方法などについて解説した動画があります。
今なら20日間無料で使うことができますので、ぜひチェックしてみてください。

自由な時間を作るためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、時間を節約して自由な時間を生み出すための僕の本を紹介しておきます。

実務教育出版
¥1,540 (2020/10/23 11:34:22時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは先ほど紹介したようなちょっとした工夫により1週間で40時間の自由な時間を十分に作り出すことができる方法などについて詳しく解説しています。



さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
【ミリオネアの心理学
「お金で得する人、損する人の心理学」
週40時間の自由を作り出すための超時間術~時間認知のゆがみを矯正して失われた時間を取り戻すには

今なら20日間無料!

今回のおすすめのアイテム
実務教育出版
¥1,540 (2020/10/23 11:34:22時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊がAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

『究極のマインドフルネス』
『超健康法』
『超客観力』
『超習慣術』
ベストセラーも無料↓

『超読書術』
『超集中力』
『超選択術』
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力者の1人である鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

免責事項:本内容は、心理学の面白さを伝えることを目的として、参考資料や過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。
参考:Alice Lee-Yoon et al.(2020)Overcoming Resource Scarcity: Consumers' Response to Gifts Intending to Save Time and Money

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-お金・ビジネス, 人間関係
-,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog