健康・ダイエット

あなたを生かすストレス、殺すストレスの見分け方

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

ストレスには2種類のストレスがあります。
ストレスには良いストレスと悪いストレスがあり、僕たちが普段よくいう社会的なストレスや人間関係のストレスといったものは体に良くないストレスです。逆に僕たちを成長させてくれるようなやる気にさせてくれるストレスは良いストレスです。
自分の人生にとってプラスになるストレスを見つけてそれを乗り越えることで成長していきましょう。悪いストレスはただ減らしていくことが大事です。

急性ストレスと慢性ストレス

良いストレスと悪いストレスというと曖昧になりますので、科学的に急性ストレスと慢性ストレスと区別します。
急性ストレスというのは一時的に交感神経が活発になり体が戦闘態勢になるようなストレスのことです。慢性ストレスというのはずっと漫然と続くようなストレスです。例えば上司との関係や近所との関係でよくない状況があるとか肩こりや腰痛がひどいという常に交感神経がゆるく活発になっていて体が中途半端に戦闘態勢に入ったままになっている状態です。

現代において僕たちの問題になるのは慢性ストレスの方です。
良いストレスを急性ストレス、悪いストレスを慢性ストレスということができます。

急性ストレスには特徴があり解決策がはっきりとしています。解決策がはっきりしているのですぐに行動を起こして解決や対処にあたることができます。
一時的に体が戦闘態勢に入ることによって必要な解決や対処に向き合うことができるわけです。良いストレスとは行動に結びつくストレスであり一時的に感じるストレスといえます。

現代社会の問題になるストレスはこのようなストレスではなく慢性ストレスです。慢性的に逃げることができないストレスです。
例えば、上司との関係がとても悪くすごい嫌な人なのに生活していくために仕事を辞めることもできないとか、性格の悪いママ友がいるのに子供のために我慢しないといけない、肩こりや腰痛がひどくて色々試しているのになかなか解決しないというような、ずっと続いているのに解決策を見つけることもできないストレスが悪いストレスです。

慢性ストレスが増え急性ストレスが減っている

人間はそもそも慢性ストレスに対処できるようになっていません。急性ストレスに対してうまく対処できるように進化しているために慢性的なストレスに対処することがとても苦手です。
この慢性的なストレスを感じると、研究によると血糖値が上昇したりお腹の調子が悪くなりリーキーガットになるとか免疫力が低下したり肥満や不眠、うつや不安障害、心疾患・・・になります。このような現代人の問題はその多くが慢性ストレスから起きているといえます。

現代人は慢性ストレスはこんなにも多いのに急性ストレスが減っています。これがさらに問題を加速させています。急性ストレスには人間は対処することができるように進化しているのでそれにより活力が出たりすることも分かっているのに急性ストレスが少なすぎるというのが問題でもあります。
プチ断食で一時的な空腹感によりかえって体を若返らせてくれたり免疫力を上げてくれるというのも急性ストレスです。プチ断食やHIITや冷たいシャワーを浴びるなど、このような急性ストレスはある程度あった方が人間の体は元気になるということです。
ストレスを避ければ避けるほど僕たちはストレスに余計苛まれたり人生に対する生きる意味を見失ってしまったりします。

慢性ストレスは減らして、急性ストレスはある程度自分で意識して取り入れていくことがストレス対策という意味ではとても重要です。
自分を成長させてくれるような急性ストレスにはある程度触れた方がいいです。
新しいことにチャレンジするとか学んだことがない勉強をしてみるとか息が上がるような運動をするというのは急性ストレスの使い方としては良い方法だと言えます。

スポンサーリンク

ストレス対策は

ではストレス対策はどうすればいいのか。
ずは慢性ストレスと急性ストレスは区別してください。自分が今感じているストレスが慢性ストレスであれば根本的な解決策を探さない限りは消えることはありません。急性ストレスであればそれを乗り越えることによって体が元気になったり成長することができるということを意識すると悪いものではありません。急性ストレスの場合はその先にある成長や効果を探すようにしてください。
慢性ストレスに対しては対処が必要ですからストレスケアもしながら根本的な原因に対処するようにしてください。

急性ストレスであれば成長につなげる。

慢性ストレスであればストレスケアをしながら徐々に問題を解決していく。

この2つを分けることができていない人が結構多くいます。慢性ストレスなのに急性ストレスだと思い込んでる人がいて、例えば上司に嫌なことを言われてイラッときたとして、そのストレスから逃れるためにドカ食いしたりお酒を飲んだりする人がいますが、一時的に乗り切ったとしてもその上司は消えないわけです。解決になっていない対処をしても意味がないということです。

皆さんが意外と見落としがちな慢性ストレスもあり、マルチタスクです。マルチタスクというのは結構慢性ストレスにになります。スマホを触りながらテレビを見るとか、仕事しながら LINE をメールの返信をするとかも慢性ストレスですからマルチタスクもできるだけ控えた方がいいです。

さらに意外と影響を与えているのがニュースです。様々なメディアでニュースをチェックしているとどうしてもネガティブな情報が入ってきます。これがかなりの慢性ストレスになっています。他人のネガティブな情報に対しては自分でどうしようもないことの方が多いですから慢性ストレスになってしまうわけです。

このあたりにも気をつけながらストレスをケアをしっかり行ってみてください。ストレスへの対処法はできるだけ数多く持っておいた方が効果的です。

続きはこちらから→不安ストレスを前に進む力に変えるには
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1528813529

タグ

-健康・ダイエット
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.