メンタル強化 健康・ダイエット

ストレスホルモンを無害化する方法

この知識はこんな方におすすめ

  • 日々ストレスを抱えている
  • ストレスに強くなり成功したい

仕事のストレスや子育てのストレス

今回はストレスホルモンを無害化する方法について紹介させてもらいます。

ストレスが溜まって日々何かと大変だという人も多いと思います。
このストレスに対してはやはり強い人と弱い人がいます。
ストレスを大量に溜め込んでそれを発散することができないという人もいるでしょうし、もともとストレスが少ない人もいればストレスを多く受けていても上手に発散することができている人もいます。

ストレスというものは上手に発散することが大事だと言われてきたわけですが、特定の条件を揃えることができれば、自然と皆さんの体内でストレスホルモンが無害化されて体に悪影響が起きないようにしてくれるかもしれない方法が見つかっています。

このようなストレスについては、僕の動画配信サービスである D ラボの方では、科学的なストレス対策だけでなく、ストレスがかかっている状況下であっても集中力を維持することができる方法など、様々な人生を変える方法について科学的に解説した動画を配信しています。

「ストレス対策」

今なら20日間無料で使うこともできますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

筋トレによるタンパク質で・・・

今回参考にしている研究はマウス実験の段階ではありますが、希望が持てそうな研究ですので参考になると思います。

これは有名な科学誌である『Cell』に出ていたもので、遺伝子操作を行いPGC-1α1というタンパク質が多いマウスを使い実験を行っています。
このPGC-1α1というタンパク質は筋トレで鍛えた筋肉の中にたくさん存在していると言われている少し特殊なタンパク質です。

そのタンパク質が多いマウスと普通のマウスにストレスを与えた時に、どちらの方がストレスに強くなるのかということを調べた実験です。

ストロボの光を見せたりうるさい音を聞かせたりしてストレスを与える状況を作っています。
かわいそうな気もしますが、冷静に考えると夜中にスマホのライトを見ていたり、満員電車に乗ったり上司に怒鳴り散らされたりしている人も結構いるでしょうし、人間が受けているストレスと非常に近いストレスだとも考えられます。

その結果興味深いことが分かっています。
PGC-1α1というタンパク質が多く筋トレをして筋肉が発達している状態と近い状態になっているマウスはうつ病を発生しづらいということが分かっています。

PGC-1α1というタンパク質が多ければ多いほど、どうやらストレスホルモンを無害なものに変えてしまうという作用が強くなるということが示されています。

皆さんも筋トレや運動をした後にはすっきりした気分になることが多いのではないでしょうか。

筋トレを始めた人たちがよく感じるのは、集中力が増したとか新しいことにチャレンジすることができるようになったとかイライラしづらくなったということが多いと思います。

今回の実験はマウス実験ではありますが、筋トレや運動によって人間の筋肉の中にもPGC-1α1というタンパク質が生まれて、それが僕たちのストレスを上手に無害化してくれているのかもしれないと考えられます。
このような作用が働くので筋トレによってストレスに強くなるということなのかもしれません。

人間のストレスというものは IQ を下げたり判断ミスを増やしたりする傾向が増えてしまうものです。
ですから、うつ病にまでならなくてもストレスを処理する能力の高い人の方が社会的にも経済的にも成功しやすいということもあります。

「ミリオネアの心理学」として解説している動画があり、ミリオネアたちがしている習慣としてはどんなものがあるのかということを調べた研究でも、多くのミリオネアたちが筋トレや体を動かす習慣を持っていました。

「ミリオネアの心理学」

これも余計なストレスを抱えることによってお金を稼げなくなってしまうような脳機能の低下を運動によりおそらくは防いでいるということなのかとは思います。
ですから、やはり運動というものは大切だということです。

これまでもやはり運動することによってうつ病の改善に効果があるというようなことも言われてきましたし、うつ病を治すために運動療法というものも使われてきました。

これは運動することによってアドレナリンが分泌され、そのアドレナリンによってネガティブな感情が改善されるのではないかと言われてきましたが、今回の研究では、運動や筋トレによってそのストレス自体を消してくれる効果があるのではないかということを示したわけです。
脳のデトックスは筋トレだということがこの研究から示唆されたことです。

皆さんも自分自身がストレスに強くなるという意味も含めて筋トレを始めてみるのも良いのではないでしょうか。

これはおそらく子育てのストレスなどにも非常に有効だと思いますので、子育て中のお母さんもこれを機にスタイルを良くするということも含めて筋トレを習慣にしてみるというのもいいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

D ラボ でおすすめ動画をチェック

今回のおすすめの動画としては、先ほど紹介した「ストレス対策」「ミリオネアの科学」について解説した動画を紹介しておきます。
D ラボ は今なら20日間無料で使うことができますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

ストレスに打ち勝つためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、ストレスに打ち勝つためのおすすめの2冊を紹介しておきます。

大和書房
¥880 (2021/08/01 17:03:35時点 Amazon調べ-詳細)

どちらもケリー・マクゴニガルという先生が書かれた本ですが、こちらはストレスに対して全く新しい視点を与えてくれる本です。
ストレスに対する考え方を変えるだけで、分泌されるストレスホルモン自体が僕たちの人生に役に立つものに変わってしまうという画期的な研究などを教えてくれるとても参考になる本です。

¥1,672 (2021/08/01 21:17:14時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの本は運動することによって人の人生がどのように変わっていくのかということをストーリーも含めて教えてくれるので、こちらは科学が苦手な人でも読みやすい本だと思います。



さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
「ストレス対策」
「ミリオネアの心理学」

今なら20日間無料!

今回のおすすめ本
大和書房
¥880 (2021/08/01 17:03:35時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,672 (2021/08/01 21:17:14時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊がAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

『究極のマインドフルネス』
『超健康法』
『超客観力』
『超習慣術』
ベストセラーも無料↓

『超読書術』
『超集中力』
『超選択術』
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力者の1人である鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

免責事項:本内容は、心理学の面白さを伝えることを目的として、参考資料や過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。
参考:https://www.cell.com/cell/fulltext/S0092-8674(14)01049-6

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-メンタル強化, 健康・ダイエット
-

Translate »