心理分析してみた!

Mentalist DaiGo Official Blog

人間関係

テレビや週刊誌を鵜呑みにする人の残念な正体とは

投稿日:2019年3月15日 更新日:

テレビや週刊誌を鵜呑みにする人の残念な正体とは

DaiGo MeNTaLiST

テレビ、週刊誌といったマスメディアの言っていることを鵜呑みにする人たちの正体とは何なのか?

僕の紹介してる科学もいつも言っているように科学のというものは覆ることがあるものですから全てを鵜呑みにしてはいけませんし、科学が導き出した結論であってもそれが皆さんに当てはまるかどうかはわかりません。科学は基本的には統計処理をし多くのデータを取っていて、自分でいろいろ試したり誰かのサンプル数1の体験談よりははるかに当てはまる可能性は高いので、まずは科学的な方法を行ってみるのがいいとは思います。ですが、別に僕も科学が全てだとは考えていません。
特にテレビや週刊誌は最近ひどいですが、何か特定のことを盲信してしまう人とはどのような人なのでしょうか。

盲信してしまう人とは?

世代によるものもあるかもしれませんが、テレビや新聞が言っていることはすべて正しいと思っている人がいますし、週刊誌が書いていることをやたらと盲信する人もいます。

テレビや週刊誌、新聞というものは、論文で考えるとありえない話ですが、サンプルの数はまずおかしいし基本的に企業からお金をもらって書いています。スポンサーからお金をもらっていればそのスポンサーの悪いことは当然書けませんから、広告出稿をしているメーカーにとって都合の悪い記事は書かれることはありません。テレビでもスポンサーにとって都合の悪い話をしようものならカットされます。

そう考えると今の若い世代の方が正しいわけです。
ネットの世界でもネットメディアでは企業の広告もありますが、一般の人たちの多数の投稿や口コミを見て一つの投稿を盲信するのではなくしっかり自分で判断することを若い世代の人たちは自然としていますからリサーチ能力が高いと言えると思います。

知能が低いと盲信し考えを変えない

特定の世代や何かを批判するわけではありませんし全員がそうだと決めつけるわけでもありませんが、盲信しやすい人は知能が低いということが分かっています。

大衆扇動の道具を信じて自分の頭で考えるということをしないと人は常に間違ってしまいます。嘘だったとか覆ったと言われているのに、そんなことないと頑なに信じきっている人がいますが、思い込んでしまいそこから新しい可能性を考えない人たちはどうしてもいます。

ゲント大学の研究で参加者たちにフェイクニュースを聞かせてそれが嘘だったということが分かった時にどれぐらい意見を変えるのかということを調べたものがあります。
オンラインで集めた390名の男女を対象に全員にナタリーさんという架空の女性のプロフィールを読んでもらう実験ですが、その際に2つのグループに分けました。

  • プロフィールの最後で、実はナタリーさんは病院から薬物を盗んで売りさばいていた経歴があるということを言ったグループ
  • ただプロフィールを読んでもらったグループ

それぞれに対してナタリーさんの印象を聞きます。当たり前ですがナタリーさんが薬物を盗んでいたという経歴を聞いたグループはナタリーさんへの印象は大きく下がりました。

その後に、全員に対して脳の働きや知性を測る認知テストを行いいわゆる IQ や言語能力などを調べました。
その上で、ナタリーさんの悪事を付け加えたグループに対して、その悪事は間違えていて彼女は何も悪いことはしていないということを伝えました。
それから再びナタリーさんへの印象を尋ねて彼女に対する評価がどのように変わるのかという実験を行なっています。

その結果としては、ナタリーさんの悪事が間違ったフェイクニュースだということがわかったら当然その評価は上がりますが例外がありました。
認知テストでの点数が低かった人は、フェイクニュースだとわかった後でもナタリーさんに対して悪い印象を持ち続けました。表面上の態度は変えたとしても周りにわからないようにナタリーさんへの評価を調べたら変わっていませんでした。それ以外の人は間違いだとわかったら柔軟に考えを変えました。

スポンサーリンク

知能が低いと嘘のニュースを知らされてそれが間違っていたということを知らされた後でも態度を変えないわけです。テレビをかたくなに信じたり週刊誌の妄言を信じ続けているような人と全く同じです。
新しい情報や覆った情報が来てもその複雑性を理解できず自分の態度を変えることがないわけです。しかも、実際は納得していなくても表面上では納得したような態度をとることもあるわけです。

そう考えると、何かしらの問題が起きて話し合った上で解決したとしても、知能が低い人は表面上納得した態度をとっていたとしても心の中ではネガティブな感情を持ったままという可能性が高いとなります。

この傾向は他者への寛容さや権威主義において、自分の主義や考えを貫くかそれとも柔軟に対応を考えるかを決める性格特性を考慮して考えても、同じように確認されました。
ですから、純粋に知能が低いということがフェイクニュースを信じこんだり態度を変えないということを左右するのではないかということが分かった研究です。

認知機能が高いとフェイクニュースに対する修正もしやすく様々な情報から合理的な判断を行うことができるというのは当然のことかとも思います。
クリティカルシンキングなど後天的に伸ばすことができる能力を鍛えることでフェイクニュースの呪縛から逃れることができるのではないでしょうか。
人は色々なバイアスに左右されやすいものですから、自分のバイアスに気づくということがとても大事です。

今回のおすすめ動画
面倒な奴との関わりを根こそぎ断つためのサイコパス式スルーの技術
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1544294044
人生を変えるための人間関係のリセット法まとめ
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1536801604
思い込みに左右されないバイアス回避法
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1535528888

参考文献
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0160289617301617

タグ

-人間関係
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.