メンタル強化

鬱がコミュ障を加速する理由と対策

2019年2月6日

DaiGo MeNTaLiST

実際にうつ病で病気の方は実際に病院に行ったり適切な治療をするべきということは大前提ですが、うつになりやすいとか、日常の中でも症状に波が出て悩んでいる人もいると思います。なぜ、うつとコミュ障が関わってくるのか?

他人の感情に鈍くなる

うつのことを知らない人からみた勝手なイメージだと、うつの人はとても繊細でナイーブでちょっと何か言われただけでふさぎ込んでしまうというようなイメージを持っていることが多いと思います。
ところが、実際にはもうひとつ別の傾向もあり、鈍感力が高まります。これは悪い意味での鈍感力です。うつ状態の人は他人の感情への反応が鈍くなるということがわかっています。つまり、自分の感情に対してはとらわれてしまいますが、他人がどのように思うか、何を考えているのか、楽しいのか楽しくないのか、ポジティブなのかネガティブなのかといったことがわからなくなってしまいます

うつ状態になると他人の感情が読めなくなり空気も読めない状態になってしまいます。その結果、人間関係がどんどん悪い方向に進んでしまい孤立しやすくなってしまいます。
うつになることでコミュ力が低下する、コミュ力が低下するのでどんどん孤立するということが起きてしまうわけです。ということは、コミュ力を鍛えることが出来るのであれば、うつも改善するのではないかということを調べようとした人達がいます。

マインドフルネスでコミュ力が上がるのか

マインドフルネス(気づき)に関する研究が様々に行われていますが、その中でマインドフルネスにより脳が変わり他人の感情に対し鈍感になることを防ぐことが出来るのではないかということを調べた研究があります。
イギリスのバンガー大学の実験で40名ほどの16〜18歳の学生を対象にふたつのグループに分けて、一方には8週間の瞑想などのマインドフルネストレーニングを受けてもらい、もう一方には何もしませんでした。この際のマインドフルネストレーニングではイギリスのマインドフルネス団体が子供向けに作ったプログラムで「.b」(ドットビー)というテクニックがあり、瞑想や人の話への傾聴や食事に集中するというようなものです。合わせて、僕が動画や記事で紹介しているような感情に対する対処の仕方も教える科学的根拠に基づくプログラムです。例えば、人間は衝動で直感的に物事を決めてしまう判断とじっくり考えてから下す判断する2つの心があるということや、怒りの感情はネガティブな感情ではなく実は問題解決能力を高めてくれるので意味のあるものだといった心理学で自己コントロール能力に対する知識も含まれています。そのプログラムを1回50分を8セッション行い、終了後に全員の脳の状態からストレス度や共感能力、幸福度をチェックし、脳波を計るテストも行いました。被験者たちには、人が写った写真から感情を読み取れるのかを調べました。その写真は、20%が幸せそうな表情・20%は悲しそうな表情・それ以外は普通の表情で、出された写真を見て幸せなのか悲しいのかパッと推定するというテストを行い、推定した瞬間の脳波を調べました。
これは、脳の中の人の感情に共感したり気持ちを読んだ時に出るERPsという反応がメンタルが病んでいる人やうつ傾向のある人は鈍るのでその反応を脳波で計ることでマインドフルネスにより脳の状態も変わりコミュ力が上がっているのかがわかるのではないかという実験です。
その結果、8週間のマインドフルネスの「.b」のプログラムを受けた学生たちは受けなかった学生たちに比べて、共感能力・ストレスレベルはさほど変わりませんでしたが、幸福度だけは上がりました。ですので効果はないのかと思われましたが、脳波にははっきりと差が表れていて、幸せそうな表情や悲しそうな表情に反応するスピードが早かったという結果が出ています。つまり、他人の気持ちに対してより早く反応することが出来るようになったということです。すなわち、コミュ力が改善されたのではないかということです。

共感能力自体は変わっていないのにスピードは上がっているという点には若干気になる点も残りますが、自分の感情や他人の感情に反応しやすくなるのは間違いないといえますから、この反応しやすいというのは気がきくという意味ですし、自分の感情に反応できる(マインドフルになれる)ということは自己コントロールに繋がるし、他人の感情に反応できるということはその感情に合わせたコミュニケーションもとれるのでコミュ力も上がるということです。そういう意味でマインドフルネスは効果があるといえます。

うつ傾向の高い人や凹みやすい人は他人の感情に対する反応が減ってしまうので、ポジティブな感情にもネガティブな感情にも気づけないために共感ができなくなります。ですから、マインドフルネスや瞑想によりメンタルも強くなりコミュ力も同時に上がったと言えるのがこの実験ということです。

まとめると

うつになるとコミュ力が下がります。それは他人の感情に気付きにくくなるからです。ですから、瞑想やマインドフルネスによりその鈍感さだけでも取り除くことができれば、たとえ凹んだとしても助けてくれる人はまわりに残ってくれます。そうして、感情の浮き沈みの涼む部分を抑える事ができれば多少の波はあっても落ち着いた精神状態でいられるのではないかと思われます。
瞑想などは時間もお金もさほどかかりませんので是非実践してください。

科学的に根拠のある正しい瞑想のおすすめ動画
メンタルを鍛える瞑想の基本
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1456909727
瞑想以外でもできる日常生活のマインドフルネス入門
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1492600272
瞑想や運動がいいのはわかるけど…なかなか続かないなら習慣化の科学
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1508493708


他の人はこちらも検索しています

-メンタル強化
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.