恋愛・結婚

デートがうまくいく3つの心理学的ポイント

デートがうまくいく3つの心理学的ポイント

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • デートでスベりたくない
  • 仲が深まるデートコースを考えたい

+ この知識を動画で見るならこちら

スベらないデート3つのポイント

デートでスベらないための3つのポイントを紹介させてもらいます。この3つを抑えるだけで低予算で出来る科学的なデートのポイントです。
何度もデートをしているカップルや夫婦で参考にしていただいても結構ですが、基本的には、まだ恋愛初期でこれから仲良くなりたいとか、勝負をかけたいと思っている時に使えるポイントです。

スベらないデートの基本その1:一緒に甘いものを食べる

一つ目は一緒に甘いものを食べるということです。
まだ関係の浅い相手とデートをする場合と長く付き合って関係が深くなっている相手とデートをする場合では、最適なデートコースが少し変わってきます。
その中でもかなり変わってくるのが、スイーツの効果です。
まだ関係が深まっていない相手とのデートの場合は、一緒に甘いものを必ず食べるようにしましょう。
男性が甘いものが苦手という場合にもできるだけ女性に合わせて食べた方がいいですし、実は、最初のデートでスイーツを一緒に食べるというのは結構ポイントが高いです。
これは、オレオクッキーを使った実験で判明していることですが、相手がまだ関係が浅いパートナーの場合、あるいは、まだ付き合ってはいないという相手とデートをする場合は、デートで一緒にスイーツを食べるとなぜか相手に対する好感度が上がったという結果が確認されています。

これは進化心理学的に考えても納得できる話で、甘いものというのは自然界ではかなり貴重なエネルギー源ですから、一緒にいる時に甘いものを食べることができるということは、その人と一緒にいると食べ物に困らないという生存本能が働くのではないかと考えられます。
さらに、甘いものは止まらなくなったり食べ過ぎてしまうことがあると思いますが、このような甘いものには人を惹きつけるようなある意味魔力があります。このような依存を作り出すような甘いものを一緒にいる時に食べることによって、その甘いものに対してひきつけられるイメージを自分に対するイメージに載せることができるということです。

ですから、まだ関係の浅い相手とのデートの場合には、一緒に甘いものを食べることをお勧めします。男性は甘いものが苦手だったりスイーツのお店に行かない人も多いと思いますが、欠かせないポイントだと思います。女の子に好きなスイーツやお気に入りのお店を聞いておいてもいいのではないでしょうか。

スベらないデートの基本その2:刺激とスリルを共有する

二つ目は刺激とスリルを共有するということです。
昔流行った吊り橋効果というものがありますが、吊り橋を一緒に渡ったグループと丈夫な橋を一緒に渡ったグループを比べたところ、吊り橋を渡ったグループの方が恋をしやすくなったというもので、恋のドキドキ感と吊り橋に対する恐怖のドキドキ感を人間は区別をすることができないので、人間は怖い体験をした後に相手に惚れやすくなるということでした。そのため、お化け屋敷などに一緒に行くのが良いのではないかと言われますが、今回の話はこれとは別で、長く続く気の合うカップルが何が違うのかということを調べた研究があり、それによると、カップルはリラックスした時間を共有するよりもスリルを共有した方が長続きするし関係も良くなるということが分かっています。

ですから、二人の関係を良くするために必要なのは、リラックスしている時間ももちろん大切ですが、どちらかというと刺激や新しい成長を感じることができるような体験を一緒に行った方が二人の関係が長く続くそうです。
まだこれから関係を作っていきたいという二人が何かちょっとしたスリルを感じられるような体験をしてみるのも良いでしょうし、マンネリを抱えていたり関係が落ち着いてきたようなカップルもこのスリルの共有を意識してみるのが良いのではないでしょうか。

とはいえ、このスリルの共有というものがなかなか難しいものです。冬の時期におすすめなのはアイススケートです。それほど高くもないでしょうし、一緒に子供に戻るような気分で楽しんでみるのが良いのではないでしょうか。夏の時期にはマリンスポーツなど一緒にするのがいいとは思いますが、そこそこお金もかかりますので、冬はアイススケートを上手に使うのがいいと思います。

ちなみに、スケートを一緒に楽しんだ後には温かい飲み物を女の子にプレゼントしてあげてください。
温かい飲み物を手に持っている時と冷たい飲み物を手に持っている時では相手に対する印象が変わるのではないかという事を示唆する研究があり、温かい飲み物を手に持っている時には一緒にいる相手のことを温かみのある人だと感じるそうです。一方で、冷たい飲み物を手に持っている時には相手のことを分析力があるクールなタイプだと感じるので、人間味という点では冷たい印象を持たれやすいということです。
大人になってから日常的にスケートをされている方はそうそういないと思いますので、是非刺激でスリルを共有して、終わった後に温かい飲み物をさっと差し出してあげて、温かみをアピールするのがいいのではないでしょうか。

スベらないデートの基本その3:安心感を持ってもらう

これはデートを通して常に意識してほしいポイントですが、すべては相手に対する安心感のためだと考えてください。
リラックスする時間よりも刺激やスリルが大切だという話を紹介しましたが、これは安心感とはまた別の話です。刺激やスリルを感じるような新しい体験を一緒にすることによって、人間は新しい体験をしている時には新しいものに目を向けることができるようになります。
例えば、知らない街や海外に行った時には、街の様子やどんなお店があってどんな商品を売っているかなど細かく人は意識して見ますが、普段過ごしている街や日常的に目にしている風景に対してはそこまで細かく気にしないはずです。
人間は今まで経験したことがない環境に置かれると、周りをちゃんと観察しようとします。それにより自分の新しい面も見てくれるようになります。
まだ付き合っているのか付き合ってるのがいいのか微妙な関係の相手とデートをする場合には、自分の新しい側面に気づいてもらえると、新しい関係に一歩踏み出す可能性が高まります

そういう意味で、新しい刺激を求めてデートをするのもいいですが、それだけではだめです。そのような新しい環境の中でも、この人は結構頼りになると思わせることが必要です。
ですから、男性はデートコースとしては刺激や新しい体験をできるコースを考える必要がありますが、常に自分がパートナーに、あるいは、パートナー候補に対してすることは、安心感をもたらしてあげることです。すべては安心感を持ってもらうためということを意識しておいてください。

よく女の子にお酒を飲ませていい気分にさせて次のステップに進もうとする男性がいますが、これは最悪です。港区女子のように自分から飲みたがる女の子は別ですが、女の子にお酒を飲ませるために一番いいセリフは「無理をしなくていいからね」です。
無理やり飲ませる気もないし、無理をして飲まなくていいと言われると安心感を感じます。安心感により警戒心を解いて心をオープンにする効果が働き、お酒を飲めるようにもなります。相手に楽しくお酒を飲んでもらいたいと思うのであれば、男性は安心感を感じてもらうことが重要です。

ちなみに、女性の性的なモチベーションが高まるタイミングは3つあります。

1. 安心している時

警戒心が解けるとオキシトシンが分泌され人との繋がりを求める感覚が強くなるので、データの基本中の基本として、女の子に安心感を与えるということは大切です。

2. お腹が空いていない時

食べた直後は別ですが、お腹がいっぱいになって血糖値がある程度上がっているタイミングです。
エクセター大学の研究によると、女性の満腹中枢と性中枢は隣接しているので、どうやら満腹になっている時の方が女性のそのようなモチベーションが高くなるということがいわれています。

3. テストステロンを感じた時

男らしくあろうとする必要はありませんが、頼りがいがあると感じさせたほうがいいと思います。女性は男性に対してテストステロンを感じた時に魅力を感じやすいということが色々な研究によりわかっています。
テストステロンと言われると男性ホルモンだからやたらと筋肉をアピールする必要があるのかと考える人もいますがそうではなく、この人と一緒にいると安心できるし頼りがいがあると思わせる必要があるということです。
もちろん、筋肉に自信のある人はそれでもいいかもしれませんが、例えば、お店の移動の際の段取りの良さや気配りを上手に行って、その段取りの良さから相手に頼りがいのある人と感じてもらうようにするのがいいと思います。

