読む・操る

【1秒で診断】空気が読める人かわかるテスト

この知識はこんな方におすすめ

  • 自分はどっちのタイプかな〜
  • あの人はどっちのタイプかな〜
  • それぞれのメリットとデメリットは?

皆さんは自分を空気を読める人間だと思いますか?

僕は思いませんが、実は、自分が空気を読めるタイプなのかそうではないのか、あるいは、皆さんの周りの人が空気を読めるタイプなのかそうではないタイプなのかということをたった3秒で見分けることができる方法があります。
実際には3秒もかからないかもしれない方法について今回は紹介させてもらいます。
これは、ちゃんとした研究者が作ったテストなので結構信憑性もあるものだと思います。

まず言っておきますが、空気を読める人と空気を読めない人という話になると、空気を読めない人の方がダメだという印象がありますが、それぞれにメリットもデメリットもあるもので、今回はそれも含めて解説させてもらいます。

ですから、仮に皆さんがこのテストを行って自分が空気を読めないタイプだったとしても心配する必要もありませんし、逆に、自分が空気を読めるタイプだということがわかったところで安易に安心できるわけでもないということです。

空気を読めるタイプか空気を読めないタイプか診断するテスト

皆さんが空気を読むタイプか空気を読めないタイプかを診断するテストです。

では、まず皆さんの利き手を出してください。
右利きの人は右手を、左利きの人は左手を、両利きだという方は普段ペンを持つ方の手でいいと思います。

その手で自分のおでこにアルファベットの Q を書いてください

書きましたか?

・・・・

・・・

・・

これだけで分かります。

アルファベットの Q にはしっぽの部分がありますが、そのしっぽの部分が皆さんの右目側にあったのか左目側にあったのかということによって診断できます

空気が読める人のことを心理学ではハイセルフモニターと言います。
そして、空気が読めない人のことをローセルフモニターと言います。

空気を読めるハイセルフモニターの人は、しっぽが自分の左目の側に来るようにアルファベットの Q を書きます

逆に、しっぽが自分の右目の側に来るようにアルファベットの Q を書いていた人は、空気を読なないタイプのローセルフモニターです。

空気を読めるハイセルフモニターと空気を読まないローセルフモニターの違いは 、相手から見た形で物事を考えるのか、自分から見た形で物事を考えるのかという違いです。

ですから、空気を読める人は常に周りからどう見られているのかということを考えるタイプで、空気を読めない、あるいは、読まない人は自分の感情や自分の感覚を優先するタイプです。

アルファベットの Q のしっぽが左側に来たということは、目の前にいる他の人から見た時にアルファベットが読めるように書いているということです。
逆に、ローセルフモニターの人は自分から見た向きでアルファベットが読めるように書いています。

「おでこにアルファベットの Q を書いてみてください。」

相手から見た時に読める向きにアルファベットの Q を書いていた:空気を読めるハイセルフモニター

自分から見た時に読める向きにアルファベットの Q を書いていた:空気を読まないローセルフモニター

空気を読む能力のことをセルフモニタリング能力と言いますので、空気を読める人のことをハイセルフモニターと言い、空気を読まない人のことをローセルフモニターと言います。

相手から見た時に読める向きでアルファベットの Q を書いた人は・・・

この空気を読む能力の高いハイセルフモニターの人は、基本的には他人の目を気にしやすい傾向があります。
ちなみに、僕もハイセルフモニターでした。

ハイセルフモニターの人は、他人の目を気にしやすいわけですが、それと同時に他人に注目されるのも実は好きです。

ですから、自分は他人の目が気になってなかなか行動できないタイプだという人も、自分がした行動が周りに認められるようになると、急にいろいろな行動をし始めて意欲的に行動できるようになることもあります。

さらに、この空気を読めるハイセルフモニターの人は、自分が置かれた状況に対して最適な行動を取ろうとします。

他人に対して自分をどのように見せるのかということを意識して行動するようになるので、これにより周囲に対する印象操作が得意になります。
自分がどのように見られるのかということを意識しているので、自分を良く見せようとして行動するのが結構上手です。

つまり、これは嘘をつくのが上手だということです。
空気を読める人の方が嘘をつくのが上手いです。

ハイセルフモニターにはメリットもあり、これは良いところでも悪いところでもありますが、周りから見たときに最適な行動をとることができるので、自分に合っていない仕事であってもそれをやって行くことができる傾向があります。

そのため、空気を読めないローセルフモニターよりもいろいろなケースでお金を稼ぐ可能性が高くなります。
どんな仕事に就いてもある程度以上の評価を得ることができるようになります。

ただし、その分仕事のストレスが抱えやすくなってしまいます。
イセルフモニターで空気を読める人の方が、それがやりたくない仕事であってもできるので、仕事のストレスには悩まされやすくなるということです。

友人関係においては幅広いタイプの友人が多く、いろいろな業種の仕事をしていたりいろいろな性格の友達が多くなります。

ただし、ここにも問題もあり、それぞれの付き合うグループに分けることが多くなります。
例えば、運動をする時の友達とか映画を見に行く時の友達、ご飯を一緒に行く友達とか仕事の友達というように友達を分ける傾向があります。
これは相手に合わせて自分を変えるので、雑多な人がたくさんいる状況になると自分がどんなキャラを作ればいいのかが分からなくなってしまうからです。

ですから、空気を読めるハイセルフモニターは、人間関係をグループ分けすることが多くなります。

さらに、恋愛においては、外見や仕事や学歴などわかりやすい特徴を気にする傾向があり、みんなから見られた時に自分の恋人がどのように思われるかということをベースにして恋人を選びがちになります。

ちなみに、空気を読めないローセルフモニターよりも空気を読めるハイセルフモニターの方がモテるので、いわゆる大人の関係を持つ回数も多くなるということも分かっています。

空気を読めるハイセルフモニターの特徴をまとめると

ですから、空気を読めるハイセルフモニターの人は、周りからどう見られているのかということをとても気にしていて、周りに合わせた行動をとることができるので自分の印象操作をすることもできて、自分が注目されることも好きです。

さらに、嘘をつくのも上手で、自分に合っていない仕事でもやっていくことができるので、お金を稼ぐことに関しては比較的得意になりますが、仕事のストレスは抱えがちになります。

友達は幅広く多いけれど、それぞれのグループに分けて付き合うことが多くなり、恋愛関係においては比較的モテます。

自分から見た時に読める向きでアルファベットの Q を書いた人は・・・

ここまで聞くと、空気を読める人の方がやはり良いような気がするかもしれませんが、実は、空気が読めない人にもメリットがあります。

続いて、空気が読めないローセルフモニターの人のメリットとデメリットですが、このローセルフモニターの人は、空気を読めないので苦労しそうに思われますが、基本的にはどのような状況でも同じ自分でいることができる人です。

自分を曲げることもありませんし自分の考え方を押し通そうとするので、自分を取り繕ったりすることがありません。
相手に合わせることもなく、自分の感情や価値観など自分の基準で行動します。

自分の行動が周囲に与える影響を意識しないので、そういう意味では、他人に流されることは少なくなりますが他人とうまく強調することは難しくなってきます。

さらに、嘘をつくことが少なく人を騙すことが非常に苦手なタイプです。
ですから、空気を読めないローセルフモニターの人は、良くも悪くも正直な人ということになります。

仕事に関しては、自分に合っている仕事でないと続かない傾向がありますので、キャリアや自分の仕事に関する好みやこだわりが強くなりがちです。

本当に自分にぴったりと合う仕事というのは見つけるのが非常に難しいものです。
自分自身で起業して自分が経営者になってやろうとしても、自分が好きな仕事しかできないとなると、自分の苦手なところをしなくなってしまいますので、やはりそうなるとビジネスはうまくいかなくなってしまいます。

そのため、仕事のパフォーマンスとしては空気を読めないローセルフモニターの人の方が低くはなります
ですから、収入としては低くなる傾向があります。

人間関係においては、少数の友人と深く付き合うということが多くなり、空気を読める人のような友人関係のグループ分けはしません
グループ分けをすることなく、運動する時も映画を見に行く時も食事に行く時もいつも同じ友人といるというようになります。

さらに、恋人を選ぶ時の特徴としては、見た目よりもどちらかと言うと自分が価値観や興味など自分の内面が合うかどうかということで判断する傾向があります。

ですから、空気を読めないローセルフモニターの人の方が、その人の見た目や学歴などではなく内面にちゃんと注目して判断するということです。
ということは、自分の外見に対しては自信がないけれど内面には自信があるという人は、空気を読めない人と付き合った方がいいということになります。

空気を読めないローセルフモニターの人は、ハイセルフモニターに比べるとモテることはありませんが、1回の恋愛関係が長く続くという傾向があります。

これは、外見や学歴や趣味といった表面的なもので相手を選ばないので、一人の人に決めたらその人と長く添い遂げることが多くなるからです。
そう考えると、空気が読めない人には意外とメリットがあります。

空気を読まないローセルフモニターの特徴をまとめると

常に同じ自分を保つことができるので、周りに合わせて行動したり流されることが少なくなります。
嘘をつくことが苦手で、周りを騙すこともあまりありません。

ただし、自分に合った仕事でないと続かないので、仕事に対する選り好みが多くなってしまうことがあり収入が減る傾向はあります。

友達関係は狭く深いタイプで、どんな行動をする時も同じような友達と一緒に過ごすことが多くなります。

恋人を選ぶ時には内面で相手を評価して、比較的モテることはありませんが、その分1回の関係が真面目に長く続く可能性が高くなります。

実際にこのテストを周囲の人にしてみてください

ちなみに、このテストのもうひとつ面白い使い方があります。

相手に向かっておでこにアルファベットの Q を書いてみてと伝えてみてください。
そして、これは空気を読める人か読めない人かのテストで、自分の左目に向かってアルファベットの Q のしっぽが来る人は、相手が読めるように書いているので空気を読める人で、自分の右目に向かってアルファベットの Q のしっぽが来る人は、自分が読めるように書いているので空気が読めない人ということを言った時に、自分から見たときにアルファベットの Q を書いているにもかかわらず、平気で自分は空気を読めるタイプだということを言ってくる人がたまにいます。

このような自分の言った事実を秒で捻じ曲げる人がいます。
今間違いなく自分から見た向きでアルファベットの Q を書いたと言ったにも関わらず、秒で事実を捻じ曲げてしまう人が時々います。

もちろん、その人も冷静に考えれば逆だったということが分かるわけですが、思わず自分は空気を読める方だと言い切ってしまう人がいます。
このような人は事実をねじ曲げて解釈する人ですので、自分自身も騙してしまうレベルで嘘をつく人です。
このような人は時々いるので気を付けた方がいいかもしれません。

それぞれの特徴を活かすためのおすすめ

今回は、こんな空気を読めるハイセルフモニターと空気を読まないローセルフモニターについての話を紹介させてもらいましたが、両方にメリットもあればデメリットもありました。

ですから、それぞれに分けてその特徴をどのように活かしていけばいいのかということを解説した動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきます。

ハイセルフモニターな人へ

気にしすぎの5大原因と今すぐできる対策

空気を読めるハイセルフモニターの人は、それを読みすぎてしまうということが結構あります。
周りの空気を読むことができるがゆえに、読み過ぎてしまったために行動できなくなってしまうということがあります。

繊細なために、周りの目を気にし過ぎてしまい行動できなくなってしまう人が結構います。
このような人は、気にしすぎさえ直せば周りの空気を上手に読みながら上手に空気をコントロールすることができるようになります。

僕もこちらのハイセルフモニターで、いじめられっ子だったので周りばかり気にしていつもビクビクしているような子供でしたが、今では周りを気にすることもなく堂々としていられます。
空気を読めるハイセルフモニターの人は、メリットの部分を使って自分が空気を動かす側に回ればいいわけです。

そのためには気にしすぎをまず直す必要がありますので、 ぜひこちらの動画を参考にしていただけたらと思います。
ハイセルフモニターで周りを気にしすぎてしまうことで行動できなくなってしまう人は、ぜひこちらをチェックしてみてください。

ローセルフモニターの人へ

天才を超える唯一の方法クリティカルシンキング入門

ローセルフモニターで空気が読めない人も多いと思います。
このような人は、空気を読めないことでよく誤解されてしまったり、相手に言ってはいけないことを言ってしまったためにケンカになったりすることもあるので、それを直したいという人もいると思います。

これは瞑想を長期的に行うことができれば直すことも可能ではありますが、相手の気持ちになって考えるというのも難しいものですから、どちらかと言うと自分とは違う考え方を頭の中でもうひとつ作ることができるようになるという練習をしたほうがいいと思います。

例えば、ひとつの物事に対して自分はこう考えるけれど、他の人だったらどう考えるだろうかという訓練をすることによって、空気を読める人と同じ能力を手に入れることはできます

こちらの動画ではそんな方法をまとめて解説させてもらっています。
クリティカルシンキングを使うことによって、自分とは違う考え方や視点を持つことができるようになります。

ちなみに、このクリティカルシンキングは天才を超えるための唯一の能力とも言われていますので、生まれつきの天才よりも練習してクリティカルシンキングを身につけた人の方が経済的な成功もしやすくなります。
ですから、ローセルフモニターの人のいろいろな問題も解決してくれると思います。
ぜひチェックしてみてください。

個性を活かすためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、同じように気にし過ぎな人に役に立つ本と空気を読めない人に読んで欲しい本をそれぞれ紹介しておきます。

気にしすぎの人向けのおすすめ本

こちらの本はHSP(Highly Sensitive Person)について解説されている本ですが、結構使いやすくて参考になると思います。
気にしすぎで悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。

空気を読めない人向けのおすすめ本

¥2,420 (2020/10/23 07:00:51時点 Amazon調べ-詳細)

周りの空気を読んだり、自分がどのように振る舞えば最も良い影響を相手に与えることができるのかということを考えるためには、自分を客観的に見つめる能力が必要になります。
瞑想というものは一歩引いて自分を見つめるためのトレーニングですから、ローセルフモニターの人はこちらを読んで実践していただけると、自分が周りの空気をコントロールする側に回りやすくなると思います。
空気を読めないという方には瞑想をお勧めします。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックが無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画

▼ハイセルフモニターな人へ

▼ローセルフモニターの人へ

今回のおすすめ本
¥2,420 (2020/10/23 07:00:51時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】僕のオーディオブックがAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

超習慣術
知識を操る超読書術
自分を操る超集中力
人を操る禁断の文章術
後悔しない超選択術
ポジティブチェンジ
ポジティブ・ワード
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:Richard Wiseman (2016)
Quirkology: The Curious Science of Everyday Lives
https://www.wiley.com/en-sg/Social+Psychology-p-ES80470571286

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-読む・操る
-,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog