読む・操る

宮迫さんの米8kg記事を書いた頭の悪いFlash記者について話します

宮迫さんの米8kg記事を書いた頭の悪いFlash記者について話します

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 混乱に乗じて攻撃してくるヤバいやつらを見抜きたい
  • 意味のない情報に踊らされたくない
この知識を動画で見るならこちら

なぜこんな時期にわざわざこんな記事を??

また頭の悪いことを書いている記者がいました。
はっきり言って宮迫さんのことをただただ中傷するだけの意味のない記事でした。

なぜこんな皆が大変な時期に、こんな記事を書く人がいるのだろうかと思う人が多いはずです。
その理由についても今回解説させてもらいたいと思います。

一応その記事については、URL だけは記事下に載せていますが、読む価値はないと思いますので、内容だけ紹介しておきますと、宮迫さんが1Kg700円のセレブ米をこっそり買い占めていたというものでした。

そもそも宮迫さんはスーパーにお米を買いに行ったわけですから、生活に必要なものですし不要不急な外出ではないはずです。
おそらく、この記者は、たまたま宮迫さんを見つけて写真を撮ったわけではないと思います。わざわざ宮迫さんにずっと張り付いている記者がいて、その記者が書くことがなさすぎて、会社に怒られるからなのか無理やりひねり出して書いた記事だと思います。
わざわざ宮迫さんのことをつけ回した上で、高級寿司店でも使われる1Kg700円ほどの高級米を8Kg以上も買っていたというようなことを書いています。
しかも、自分たちの責任を逃れるために(居合わせた客)としています

1Kg700円のお米

まず、1Kg700円のお米がわざわざ取り上げるほど高級なのでしょうか。
おそらく、この記者は市場価格も数字も読めないのかと思います。
Amazon で検索して今一番最初に出てくる魚沼産のコシヒカリを見ると、これは普通にスーパーでも売っているものですが5Kg単位で買っても1Kg796円します。

ちなみに、僕が使っているお米は「龍の瞳」というお米で、ちゃんと炊くととても美味しいです。
このお米は1Kgで1475円です。

これをセレブ米というのかは知りませんが、農家の方が一生懸命作ってくれて市場に見合った価格を付けているだけだと思います。

これは週刊誌やメディアがよく行う手法のひとつです。
皆さんは週刊誌に攻撃されることはないかもしれませんが、このような時期ですから、ちょっと外出していたりするだけで何かと攻撃してくる人もいるかもしれません。
このような混乱に乗じて人を攻撃したり叩いてくる人は絶対に出てきます

そんな人に対する対策を今回は紹介させてもらいたいと思います。

このような面倒な人たちは、相手にすればするほど余計に攻撃してきますので、スルーするのが一番です。
サイコパスの特性としては、他人の感情にも自分の感情にも左右されないというものです。
その特性は身につけることができて、それができれば、自分が悲しさや怒りの感情を感じてもすぐにそれを手放すことができるようになるし、他人から敵意を向けられてもスルーすることができるようになります。

そんな面倒な人に絡まれた時に役立つスルーの技術を解説したのが「サイコパス式スルーの技術」です。

そして、もっと粘着質な奴らもいます。
自分は善良な人のふりをして他人を攻撃したり操ったりすることが好きなやばい人たちもいて、これはカバートアグレッションといいます。
このような人たちは、ちゃんと見分けて対処しておく必要がありますので、その方法を解説した「いい人のふりして攻撃してくるカバートアグレッション対策 」も参考にしてください。

混乱し不安が蔓延するとネガティブに反応しやすくなる

では、今回の話に戻りますが、特に、週刊誌の人たちは他人のネガティブな感情につける行ってビジネスをするのが得意な人たちです。

世の中は今コロナで大変な状況です。
自宅で自粛していてストレスが溜まるという人もいるでしょうし、恐怖におびえていたり、これから先の不安を抱えている人たちがたくさんいるわけです。

このような時には、些細なネガティブなニュースであっても多くの人が反応するようになり、それを週刊誌の人たちは知っています。
ですから、今回のような記事が出てくるわけです。
普段であれば、こんな何の意味もないような記事が出ることはないような気もします。
それでも、今の状況であればニュースとして成り立ってしまいます。

こんな時期だからこそもっと世の中に役に立つ情報を発信すればいいのに、もともとこのような他人のネガティブな部分を扱っている人たちは今が稼ぎどきになっています。
みんなが自分がネガティブになっている時ですから、ネガティブな情報に対してとても反応しやすくなっています
そうなると、こんな何の意味もないようなニュースでも形になってしまいます。
ですから、みんながこんなに苦労している時期に、この記者は、今ならこんな記事でもみんなが反応してくれるだろうと思って書いているわけです。