ですから、安心させてあげて美味しいご飯を食べさせてあげて、段取りよく気分よく過ごさせてあげると、女子もそういうスイッチが入りやすくなるということです。

1日のデートコースとしてまとめると…

まとめると、まずはアイススケートなどに一緒に行ってスリルを共有してください。男性は女性よりも下手だと冷めてしまうでしょうから、自信がない場合には事前に練習しておくのがいいとは思います。当然ですが、相手がアイススケートが上手過ぎる場合はやめておいてください。
スケートリンクでは子供や家族連れもたくさんいてそれが気になるという人もいるかもしれませんが、実は、スケートリンクに子供や家族連れがたくさんいるということがポイントになります。女性は子供や動物に優しい男性に魅力を感じやすくなります。自分に子供が生まれた時にもその人はきっとその子供の世話をしてくれるだろうというアピールになります。それを実際にアピールとして捉える女性は少ないと思いますが、本能的に女性は面倒見のいい男性を求めるようになります。これは進化心理学的に子孫を残すための本能だと思われます。
ですから、アイススケートをしていて子供を見かけたら優しくあげたり話しかけてあげるといいと思います。並んでる時に後ろに子供がいたら先に行かせてあげたり、転んでいる子供がいたら起こしてあげたり、そういうことが自然とできると女子からのポイントが高くなります。

一緒に映画を見るというのもとてもいいと思います。人間は同じ映画を見ている場合には脳の状態がほとんど同じになるということが分かっていますので、映画を見た後には話が合いやすくなります。脳の状態が一緒になっているので映画を見た後にその話題から話をしていくと、気が合うように錯覚しやすくなるということです。
会話が苦手だという人は映画の後にスケートに行ってもいいでしょうし、刺激を感じるためのスケートなどと会話を盛り上がりやすくするための映画というように、組み合わせを考えていくことが大切だと思います。

映画を見たりスケートなどで動いた後におすすめなのは、ぜひ彼女の好きなスイーツを一緒に食べてみてください。
これにより自分のことを気にしてくれているという感覚得るようになりますし、これはちょっと遅めの時間にしておけば、ディナーが軽めでも満足してくれる可能性が高くなるのでお財布の厳しい男性はそのあたりも上手に段取りを考えればいいと思います。

ディナーに関しては相手がグルメであれば、例えば、クリスマスのような時期にわざわざかき入れどきで普段のパフォーマンスが発揮できていないフレンチやイタリアンに行くよりは、和食やお寿司屋さんの方がいいと思います。相手が別にグルメでもないし雰囲気を重視するタイプの場合は、軽めのイタリアンがいいと思います。イタリアンは、ピザやパスタに代表されるような原価率が低くても結構美味しい中毒性の高い食べ物がありますので、一般的には、安上がりでも満足度は高くなると思います。
事前にスイーツを中途半端な時間に食べていますので、軽めのディナーでもかなり満足を得ることができますし、二軒目に行くためにも軽めに済ませておいた方がいいと思います。
二軒目では、雰囲気重視のバーなどがいいのではないでしょうか。できるだけ薄暗いけれど雰囲気重視で、それでも安心できるようなお店がいいと思います。できれば自分の行きつけのお店がいいと思いますが、そういうお店がない場合には、僕のお勧めはフルーツカクテルの飲めるバーです。
なぜフルーツカクテルの飲めるバーをお勧めするかと言うとポイントが3つあります。
一つ目は、フルーツカクテルは甘めにすることもできるしさっぱりとすることもできるので、相手の好みによることなく作ることができるからです。
二つ目のポイントとしては、結構飲みやすくて酔いやすいので、雰囲気を重視してそういう気分に持っていくためにもいいと思います。
最後のポイントとして、普通にバーに誘うと、お酒はこれぐらいでセーブしておきたいとか女性に断られてしまう可能性がありますが、フルーツカクテルの美味しいお店であればノンアルコールもできますし二軒目にスムーズに誘いやすくなるということもあります。

この先の関係に進めるかどうかは、この一日のデートコースの中で皆さんがどれだけ相手に安心感と信頼感を与えたかで決まります
是非参考にしていただけたらと思います。

デートコースは完璧なのに話題選びでスベってしまう人もいます。会話にスベってしまい、二軒目どころか早々に帰りたいと女子に思われてしまうということもあると思いますので、デートのどのような場面でどのような話題を振るとデートの成功率が上がるのかということを解説した動画をお勧めしておきます。
今回のおすすめの本としては、『一度なら許してしまう女 一度でも許せない男―嫉妬と性行動の進化論』を紹介しておきます。男性と女性の恋愛に対する考え方の違いからその関係を読み解いていこうとするとても面白い本です。

モテる人の話題選びとデートコース
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1531757405

誘いに応じやすいタイミングとは?!

モテる会話の特徴とは?!

今回のおすすめ本

リサーチ協力
Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料から考察した科学の面白さを伝えるエンタメです。あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。

知識をさらに検索


他の人はこちらも検索しています

-恋愛・結婚
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2020 All Rights Reserved.