恋愛・結婚

恋愛する気分にならないのはなぜか?心理学的に解説

恋愛する気分にならないのはなぜか?心理学的に解説

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 恋愛する気になれない
  • ひどい失恋をしてから心をオープンにできない
  • 深い人間関係が苦手かも…

+ この知識を動画で見るならこちら

恋愛に億劫になってしまった人たちへ

恋愛が面倒になっている人はなぜそのようになってしまったのでしょうか。
元々人間というものが他人とのコミュニケーションにおいてどのようなスタイルをとるのかということに関しては、精神科医のジョン・ボウルビィ氏が提唱している愛着スタイルというものがあり、愛着スタイルには三つのパターンがあります。
この中の回避型になっている人、あるいは、人生の途中の何かしらの影響によって回避型のような行動をとるようになってしまっている人は、恋愛が億劫になってしまったり、恋愛に臆病になったり面倒に感じるようになってしまうのではないかもしれません。

愛着スタイル自体は、子供時代の親との関係性がベースになり決まってくるもので、大人になってからそうそう変わることはないものではありますが、一時的に回避型に近い行動をとっている人は結構いるので、今回はそれを紹介しながら、その回避型の対策というものは、恋愛が億劫になってしまっている人も使えるのではないかと思いますので、そのような考察をもとに今回は解説させてもらいます。

愛着スタイル

愛着スタイルには三つあります。

安定型

一つ目は安定型で、他人のそばにいることが比較的平気で、相手に依存することもないし極端に依存されることもないタイプで、持ちつ持たれつぐらいの程よい距離感を取ることができる人達です。他人から見捨てられることもあまり心配することはなく、自分は自分、相手は相手と考えて、自分が誰かに執着する必要もないしお互いを尊重する考え方を持っています。
誰かが自分に近づきすぎたり、仲のいい人が他の人と仲良くなったからといって別に不安を感じることもないというように、バランスよく人間関係を保つことができる人が安定型といいます。
この安定型の人は恋愛でも仕事でも結構うまくいく可能性が高い人です。

不安型

二つ目は不安型です。
不安型は他人というものは自分が思っているほど親しくなってくれないと思い込んでいます。つまり、嫌われるのではないかということを常に恐れていて、付き合ったとしても、自分の恋人と幸せな状態であるにも関わらず、浮気されているのではないかというような被害妄想に囚われてしまったり、恋人は実は自分のことを愛していないのではないかと不安を感じてしまうタイプです。
この不安型はとても依存的で、恋愛の場合は特にそうですが、自分と相手が一心同体になりたいというような思いに駆られてしまいます。お互いを尊重することができず、全てが一緒でないと不安になってしまうという人です。
このような傾向のせいで、相手は重たいと感じるようになったり恐怖を感じることでフラれる可能性が高くなります。

回避型

そして最後の回避型が、なかなか恋愛を始められないタイプで、人と親しくなるのが苦手な傾向があります。
他人を信用するのは難しいと考え他人を頼る気にもなれません。最終的に頼ることができるのは自分の力だけだと考えていて、であれば、最初から他人と関わろうと思う気にもなれないというのが特徴です。
誰かが自分に近づいてきたり仲良くなると不安を感じます。自分のことを利用しようとしているのではないかとか、親しくなってきても、実はその人は自分のことを何かしら利用しようとしているのではないかというように考えてしまい、誰かが心理的に接近してくると緊張してしまう人達です。

このような人たちは、自分は自分だけの世界を持っていたいと考えていて、他人と関わることによって傷つきたくないし、他人を頼ることはできないから全部自分でしたいと考えます。
このような考えを持っている人は、自分が誰かと付き合ったり恋人ができると、その恋人は自分が守っている領域に入ってきてしまうと考えてしまうそうです。
つまり、その恋人やパートナーが望むその人に対する親密さの加減は、自分の許容範囲を超えていて入って来てほしくないところまで入ってきてしまうので、恋愛はしたくないし面倒だと思ってしまうのが、回避型の特徴です。

恋愛が面倒だと感じている人は…

おそらく恋愛が面倒だと思っている人は、人間関係や友達との関係においても、おそらく自分の本心をそれほどオープンにしていないのではないでしょうか。
自分は一人でも生きていけるし、友達と飲みに行ったり遊びに行くのも構わないけれど、そこまで深い関係の友達はいないというようなタイプであれば、もしかするとこの回避型の傾向があるかもしれません。

回避型の人は結局は自分は自分という考え方ですから、仕事においては結構できる人は多くいます。人間関係を密にする必要があるような仕事であれば別ですが、自分一人で黙々と進めることができるような仕事であれば、結構得意だったりするので、そういう意味では一見問題を抱えていないように見えますが、一定以上自分の内側に人が入ってくると極端にそれを嫌がり、自分が本当に困っていることや悩みを他の人に伝えるのがとても苦手な人達です。自分の弱みを人に見せるのがとても苦手です。

このような人は恋愛のような深い人間関係を作る必要がある場合には、結構問題を抱えやすいと考えられます。
ですから、もしかすると回避型になっているせいで、恋愛がなかなかできないのではないか、そもそも恋愛をする気にもなれないのではないかということを考えてみるのも必要かもしれません。

では、この回避型の傾向のある人はどのように自分を変えていけばいいのでしょうか。
もし皆さんが、回避型まではいかなくても、少しそういう傾向があるなとか、例えば、昔は恋愛がとても楽しかったけれど、ひどい失恋をしてからなかなか自分の心をオープンにすることができず、少し回避型ぽくなっているなと感じるのであれば、本来はこの愛着スタイルというものは子供の頃に決まり大人になってから変わることはほとんどありませんが、万が一何かしらの心理的なきっかけにより変わった場合や、そこまでではないけれど、少し回避型っぽくなっているという人には、回避型の性格を直すための方法があります。
この方法を試していただけると、新しい恋愛も始めることができる可能性が大きく高まるのではないかと思います。
そんな方法は続きの動画で参考にしていただけたらと思います。

幸せを考えるのであればまずはここから始めてみるのも

何を目指せば、結果的に人生がうまくいったり仕事や人間関係がうまくいき、自信を持つことができるのか?

メンタルを鍛えて回避型を直すためのおすすめ動画
メンタル弱い性格変える10の行動+回避型対策
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1549820523

今回のおすすめ本

¥1,430 (2020/03/30 20:35:42時点 Amazon調べ-詳細)

リサーチ協力
Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

参考資料:https://revistas.um.es/analesps/article/view/123081
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0092656616302847
https://pdfs.semanticscholar.org/545b/983942722792c0e0c48b699aced98323d13e.pdf
http://moemesto.ru/rorschach_club/file/14257751/bartholomew98.pdf
https://www.nicovideo.jp/watch/1549820523

知識をさらに検索


他の人はこちらも検索しています

-恋愛・結婚
-, , , , , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2020 All Rights Reserved.