ダイエット・最高の体調

糖質制限の闇!痩せない上に寿命が4年減ることが判明

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

糖質制限で痩せるのはただカロリーが減っているからです。

インスリン抵抗性が改善されたから痩せるという話もありましたがそれもどうやら間違っていたという研究もあります。2014年に糖質制限食とバランス食でどちらのほうが痩せるのか比較した実験があります。
糖質を制限した食事を摂ったグループと、糖質も少し減らすけれど脂質とタンパク質も合わせてバランスよく減らしたグループに分けて調べました。結論としては、痩せるということに関しての効果は変わりませんでした
この実験では過去に行われた様々な実験データを調べて纏める系統的レビューという手法を使って行われました。

糖質制限ダイエットの根拠は?

そもそも糖質制限ダイエットというものは、肥満のもとはインスリンだからインスリン抵抗性を変えることで痩せるという考え方がもとになっています。であれば、糖質制限食とバランス食で比較した場合同じ結果が出るはずはないわけです。糖質制限食の方が痩せないとおかしいはずです。

同一カロリー下で比較

この実験では、糖質制限をして1日1,500キロカロリーしか摂らなかったグループ、バランス食で1,500キロカロリーしか摂らなかったグループで比較しています。
糖質制限をして糖質さえ摂らなければ痩せる、糖質が太る原因だというのであれば、糖質制限のグループのほうが痩せないとおかしいはずです。2年間に渡って肥満の成人の人たちを調査しました。
その結果、体重を減らす効果においても、心疾患などの病気のリスクにおいても、ほとんどその差は確認されませんでした

つまり、糖質の量と体重に相関性はないということです。

結局は総摂取カロリー

糖質を制限することで痩せた、もしくは痩せたような気分になったというのは、例えば、シメにラーメンなどを食べていたけれどそれが無くなったことによって総摂取カロリーが減って痩せているだけです。
ですから、ご飯は食べないけれど肉はガッツリ食べて良いという人もいますが、カロリーを摂れば同じように太ります。

1,500キロカロリーの内の糖質量が4%の場合と40%の場合での比較も行われていて、体重に関しては差はなかったという結果です。さらに、4週間に渡って糖質0%と糖質72%での比較をするとインスリンの分泌量は大きく変わりましたが体重の増減や減り方には差がなかったという結果まで出ています。

どれだけ糖質をカットしようが体重の減り方とはまったく関係がなかったということです。
ですから、糖質を摂ってはダメだとか、糖質さえカットしていれば大丈夫という考え方は間違っています。

ダイエットのための低糖質は命を削っている

有名な医学誌のランセットで、どれぐらいの糖質摂取がベストなのかを調べた研究があります。この研究はなんと15,428名の食生活を25年間に渡って追いかけた観察研究です。

低糖質(総カロリーの40%以下)/ほどほど(総カロリーの50~55%)/高糖質(総カロリーの70%以上)で死亡率を比較しました。その結果、糖質の摂取量が総カロリーの50%前後の人が最も死亡率が低かったということです。
しかも、歳をとるにつれて総摂取カロリーに対する糖質の量が減れば減るほど寿命が縮むということもわかっています。50歳の人が50%程度の糖質を摂り続けると低糖質の人たちに比べて寿命が4年も長くなります。50歳の人のそれ以降の平均寿命を計算すると低糖質な人は+29年、50%程度の糖質を摂る人は+33年、高糖質な人は+32年という結果でした。

つまり、ダイエットのための低糖質はある意味命を削っているといえますので危険です。

狩猟採集民を調べた研究でも、糖質の摂取量はまちまちで20%程度の糖質の部族もいれば、ほとんど芋などを食べていて95%の糖質の部族もいましたが、どちらも健康面では良い状態でした。

寝る前に炭水化物を摂ると太る??

いつ食べようが総摂取カロリーによるので夜に食べると太るということはありません。炭水化物に関してはむしろ寝る2時間前に食べたほうが良いのではという研究もあるほどです。寝る2時間前におにぎり1個分程度の糖質を摂ると睡眠の質が上がります。それにより成長ホルモンが分泌され体についている脂肪が脂肪酸として溶け出して翌日運動すると脂肪は燃えやすくなるということです。

僕の放送などを見てくれていて、ダイエットしていて糖質もバランスよく摂らないといけないと理解されている方には、朝と昼に糖質を抜いて夜に糖質を摂るようにすることをおすすめします。そうするとよく眠れてかえって痩せるようになります。
僕自身も、寝る2時間前に糖質を摂ったり寝る1時間前にキウイフルーツを2個食べます。キウイフルーツを寝る前に2個食べることで睡眠の質が上がるという研究もあります。

老化やヤル気の低下にも

糖質制限ダイエットの危険性としては、野菜やフルーツといったいわゆる穀物の摂取量が減ることがあります。
フルーツ・根菜・穀物の摂取が減るとお腹が空いて肉を食べるようになります。それにより動物性タンパク質の摂取量が増えてしまいます。動物性タンパク質が増えすぎると老化の原因になります。日常的にフルーツを食べない人はヤル気が低下するという研究もあります。
僕の場合はお昼のブルーベリー100グラムと寝る1時間前のキウイフルーツ2個は毎日食べる習慣にしています。

さらには、長期的な糖質制限は身体に炎症を起こしまくり老化を促進し体内に酸化ストレスを与えるから危険です。
炎症が進む条件というものもあり、植物性タンパク質よりも動物性タンパク質のほうが明らかに多い場合に炎症が起きるということがわかっています。

では何を食べれば良いのか?

基本的に加工されていない食品で糖質・脂質・タンパク質をバランスよく食べるべきです。
一瞬痩せたとしても老化が進んだり健康を失っては意味がありません。

どんなバランス食が良いのか?運動はどうすればいいのか?知りたい方はこちらもご覧ください↓

タグ

-ダイエット・最高の体調

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.