目標・成功

【質疑応答】新しいことに挑戦する時どうすればいいかなど

【質疑応答】新しいことに挑戦する時どうすればいいかなど

DaiGo MeNTaLiST

この知識を動画で見るならこちら

「挑戦したい」「人生を変えたい」

新しいことに挑戦したり、自分の人生を変えるようなことをしてみたいという人は、少なくないと思います。
とはいえ、それが実際にはなかなか難しかったりするものです。

僕ももともとは全く挑戦ができない人でした。意外と保守的で、いじめられっ子だったこともあり、人と違うことをすることが苦手なタイプでした。
メンタリストという誰もしたことがない仕事をしましたが、理系で生きていこうと思った時に、医療関係に就いておけば食いっぱぐれないだろうと考えるぐらい保守的な頃もありました。

それなのに、なぜそんな僕が日本にまだなかったメンタリストという職業に就いて、今このような自由な生活をしているのかという話もしつつ、これから挑戦したい皆さんの質問に答えていけたらと思います。

人は、なかなか新しいことに挑戦できないとか、失敗するのが怖いとか、色々言うわけですが、そのほとんどが、実際には、挑戦する前に諦めてしまっています。あるいは、挑戦と言えるまでのことをしていないという人が多いです。

例えば、YouTuberが今流行っているから、自分も YouTube をしてみようという人は多いですが、これは挑戦とは呼べません。それは、ただ単に真似しようとしているだけです。
そうではなく、YouTuber が流行っていて色々なことをしている人がいるけれど、これは他の人が誰もやっていないことなので、であれば、そこに自分がチャレンジして新しい世界を広げてみようというように、ある程度の創造力を持って人と違うことをするということが挑戦するということです。

中途半端に新しいことをしているそれだけでは、挑戦しているとは言えないわけです。
僕は、安定した職業に就くことが悪いことだとは思いません。そういう仕事が向いている人もいるわけですから、それはそれで一向に構いませんが、自分が挑戦したいと思っているのにそれをせずに、安定したことをしながら、いつか挑戦したいと思い続けている人生は苦しいものです。

ですから、どちらかはっきり決めた方がいいです。
もし、自分はこのまま安定して平凡な人生を歩めばそれでいいと思うのであれば、それはそれでいいと思います。
ですが、仕事は安定していても、副業や趣味で挑戦したいとか、いつかは挑戦したいと思っている人に参考になる内容にしたいと思います。

向き不向きは人それぞれありますが、挑戦が全ての人に向かないわけではありません。
人というものは挑戦していくものだと僕は思いますし、人それぞれ、様々なタイミングや色々なジャンルで挑戦していくものだと思いますので、挑戦すること自体はとても大切なことだと思います。

言い訳をしたりできない理由を探してしまうのは普通だと思いますが、皆さんが挑戦したいと思うのであれば、その方法を学んで欲しいと思います。

おすすめ動画

今回も、そんな挑戦したい人におすすめの動画を紹介しています。

不安ストレスを前に進む力に変えるには

挑戦する時には、不安やストレスというものは必要なものです。不安やストレスを感じることなく挑戦しているというのであれば、それは挑戦ができていないということになります。

ですから、不安やストレスを感じる方向に進むということが挑戦するということです。
それは嫌なストレスや人に強制されたストレスではなく、自分が選んだストレスであり不安であることが大切です。

上手にその力を使い前に進んでいくことが重要になってきます。
不安やストレスというものは、その使い方を知っていれば、挑戦するための推進力に使うことができるものです。
そんな方法を解説した動画になります。

失敗許容力の身に着け方

大抵の人が挑戦する前に諦めてしまうのは、失敗することが怖いからです。
失敗をたくさん経験することが大事だと言いますが、失敗しても実際にはこんなものかと思うことができれば、挑戦することができるわけです。

失敗しない人なんていません。であれば、その失敗を避けようとするのではなく、いかにその失敗を小さく重ねていきながら、小さい失敗であればこのぐらいということは、大きく失敗してもこのぐらいだなと理解できることが大事です。
そんな失敗が怖くなくなるための方法を解説した動画になります。

自分の可能性を信じるためのネガティブバイアス脱出法

自分なんてどうせ挑戦してもだめだとか、自分が挑戦しても駄目に決まっているというように考えて、そもそも挑戦すること自体をしない人がいます。
このような自分に対してネガティブなバイアスがかかっている人が結構いるものです。

このようなネガティブバイアスを持っている場合には、それは早めに対処しておいた方がいいです。
なぜかと言うと、人生においてこのネガティブバイアスはずっと引きずるものだからです。

少しでも早めにネガティブバイアスを軽くしておくと、自分に向いていることや自分にとってのチャンスが舞い込んできた時に、自分の可能性にチャレンジすることができます

例えば、周りの人達に、自分には向いていないと言われたり、今のままいた方がいいと言われ、そうかなと思いあきらめてしまう人もいると思いますが、他人は無責任にも自分の持っているネガティブバイアスを拡大したりするものです。
この辺りに気をつけてもらうためにも、このネガティブバイアスを脱出するための方法を解説した動画を見ていただけたらと思います。

完璧を求めすぎる人のためのマキシマイザー脱出思考法

まだ挑戦する時ではないとか、いずれお金が貯まったらとか、仕事が少し落ち着いたら挑戦したいというようなことを言う人がいますが、挑戦するということに完璧なタイミングを求める人は、実際には、いつまでたっても挑戦することができません。

完璧主義者の人や、物事に対して完璧を求めるマキシマイザーという人たちがいますが、このマキシマイザーの人たちは、基本的には挑戦することができません。
なぜかと言うと、挑戦と失敗を重ね続け、そこに調整も加えながら、徐々に徐々に人は自分の求めた成功に近づいていくものだからです。
人はそこまで来た時に初めて完璧に近づけるものです。完璧に近づいたとしても、誰も完璧にはなれません。

ですから、完璧主義というものは、最初から絵空事であり、完璧主義はやる気がない人の言い訳です。
そんな完璧主義から脱出してもらうための動画になります。

緊張に打ち勝つ技術クラッチテクニックまとめ

いざ挑戦しようと思っても、本番に弱かったり緊張してしまって、自分の本来のパフォーマンスを発揮することができないという人もいます。

このような方にはクラッチというテクニックを学んでいただきたいと思います。
これは、緊張に打ち勝つためにスポーツ選手やアスリートが使っているテクニックになります。

アイデアを作るための【14の創造性レシピ】
若いうちから成功したい人のための【好奇心の鍛え方】

若い人が新しいジャンルで成功しようとか、そもそも何に挑戦したらいいのかがわからないという人は、創造力と好奇心が足りませんので、創造力を高めたり新しいアイデアを生み出すための方法を解説した動画も紹介しておきます。

科学的に認められた新しいアイデアを生み出すためのテクニックと、若いうちに成功するために必要な好奇心の鍛え方について解説しています。

おすすめ本

そして、今回のおすすめの本としては、何かに挑戦する時に役に立つトップ3の本を紹介しています。これらは僕にとっても非常に役に立った本です。

1冊目は『ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代』です。
これは、他人とは違うクリエイティブなことを行い大成功した起業家や経営者を取り上げて、研究者がなぜ成功できたのかということを分析してくれています。
人と違うということは、こんなにも素晴らしい事なんだということが理解できる本になります。
どのように人と違うことをすれば成功するのかとか、起業するためにはどのようなことに気をつければいいのかということを、単なる誰かの体験談ではなく、ちゃんと科学的に論じてくれている本です。

2冊目が『マインドセット「やればできる! 」の研究』です。
そもそも自分が成功するイメージがわかないとか、挑戦する気になれないという人がいると思いますが、このような方の場合はマインドセットを変える必要がありますので、そのマインドセットを科学的に変えるための方法を解説してくれている本になります。

そして、最後が『ムダに悩まない理想の自分になれる 超客観力』です。
これは自己省察と知的謙遜に関するものです。
自分が本当は何をしたいのかという価値観を明確にするための方法と、自分が今どこに立っていて、どれぐらいのレベルで何が足りないのかということを客観的に見る力を解説しています。

自分が求めているものを知り、自分が立っている場所を知る、この2つをすることによって、自分が挑戦していくためのロードマップを作ることができます。
これは4月に発売された新刊になりますので、是非チェックしてみてください。

質疑応答

今まで営業でしたが、昇進してマネージャーになります。マネージャーとして大切なことを教えてください。

仕事でもプライベートでも同様ですが、人間のモチベーションを最も左右しているのは、「進歩」です。
嘘でもいいから、自分が前に進んでいる感覚を作ってあげることがとても大切です。

ですから、こうした方がいいというような口を出すことはあまりお勧めしません。人には、人それぞれ自分にとって一番良いやり方があるものです。

そういう意味では、何度か紹介したこともありますが、『マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力』をぜひ読んでみてください。

人間というものは、自分の進歩を感じている時にモチベーションを感じるもので、それはお金であったり誰かに評価されることや待遇よりも、それらをはるかに超えるだけのモチベーションを作るものです。

上司が、何か口を出すとしたら、本人がどれくらい進んでいるのかということを感じてモチベーションを高める時だけで、本人が何か困った時には相談したいと思われるようになっておくことが大切です。

頼まれてもいないのにアドバイスをする人は嫌われます。
ですから、嘘でもいいので相手の進歩しているところを伝えることでモチベーションを高めてください。
モチベーションさえ高めれば、自分で自分の仕事を良くしたいと思い自然と動くようになります。

営業として成果を出していた人が、マネージャーとして成功するかどうかというのは怪しいものだと言われていますので、一から勉強し直すつもりで頑張った方がいいと思います。

不安で自信が持てず、人生における決断ができない人にどのようにアドバイスすればいいでしょうか?

不安を乗り越えると言われるときついものです。不安の意味を教えてあげてください。
人間というものは、不安になればなるほど、細かいところに目を向けることができるようになり、分析能力が高まったり準備を入念にするようになります

ですから、不安を感じやすい人や内向的な人の方が、何かを細かく作り上げたり、分析したり集中力が必要な作業などには向いているものです。

僕たちを挑戦に導いてくれるのが不安という感情です。新しいことに挑戦するということに関しては、僕たちは不安に導かれて進むべきです
その不安から目をそらしてしまったら、僕たちは凡庸な人生を歩むことになってしまいます。

もちろん、意味のない不安は必要ありませんが、不安を感じた時には、その不安は自分が積極的に取った不安なのかということを考えてみてください。
自分が積極的にそれをやってみようと思い、実際に、それを取ったことで感じる不安は価値のある不安です。

逆に、他人に強制されたことによる不安は意味がないわけです。
僕は、仕事に対してもこれを分けて考えるようにしています。
自分が現状に満足せず新しいことをしようと考えた時には不安を感じますが、その不安を感じるということは方向は間違っていないということです。
ですから、不安の意味を教えてあげるのがいいと思います。

過去にビジネスで失敗した経験があり、なかなか踏み出すことができません。何かアドバイスをお願いします。

失敗許容力の身につけ方が大切になると思います。
失敗を受け入れるテクニックを学んでもらうと、大きな失敗をしている人ほど、挑戦に踏み出しやすくなるということがわかります。
なぜかと言うと、あの時の失敗に比べたらまだマシだと思うことができるからです。

ですから、失敗というものは自分の糧になるということを考えてください。

人間は過去の失敗に対して後悔するものです。
ですが、大事なのは過去の失敗を後悔することではなく、過去の失敗から学び、その失敗に意味があると考えられることです。

親しい人が相手でも話す時にどもってしまいます。どうすればいいでしょうか?

対人の緊張の問題だとしたら、対人不安の対策に関する動画を見ていただきたいですが、ひたすらアウトプットの練習をすることがいいのではないでしょうか。

僕ももともと滑舌が良かった方ではありませんし、テレビに出始めた頃には、控え室で何度も何度も話す練習をしていました。
練習すれば上手くなりますので、お勧めとしては、オーディオブックを聞いてもらい、加速させて聞きながら耳を慣れさせて、自分でもしゃべる練習をしてみてください。
そして、普段一人で練習する時にはスピードを上げてしゃべっているけれど、人に対して話す時には、少しゆっくり意識して話すようにしてみてください。
このように、自分で話すスピードをコントロールしたり、どこに重きを置いて話すのかということをコントロールしていると、自信もついてきます
不安対策とスキルの向上の両方をしてみるのが良いのではないでしょうか。

将来起業したいのですが、学生のうちにできることはあるでしょうか?

まず、『人生は20代で決まる――仕事・恋愛・将来設計』を読んでください。
20代の時に何をすれば、人生が大きく変わるのかということを科学的に解説してくれている非常にわかりやすい本です。

ビジネスをする際には、自分の得意なことをビジネスに繋げるべきでしょうか?

ポイントは、自分の得意な技術を他の人と違う使い方をするということです。

僕のバックグラウンドは、心理学と物理学ですが、この2つを使って他の人と違うことができるだろうかと考えた時に、科学者の道に進むと、もっと優秀な人たちがたくさんいるので無理でした。
ですから、僕はメンタリストの方向に進み今があります。

他の人が思いつかないような使い方を考えて、市場を作るというのが、自分で小さく起業するというためには非常に良い戦略だと思います。

お勧めとしては、自分の得意な技術を使って、まずはそれを王道な使い方で使っている業界で経験を積んでください。
そこでは、習慣化のテクニックや集中力を上げるテクニックを上手に使い、時間を圧縮して成果を出すようにしてください。そして、それにより空いた時間で、他の人とは違う技術の使い方を試すようにしてください。
わずかに空いた時間でも、試すことは楽しいものですから成果が出てきます。成果が出てきたらそちらに乗り換えればいいわけです。

過去に読んだ本で、好きな本を5冊教えてください。

まず、絶対に読んで欲しいのは、『影響力の武器』です。
2冊目は、今回のおすすめの本として紹介している『ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代』です。
3冊目は、『ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則』です。これは人の心に刺さる言葉を勉強するために、今でも定期的に読んでいる本です。

次は、『脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方』です。27歳の頃にこの本に出会い、運動を始めたおかげで様々な可能性が広がったと思っています。

あとは、実用書ばかり紹介したので、それ以外で考えると、最近読んだ本の中で一番心に刺さったのが『なまえのないねこ』という絵本です。
この絵本は、今回のテーマのように、今の自分ではなくもっと成功して、誇れる自分になりたいと思っている人には感じるところのある素晴らしい本だと思います。

たくさんの質問ありがとうございました!
同じような悩みを持っていたり、同じ境遇にいる方にも参考にしていただければと思います。


挑戦する人へのおすすめ動画
不安ストレスを前に進む力に変えるには
失敗許容力の身に着け方
自分の可能性を信じるためのネガティブバイアス脱出法
完璧を求めすぎる人のためのマキシマイザー脱出思考法
緊張に打ち勝つ技術クラッチテクニックまとめ
アイデアを作るための【14の創造性レシピ】
若いうちから成功したい人のための【好奇心の鍛え方】
何かに挑戦するときに役立つ本TOP3
¥1,543 (2020/07/06 00:49:04時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,820 (2020/07/05 18:36:34時点 Amazon調べ-詳細)
repicbook
¥1,540 (2020/07/05 20:22:53時点 Amazon調べ-詳細)

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、上記の参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:INSEAD: Debiasing the Mind through Meditation: Mindfulness and the Sunk Cost Bias
https://www.insead.edu/faculty-research/research

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-目標・成功
-

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog