読む・操る

面接採用率すら上がるハーバード式「第一印象の作り方」

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

面接では、志望動機や自己PRが大事と言われ・・・そのようなことを書いている本も多くありますが科学的には結構間違っています。

2012年にハーバード大学が調べた研究です。75名の学生を集めて就職活動に対する架空のシナリオを想像させます。企業の面接官になったところを想像し2つのグループでどちらのほうが印象が良いのかを判定しました。

  1. 達成グループ(すでに2年間の職歴も必要な資格も持っていてリーダーシップテストでも高得点を取っていて既に有している経歴を紹介されたグループ)
  2. ポテンシャルグループ(仕事の経験こそないがリーダーシップテストでは高得点を取っていて可能性は期待できると紹介されたグループ)

に分けてどちらを採用したいと思うかを調べました。
普通に考えると、どちらもリーダーシップテストでは高得点を取っているのでどちらかというと職歴のある方を選びそうですが、結果は職歴のある人よりも未知の可能性のあるという意味で②ポテンシャルグループの方が人気でした。

これは人間が経歴などの過去に目を向けるのか?それともこれから先のポテンシャルに目を向けるのか?という差によります。
研究チームのコメントによると、過去の達成したこと・受賞・経歴をアピールされるよりも、これから先の未来の可能性をアピールする人のほうが選ばれやすいということがわかっています。

別の研究ですが、起業家が投資を募る時にも過去の実績を踏まえたプレゼンよりも実績はなくとも未来に対する可能性をプレゼンしたほうが投資家からの出資も得ることが出来たという研究もあります。

多くの人は、どうしても自分のこととなると実績や経験にばかり注目してしまいがちです。ところが人が見るのは可能性なわけです。ですから、アピールするべきなのは可能性です。
例えば、カリスマ的な成功者たちを思い出してもらってもみんな未来の可能性を自信満々に語っていました。
自分に実績がないから、経験がないからと消極的になることはもったいないわけです。経験はなくともそれをポジティブに捉えて未来を語ることが大事です。

是非参考にしてみて下さい。
面接に限らず、カリスマ性の身につけ方まで知りたい方はこちらもぜひ↓

タグ

-読む・操る
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.