おすすめ本 人間関係を考える 感情表現を鍛える

『弁証法的行動療法(DBT)のおすすめ本』

『弁証法的行動療法(DBT)のおすすめ本』

受け入れる力を鍛えるためのおすすめ

そして、受け入れる力を鍛えておくことも重要になります。
この受け入れる力のためには、弁証法的行動療法(DBT)がおすすめです。
この弁証法的行動療法のためには、これらの本がとても参考になります。

¥1,650 (2021/08/01 05:35:43時点 Amazon調べ-詳細)

弁証法的行動療法というのは、過去にとらわれたり未来への不安を感じすぎていると今に集中することができなくなってしまいますので、自分の感情が過去や未来に飛んでしまったり、嫌な人間関係や問題に飛んでしまった時に、どのようにして自分の感情を受け入れて前に進むのか、どのようにしたら自分の感情と上手く付き合うことができるのかということを教えてくれる認知行動療法です。

自分の感情や気分に振り回されて仕事の生産性が安定しないとか、人間関係での問題を起こしがちな人は、弁証法的行動療法を実践してもらえると、それだけで人生を生きるのがかなり楽になります。

紹介している記事はこちら

批判と嫌がらせに負けない話術〜言いたいことが言えない自分変える方法③

今回は、批判にも嫌がらせにも負けないは話術として、言いたいことが言える自分になるためのアサーティブコミュニケーションに関するテクニックになります。このいいたいことが言えない自分を変えるためのシリーズとして、特に批判や嫌がらせなどの誰にとっても一番受け入れがたいものについてです。

続きを見る

 

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-おすすめ本, 人間関係を考える, 感情表現を鍛える

Translate »