「カバートアグレッション」:隠れた攻撃性

このような他人の揚げ足を取る人たちや、やたらと他人を批判するアンチや炎上をさせる人たちはいますが、この人たちはカバートアグレッションという性質を持っています。

カバートアグレッションは隠れた攻撃性という意味で、善意を装ったり、自分の責任をうやむやにして他人を攻撃するタイプの特性を持っている人です。
これはもはや性格の一部なので、なかなか治るものではありませんから、そんな人を見かけたら関わらないのが一番です。
攻撃し返しても得はしないのでおすすめはしません。

例えば、無知を装って他人の恥を暴露したり、被害者を装って相手の罪悪感を煽り相手をコントロールしようとするとか、自分は悪くないという立場にいながら人を攻撃したりします

今回の記事でも、その記者は自分の名前を出すわけではなく、(居合わせた客)の言葉としていました。
これにより自分の責任を逃れて、人を間接的に叩こうとしているわけです。

皆さんの大切な人間関係にも悪影響が

このような人が皆さんの周りにいると、皆さんの仕事やプライベートの関係まで壊れてしまいます
なぜかと言うと、このような人は人間関係を消耗させる大きな要因になるということが、科学的に分かっているからです。

ですから、このような人がいる場合は、できるだけ早く対処するか関係を切るようにしないと、その人とは関係がない皆さんの他の人間関係まで悪影響が出てしまいます。

このような自分に向けられた敵意というものは、人間は自分の一番近い人にむいてしまうようになるものです。
仕事のトラブルがきっかけで家庭が崩壊してしまったりするのも、これが原因になっているわけです。
つまり、自分に向けられた敵意は、どうしても普段最もよく一緒にいる身近な人に向けてしまうようになってしまいます。

皆さんの大事な人との関係を守るためにも、こんな記事を書く人や皆さんを攻撃してくる人は速やかに関係を切るべきです。

特徴:責任逃れと回避傾向

カバートアグレッションの対処法としては、やばそうな人だと感じた時にはすぐに離れるのが最も良い方法です。
彼らは無知を装って人を攻撃してくるという性質がありますので、「私は聞いただけだけど・・・」というようなことを言いながら人を貶めるようなことを言ってきます
自分が発信している情報にもかかわらず、自分は聞いただけだから自分には責任がないというようにしてきます。
このような自分の発言に対して責任逃れをするための保険を張る人には気をつけるようにしてください。

そして、カバートアグレッションは回避傾向がとても強いです。
もし、このような責任逃れをする発言をしてくる人がいた場合には、それは何処で聞いた話なのかとか誰が言っていたのか、根拠は何なのかということやあなたはどう思うのかということを直球で質問し返してください。
その質問に対して、はぐらかす場合にはカバートアグレッションの可能性がかなり高いと考えてください。

さらに、自分の言動ははぐらかします。
例えば、自分が聞いただけの話をあちこちで言いふらしたりするのは構わないとしても、それに対して自分はどう思うのかということや、なぜその場で反論しなかったのかと言ったことを追求すると、自分のことは答えません。
責任を持ちたくないのでそこは逃げるわけです。
そんな特徴から見分けることができます。

僕も、昔映画か何かの記者会見で、横にいた女優さんが面倒な記者にずっと追求されていて、あまりにもひどいので割って入ったことがあります。
しつこく恋愛に関する質問をしていたので、その記者に対して人に質問するのであれば自分の恋愛はどうなんですかと尋ねたら、やはり話をはぐらかしました。
他人には都合の悪いことを聞いたりするくせに、自分は質問されると答えられないわけです。

この記者は、宮迫さんが誕生日の時で世の中がこんな大変な状況の時に、こんな卑怯なことをしてきたわけです。
くだらないニュースでもネガティブを少し乗せればみんなが反応するだろうと考え、わざわざ宮迫さんの誕生日の時にそれを出したわけですから、ただ単に宮迫さんを攻撃しているだけです。

特徴:一部を脚色する嘘をつく

カバートアグレッションの他の特性としては、嘘をつくというものもあります。
この嘘をつくのも完全な嘘をつくのではなく、一部を脚色するような嘘をつきます
今回の記事であれば、特別なお米なわけでもないのに「セレブ米」と表現することでネガティブを煽っています。
宮迫さんが買ったお米が1Kg700円ということについては嘘はついていないのかもしれませんが、このようにして嘘をつくわけです。

特徴:言い逃れできなくなると急に怒り出す

カバートアグレッションには、指摘されたりすると急に怒り出す人もいます。
例えば、このような一部嘘をついているようなことを指摘した場合に、急に怒り出す人もいます。
カバートアグレッションは、最初は責任を逃れるためにいい人のふりをします。ところが、それが思い通りにいかず、相手が自分のコントロールできないところに行こうとすると、怒り出してマウンティングしてくるようになります。

最初は下手に出てきていたのに、保険を張っておとなしそうにしていたのに、離れようとすると上からマウンティングしてくる人たちです。
その人はカバートアグレッションです。

特徴:被害者・犠牲者を装う

そして、自分を被害者や犠牲者として装います。
今回の記事でいうと、買い占めが起きてみんなも自分も困っているのに買い占めをしている人がいるというように、自分を被害者の仲間として相手を叩こうとします
実際に、加害者がいるとするとこの記事を書いた人です。
わざわざつけ回しているわけですから、不要不急の外出でしかありません。

特徴:正当化と矮小化が激しい

正当化と矮小化も目立ちます。
他人の行動に対しては些細なことであっても大きく取り上げるのに、自分の行動に対しては些細なことだと扱おうとします

昔、テレビ番組で週刊誌の記者が小学生から職業に関して答えるということがありました。
その小学生は、人を不幸にする職業は楽しいですかということを尋ねました。それに対して、人を不幸にしているという実感はないとはぐらかしていました。
このように、自分のしていることは、他人の人生を潰したり誰かを不幸にしているわけではないと考えるのも正当化と矮小化です。

皆さんの周りにも自分のことを棚にあげるような人はいませんか。
他の人がしていることに対してはやたらと取り上げるくせに、自分のしていることはたいしたことではない、または、正当な理由があるからだと主張する人たちです。

実際に、有名人の不倫や浮気の記事を書いている出版社ほど、社内不倫が多いそうです。
つまり、自分達も悪いことをしているから、他の人の悪いことに敏感になるわけです。

ですから、正義ではなく同族嫌悪です。
よく彼氏や彼女が急に束縛が強くなったら、束縛が強くなった方が浮気をしているという話と同じです。自分と同じで相手も浮気しているのではないかと考え始めるわけです。

特徴:他人の罪悪感と恥を使う

最後の特徴としては、これだけでもカバートアグレッションを見抜くことができますが、罪悪感と恥を用います。

相手の失敗や恥ずかしい体験を利用して、相手の行動を制限したり操作しようとします。これがカバートアグレッションの一番大きな特徴です。

人間というものは罪悪感や恥の感情によってかなり影響を受けるものです。
これを悪い方向に使えば、他人の罪悪感や恥の感情を刺激することで、行動をコントロールすることもできるし、大衆の感情もコントロールすることができるようになります。
歴史を見ても、独裁者は罪悪感を使って国民をコントロールしたりもしていました。

この罪悪感に関しては良い面もあり、罪悪感を使えば自分の行動をコントロールすることもできます。
実は、罪悪感を感じやすい人の方が仕事で成果を出すことができるという研究もあるぐらいです。
良い面も悪い面もあるわけですが、他人を貶めるために使うのはカバートアグレッションの人たちだけです。
そんな人が皆さんの周りにいた場合には、速やかに距離を取るようにしてください。

こんなヤバいやつらの対処法

実際に、このような人に絡まれて大変な状況に陥ってしまったという人もいると思います。いざ対面してからではなかなか対処できないことも少なくありません。
ですから、あらかじめ対処法を学んでおいていただきたいと思います。

今回のおすすめの動画として、「サイコパス式スルーの技術 」と、「いい人のふりして攻撃してくるカバートアグレッション対策」 を紹介しておきます。

本で学びたい方には、今回のおすすめの本としていくつか紹介しておきます。
1冊目は今回の参考文献としている『他人を支配したがる人たち』で、2冊目は『良心をもたない人たち』です。
最後が『ネット炎上の研究』で、こちらも読んでいただけると、皆さんのやばい人たちに対する対処能力も上がるのではないかと思います。

今回のおすすめ動画
今回のおすすめ本
¥880 (2020/09/23 08:27:40時点 Amazon調べ-詳細)
¥836 (2020/09/23 07:51:46時点 Amazon調べ-詳細)
¥2,420 (2020/09/22 16:05:08時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみに、Amazonにあるふつーの魚沼産コシヒカリでも1キロ796円します。数字読めるようになってから記者やるべき
1キロ700円でセレブ米などと言う数字が読めないFlash記者が書いた愚かな記事がこちらhttps://smart-flash.jp/showbiz/97991

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-読む・操る
-

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog