人間関係

周りに優しくされる服装【人間関係トラブルが減る服】

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 味方や仲間をつくりたい
  • 周りとの関係を深めたい

人間関係で無駄に損しないために

今回は、人間関係におけるトラブルを減らしてくれる服について紹介させてもらいます。
他人に優しくしてもらえるようになる服装があるということが、ある研究により示されていたので、それをもとに紹介させてもらいます。

人間関係のトラブルやコミュニケーションについては、ニコニコのチャンネルの方でもいろいろと紹介させてもらってきました。

今回のおすすめの動画としては、そんな人間関係の問題を解決するために役に立つ動画をまとめていますので、がっつり学んでみたいという方はそちらを見ていただきたいですが、今回はとても簡単にできる方法として、自分が着る服のあるポイントについて少し気をつけるだけで、周りから優しくしてもらえる確率が増えるという内容を紹介してもらいます。

周りから辛く当たられる確率が減って周りの人が協力的になってくれて、皆さんに対して良い印象を持ってもらえる確率が高まる服装についてです。

ちなみに、これは男性でも女性でも使えるものです。お金もほとんどかからないと思いますので、ぜひ試していただけたらと思います。

当然ですが、人間関係で損をしやすい人は結構いるものです。
どちらかと言うと、人間関係で得をする人や上手い人よりは、やたらと人間関係で損をしやすい人が多いイメージがあります。

人脈が広くたくさんの人と繋がっているという人は、仲間がたくさんいそうに見えますが、当然ですが、たくさんの人と会うということは、嫌われてしまうことも増えます。

YouTube でも Twitter でも同じですが、フォロワーが増えればその分アンチも増えるでしょうし、普通の人間関係でも、人間関係が広い人の方が、その中には嫌われたり恨みを買っている人もどうしても増えてしまうものです。
これは母数が増えるのでどうしようもないことです。

このような状況では、どのようにして味方の数を増やすのかということが大事になってきます。

ですが、人間の脳のサイズから調べると、人間がちゃんと相手のことを認識して人間関係を作ることができる限度は、大脳のサイズから考えると150人ぐらいになるのではないかという研究もあります。

これはロビン・ダンバーさんというオックスフォード大学の先生が提唱した理論ですが、150人というと結構多い気もします。
これは結構薄い関係も含めてではありますが、現代ではこの150人を簡単に超えることもできます。

例えば、Instagram や Twitter 、LINE の友達など皆さんも見てもらいたいですが、150人を超えている人は珍しくないのではないでしょうか。

そのように考えると、人類として人間関係を深く築くことは難しいにもかかわらず、より多くの人間関係を SNS 上などで作らなくてはいけない状況にあるわけです。
仕事の関係において、お客様や取引先と全てにおいて深い関係を作れているという人もいないでしょうから、細かいところに気をつけておいて、相手から変な誤解を受けたり勘違いされるようなことを減らすように心がけておかないと、無駄に人間関係のネガティブを抱えてしまうということになってしまいます。

今回は、そんな人間関係の無駄なトラブルを軽減させてくれる可能性のある方法について紹介させてもらいます。

服装による周りからの対応の違い

トレント大学の研究で、着ている服によって、友達や同僚など周りの人の対応がどのように変わるのかということを調べた実験があります。

41人の男女を集めて2種類の動画を見てもらうという実験を行なっています。
1つ目の動画は、女性が会話をしているところを写した動画で、露出度が高いドレスを着てハイヒールを履きメイクもしっかりとしている女性が会話していました。
2つ目の動画は、ゆったりとしたジャージを着てヒールの低い靴を履きナチュラルメイクの女性が会話をしているという動画でした。

この2つの動画を男女に見てもらいました。
つまり、全身ビシッと決めている女性が会話をしている動画とリラックスした状態の女性が会話をしている動画を見てもらいました。

その際に、その動画からどんな印象を受けたのかということをただ尋ねたわけではなく、参加者の意見は聞きつつ、脳波計を用いて参加者の脳をチェックしました。
脳波もチェックしつつ、実際にどんな印象を持っているのかということを調べたわけです。

その結果として、印象を尋ねたところ、やはり、男性も女性も共に、全身ビシっと決めている女性よりもリラックスした姿をしている女性の方に共感を覚えるとか、その人に対して優しくしたくなったと答えました

つまり、僕たちはビシッと決めている服装もかっこいいですし、それも大事ですが、周りから優しくしてほしいとか味方になってほしい、共感してほしいと思う場合には、リラックスした服装をしている方が有利になります。

リラックスした姿が共感や肯定的な態度につながる

僕の場合は、T シャツなどリラックスした服装が結構多いですし、スーツなどを着る機会もほとんどありません。

例えば、大勢の前でプレゼンをしたり株主総会でしゃべるというような人であれば、スーツでビシッと決めていた方が相手と距離感を作ることができるので、自分を守る鎧のように使うこともできますが、僕の場合は、心理学の面白さや科学で人生を変えていくことができるということを多くの人に伝えたいと思っているので、どちらかと言うと、共感などを優先したいわけです。
ですから、服装としても割とリラックスした服装を選ぶようにしているわけです。

リラックスした服装にすることによって、相手に共感を与えたり肯定的な態度に相手を変えることが可能なのではないかということが、この実験から示唆されたわけです。

とはいえ、これだけではアンケートにまつわる結果だけですから、たまたまドレスを着た女性に良い印象を持っていない人が多かったとか、露出度が高かったということだから評価が厳しくなっているだけなのではないかと考えることができるかもしれません。

この実験では脳波計もチェックしているわけですが、これによると、リラックスした姿をしている人を見ている時の方が、脳の共感に関わっているエリアが活性化していたということも分かっています。

脳レベルで共感している!

ここがポイントで、人間はリラックスした姿をした人やリラックスした会話をしている人、あるいは、実際に力を抜いてリラックスしている人を見たときに、その人に対して共感を覚えるようにできているということです。
脳のレベルで相手に共感するようにできているというわけです。

確かに、立派なスーツや美しいドレスを着ている人には、憧れやすごいなとか綺麗だという感覚を覚えますが、それは共感とは違うものです。

ハリウッドスターがとても美しいドレスを着ている姿を見たときに、それを見て美しいなとかかっこいいなと思うけれど、共感を感じることはまずないでしょうし、そんなすごい人に対して、自分が何かしてあげたいとか優しくしてあげたいと感じることはまずないはずです。

当然、そんなすごい服装をしている人は自分だけで完成しているわけですから、それに対して周りの人が何かをしてあげたいと思う可能性は低くなるわけです。

一方で、同じハリウッドスターのような人でも、自宅でのんびりと過ごして可愛い猫や犬と過ごしている姿などを見ると、とても共感を覚えたりもします。

つまり、人間は相手になめられないようにしようとか自分をすごく見せようとして、バシッと服装を決めて結果的に相手を威嚇してしまうことが多いものですが、実際には、リラックスしている姿を相手に見せた方が共感を得ることができる可能性は高くなります。

ですから、誰かに協力してもらいたいとか優しくしてもらいたいと思うときには、ゆるい服装をしたり、自分がリラックスできそうなシチュエーションや服装を選んだ方が、かえって相手との繋がりはよくなります

もちろん、三ツ星のフレンチのレストランに短パンで行くというようなことはできませんが、できるだけリラックスした服装にしたほうが、相手との共感的なつながりは深まると思いますので、周りに優しくしてほしいとか味方を作りたいという人は、上手にゆるい服装を使うようにしてみてください。

服装だけでなく常にリラックスを

これは、服装に限った話ではなく、リラックスしているところを相手に見せるとか、普段からストレスを溜めずに上手にストレスを解消したりすることによって、常にリラックスしてご機嫌でいうところを相手に見せてください。

そのようにして皆さんがリラックスしていればいるほど、周りの人から共感や協力を得ることができるようになります
ですから、リラックスできるような服装やライフスタイルに気を配ってみてください。

ちなみに、女性は個人の能力という点ではビシッと決めた服装をするのはいいと思います。
自分自身でこの服イケていると思える服を着ている時の方が、女性は自己評価も高くなりますし実際に能力も高くなるので、女性の場合にはリモートワークでも服装をビシッと決めておくっていうのもありなのかもしれません。

ですが、基本的にはリラックスした服装で共感を得るようにしておいた方が、人生は良い方向にいくと思います。
ぜひ試してみてください。

人間関係で無駄なトラブルを抱えないためのおすすめ動画

今回のおすすめの動画としては、人間関係に役に立つ動画を紹介しておきます。

人間関係の地雷を知っておく

面倒に巻き込まれる前に、人間関係の地雷の回避方法

リラックスした服装もして周りからの共感を得ることもできているのに、なぜか無駄に地雷を踏んだりいつも人間関係の問題を抱えているというような人もいます。
これは人間関係においてそこを踏んでしまうと地雷になるということがいくつも分かっていますが、それを踏みまくっているからです。

このような人間関係の面倒に無駄に巻き込まれる前にその地雷を避けておきたいのであれば、人間関係における地雷にどんなバリエーションがあるのかということを知っておく必要があります
そんな無駄な人間関係のトラブルを避けるために、人間関係における地雷のリストを開設した内容になっています。
ぜひこちらの動画もチェックしてみてください。

上下関係に上手くなる会話術

先輩上司に好かれる人の8つの会話術

人間関係においては会話の仕方で損をしている人も結構多いものです。
本当は別に悪い人でもないし、ちゃんと話してみるととてもいい人なのに、ちょっとした言葉遣いで相手をイラっとさせてしまったり敵に回してしまい損をしている人がいます。
これは基本的には自分で気をつけないと気づきません。

僕も今でもそういうことはありますし昔はもっとひどかったと思いますが、やはり、理解して気をつけておかないと無駄に損をしてしまいます。
損をするということが分かれば人間はそれを直すことができます。

そのためには人に好かれる喋り方を押さえておく必要があります。
これは別にゴマをするとかおべっかを使う必要があるということではなく、先輩や上司など上の立場にいる人たちが、かわいがってあげたいとか味方してあげたいと思うようになる喋り方には法則性があります
その法則性に基づき8つの会話術としてまとめた内容になっています。
特に上下関係で無駄に面倒なことを抱えたくないというような人は、ぜひこちらの動画もチェックしてみてください。

どんな時もある程度以上にリラックスできるためのおすすめ本

今回リラックスして周りからの共感を得られるようにしましょうという話を紹介させてもらいましたが、人間関係に不安を抱えていたり、自分は嫌われているのではないかと考えてしまい、無駄に自分に自信がない状態になっていると、その緊張感や不安感は表に出てしまいますので、そのような緊張感が漂っている人に対して共感できる人は少なくなります
それが緊張感や不安感だったとしても、周りの人からはピリピリした感じに見えてしまいます。

ですから、本当は仲間や協力が欲しくて、なのに誰も助けてもらえないというような不安を抱えているのに、周りからは緊張感が高まっているようにしか見えないので、誰からも助けてもらえなくなり本当に孤立してしまいます。

それを防ぐためには、まず自分のいいところも悪いところも全て受け入れて、どんな場所でも一定以上のリラックスができるようになる必要があります。
程よく自分を受け入れて自分に自信を持つことが重要なわけです。

そんな方法のことを心理学ではセルフコンパッションと言います。
今回のおすすめの本としては、そのセルフコンパッションを学ぶことができるおすすめの本を2冊紹介しておきます。

1冊目は、『セルフ・コンパッション:最良の自分であり続ける方法 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文』です。こちらは Kindle であれば安く読めますし、かなり内容が上手にまとまっていますので読みやすくていいと思います。

2冊目は、『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』です。これは本当に素晴らしい名著で、自分に自信を持ちたいという方はがっつりとこの本で勉強してもらいたいと思います。

さらに、おすすめの本として僕の無料のオーディオブックのリンクも入れておきます。
通常は3000円ぐらいするものですが、これを無料で聴けるというAmazon のキャンペーンを行っています。
1人1冊だけですが、ダウンロードすればずっと聴くこともできるそうですので、まだの方はぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画
今回のおすすめ本

★通常3000円が無料
DaiGoのオーディオブックがAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
▶︎後悔しない超選択術
▶︎知識を操る超読書術
▶︎自分を操る超集中力
▶︎人を操る禁断の文章術
など、他多数の著書が、Audible30日間無料体験にて1冊無料

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0010945217304045

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-人間関係
-,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog