心理分析してみた!

Mentalist DaiGo Official Blog

メンタル強化

ポジティブな自己暗示むしろ逆効果なことが判明

投稿日:2018年12月14日 更新日:

DaiGo MeNTaLiST

アファメーション(自己暗示)は効果があるのか?

引き寄せの法則と同様にスピリチュアルな方々の中でよく言われているアファメーション(自己暗示)は科学的に意味があるのか?

引き寄せの法則と自己啓発の嘘についてはこちらの記事も↓

引き寄せの法則と自己啓発の嘘

引き寄せの法則、自己啓発・・・色々な本が出ていますが科学的に見て本当に使えるのか? 結論からいうと、全てではないですが結 ...

続きを見る

僕の意見はともかく、様々な論文を参照すると、意味がなく、むしろ逆効果だということがわかります。

アファメーションの危険性

アファメーションの効果について調べた研究があります。2009年にウォータールー大学で被験者たちを集めて2つのグループに分けました。自己肯定感が高い人と低い人に分けてアファメーション、つまり断言調で自分は魅力的だとか素晴らしいということを唱えてもらい、唱えながら自分の感情を紙に書いてもらいました。
もともと自己肯定感が高い人がアファメーションしながら感情を書いた場合ともともと自己肯定感が低い人がアファメーションしながら感情を書いた場合を比較しました。自分に対して前向きな断定をしてればポジティブになれるのであれば双方の感情が同等に前向きにならないとおかしいわけです。
ところが、もともと自己肯定感が高かった人には特に変化がなかったそうです。つまり、もともと自己肯定感が高い人は自己暗示をする必要はないということです。
さらに、もともと自己肯定感が低かった人はアファメーションによりかえって気分が落ち込んでしまい自己肯定感も下がるという結果が出ています。つまり、もともと自己肯定感が低い人が前向きに自己暗示をすればするほどネガティブな感情が生まれてしまうわけです。

いわゆるシロクマのリバウンド効果と同様で、自己肯定感の低い人はネガティブな感情から目をそらそうとすればするほど否定的な感情にかえって目が向くようになってしまい気分も落ち込んでしまいます。

  • 自己肯定感が低い人が前向きに自己暗示をすればするほどネガティブな感情が生まれてしまう

  • 自己肯定感の低い人がネガティブな感情から目をそらそうとすればするほど否定的な感情にかえって目が向き気分も落ち込んでしまう

この実験は短期的な検証に過ぎませんので長期的な影響までは確認されていませんが、ポジティブシンキングを使ったりポジティブな自己暗示を使ったところで目標達成率が高まるわけではありませんし気分が良くなるわけでもないということが確認されたわけです。

長期的な検証では

この研究の抜け目があるとしたら、この長期的な影響までは検証できていないという点です。その点についても調べた研究があります。

理想の自分の未来像を思い描くと実現する??

理想の自分の未来像を思い描きイメージすることで長期的な夢や理想の自分を手に入れることができるという人達がいますが、理想の自分を思い描けば思い描くほどその理想は手に入らなくなるということがわかっています。

2011年のニューヨーク大学の論文ではポジティブなイメージや空想は実はやる気を奪ってしまいかえって目標達成が難しくなるとされています。

理想の体型やなりたい姿をイメージすると

理想的な体型をイメージしてトレーニングとか、自分のなりたい体型の人を探してその人をイメージしてトレーニングをがんばりましょうという人いますよね?嘘です!
実験では、女性の被験者にダイエットや見た目を意識してモデルのようにきれいになった自分をイメージしてもらいました。そうすると、気分は一瞬良くなりました。ところが、気分が良くなったためにやる気が下がってしまいました。つまり、理想的な自分の姿をイメージしただけで満足してしまい具体的な努力をしなくなってしまいました。むしろ、自分の見た目の良いところと良くしたいところという現実に目を向けた人のほうがはるかにやる気も高まりダイエットに成功したりという成果に結びついていました。ですから、現実を見なくなってしまい努力しなくなるので長期的にみても危険ということです。

有能な自分をイメージすると

さらに、見た目だけでなく、有能な自分をイメージするという実験も行われています。実験ではエッセイで優秀な文を書いて賞金を手にして自分の夢を実現したイメージをしてもらいました。すると、同様にやる気が落ちてしまいました。それだけでなく、満足したことで努力しなくなりエッセイの完成度まで下がってしまいました。
つまり、自分が仕事をデキる人になったり成功したところをイメージするとやる気が落ちて実際は仕事の質まで落ちてしまうということです。

もっと先の未来では?

学生を対象に、成績も良くなり週末も充実しているリア充的な将来の空想を紙に書いてもらい、気分や達成感を調べました。その結果、理想的な自分を思い描くとこちらでも同様にそれで満足してしまい日々のタスクやノルマの達成率まで下がってしまいました

欲望を満足させるイメージが危険

理想の未来を思い描けば思い描くほど手に入れたいものが手に入らなくなります。こういうと引き寄せの法則と真逆ですね。
学生を対象に被験者を、とてもお腹が空いたと思っているグループとテストで良い点数を取りたいと思っているグループの2つのグループに分けました。2つのグループに、自分がお腹いっぱいに美味しいものを食べているところをイメージしてもらいました。
その結果、テストで良い点数を取りたいと思っているグループよりもお腹が空いたと思っているグループの方がやる気が下がるという結果が出ました。
つまり、自分の欲望を満足させるようなイメージをするとやる気が下がるということです。

達成した気分になってしまうような想像はしない方が良いということです。
自分に対して前向きなアファメーションをすると一瞬気分は良くなりますから、そういったものを信じたくなるのも当然ですが、人間の脳は心から欲しているものを手に入れたところをイメージすればするほどやる気が減っていくようになっています。

例えば、ダイエットをしている人がおいしい食事の画像や動画を見るとお腹が空いて我慢できなくなると言われますが、大量に見ると食欲が減るということがわかっています。
それについてはこちらの記事も↓

ダイエットや欲求を抑えるために使えるSNSの使い方

スマホやSNSというと中毒とかネガティブなことが目立つこともありますが、使い方次第です。 SNSも良い方向に使えば、集中 ...

続きを見る

目標を立てることは大事

目標を立ててはいけないということではありませんので気をつけてください。将来なりたい自分を決めてそこから逆算してそこまでの道筋を立てるためにゴールを決めるのは大事です。そのゴールを達成しているところをイメージしたら終わりです。大事にすべきは、ゴールを決めることではなくゴールを決めたらそこに向けて目の前のことに集中していくことです。
目標を達成して理想の自分を手にしたいのであれば、一瞬良い気分になるような本やセミナーに騙されることなく、自分の夢を正しく追っていただければと思います。

ポジティブになるより、ネガティブな感情を利用したほうが成功しやすいことがわかっています。不安や怒り、悲しみすら力に変える方法を知りたいならこちらをどうぞ。闇の力がほしいなら↓
https://nicovideo.jp/watch/1528266684

タグ

-メンタル強化
-, , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.