目標・成功

自分を疑えるのは成長できる証拠だ。自分を疑わない人に成長はない

この知識はこんな方におすすめ

  • つい自分を疑ってしまう
  • 日々成長したい

自分を疑うことができる人しか成長しない!

自分のことを疑うのは良くないという風潮がなぜか世の中にはあります。
僕から言わせてもらえれば、自分を疑うことができる人しか成長しません。
自分は直すところがないだろうか、もっと改善できるところはないだろうか、そう考えることによって、人は自分の改善点を見つけることができて成長することができます

自分への疑いや悩みを「行動」につなげるかどうか

自信満々な人が成長しているように見えるかもしれませんが、それは比較対象がおかしいだけです。
悩みがたくさんあり自分のことを疑ってしまい、何も行動しない人がいます。
自分を疑ったら、その疑ったぶんだけ行動して自分の疑いを晴らすようにそれは成長に繋がるのに、ただ悩んでいるだけではなく、それを具体的にどうしたらその悩みが消えるのかということまで考えて実際に行動するべきです。
自分を疑ってただ悩んでいるだけではなく、どうすればその悩みが消えるのか、ただ自分がダメだと否定するのではなく、具体的にどのような部分がダメなのか、自分のネガティブな部分にちゃんと目を向けて、それを改善する努力ができる人こそが成長できる人です。

スポンサーリンク

自分は完璧だとか、自分はできると思っている人は実は成長しません。
これは様々な研究により示されていることでもあります。
一見すると過ごそうに見えることはあります。サイコパスやナルシストの人は、自分はすごいというテンションで人に迫ります。
そうなると、周りから見ると自分を疑っている人よりも自信満々の人の方が優秀な人のように見えます。

このような人は会社の中でも出世するスピードは速いということはあります。
これは組織の中では結局声がでかい人が出世するだけです。
ですが、これも長期的に見た時には、自分を疑って、疑ったその心を自分をネガティブな方向に進めるために使うのではなく、自分を改善する方向に使うことができる人がやはり成長します。

自分を疑うことができない人は成長しません。
むしろ、自分を疑うことができる人はある意味才能がある人で、それは人生で前に進んでいく人にとっては欠かせないものです。

僕も自分を疑って不安になったり悩んだりします

僕自身も頻繁に自分のことを疑います。
自分の放送を見る人が減ったらどうしようと不安になることもありましたし、それがあったからこそDラボのようなサービスも始めました。
月額課金の配信サービスを始めて、今のところ有料会員の数が減ったことは一度もありません。
YouTube であればチャンネルを作ったけれど放置するというような、よほどのことをしない限りチャンネル登録者数は減りませんが、当然ですが月額課金のサービスというものは登録者が減ったり増えたりするものです。
ところが僕の場合は、解約が新規登録を上回ったことはありがたいことに今まで一度もありません。

スポンサーリンク

それだけ順調に進んではいるわけですが、それでも毎日僕は疑います。
来月減ったらどうしようか、減るとしたらその原因になるところはどこだろうか、であれば改善するべきだから何をどうするべきだろうか、そうやって試行錯誤につなげています

僕が知識の Netflix を目指して作ったDラボでは、毎月599円から見ることができて、本の内容として20冊以上の知識を紹介しています。
この本の内容自体もどんどん増えていて、20冊以上の本や論文からさまざまな知識を皆さんに説明しています。
普通に考えて、20冊の本を毎月読もうと思うと月に120時間ぐらい時間がかかるでしょうし、お金にして考えると毎月3万円から4万円ぐらいかかってしまいます。
それを僕が代わりにすることによって、毎月599円で皆さんに対して1日換算で10分ぐらいの時間を使ってもらえれば、人生を変えるような知識を手に入れることができるというサービスがDラボです。

今月は、HIITという最強の時短トレーニングについてシリーズとして解説しています。
その後は、マネースクリプトについて紹介します。
いわゆるお金持ちになるには考え方が大事だというようなことを言う人がいますが、お金に対する考え方のことはマネースクリプトと言います。
そんなお金に関する考え方や思い込みを変えるにはどうすればいいのかということを解説していきます。
基本的には研究をベースにした考察という形で進めています。
ですから、自分の経験だけで話しているようなサンプル数1の人達とは違いますので、役に立つ内容を紹介できるのではないかと思います。
是非チェックしてみてください。

効率よく学び成長するためのおすすめ

最近とある本の帯を書かせてもらいましたので、ここで紹介させてもらいます。

¥1,760 (2021/08/04 17:55:32時点 Amazon調べ-詳細)

オックスフォード大学やハーバード大学、イェール大学やMIT、東京大学や北京大学など、世界中の大学も注目している本で、著者のバーバラ・オークレーさんは工学博士でオークランド大学で先生をされています。
学び方の学び方ということですから、勉強する方法や新しい知識を学ぶにはどうすればいいのかということが書かれている本だと思われると思います。
当然ですが、このような本は科学的に根拠がある論文をもとに解説した本になりがちです。
この方がなぜ有名になったかと言うと、この方は2018年にミシガン州の優秀教授賞を受賞されていて、もちろん研究の方面でもすごいのでしょうが、いい先生で教えるのが上手な方です。

勉強のやる気が出ない時どうすればいいのか、
集中力が切れてしまった時にはどうすればいいのか、
記憶をちゃんと脳に入れるにはどうすればいいのか、
自分をコントロールすることができない時にはどうすればいいのか、
読書を効率よく進めるにはどうすればいいのか、
モチベーションを上げて自分をその気にするにはどうすればいいのか、
試験の本番でいい点数を取るにはどうすればいいのか、
戦略的に自分が勉強を続けることができるようにするにはどうすればいいのか、
自分の怠け癖を直すにはどうすればいいのか、

このような勉強をしたり何か学習を始めようとした時に、ほとんどの人が特に最初の段階で引っかかる問題がたくさんあります。
そのような事だけをこの本では扱ってくれています。

ですから、今までの勉強法に関する論文の内容をまとめた本などをすでに読んで実践できている人には、少し物足りない内容かもしれません。
ところが、自分が勉強をする時にこういうことを意識したら効率よく進められるとか、こういうやり方を使うと集中力が上がって勉強がはかどるとか読書スピードが上がるというような、一貫した方法を自分で持っていない人は最初にこういう本を読むといいと思います

スポンサーリンク

例えば、勉強に対する集中力の本を読んで実践すれば、確かに集中力はつきます。
ただそれは集中することができた時だけです。
怠け癖があって手をつけることができなければ、いくら学んで実践しようとしても集中力を発揮することはできません。
スタートが遅い人が集中力の本を読んで集中力を身につけたところで意味がありません。

ですから、一通りの方法を理解して実践すれば、そこから自分に足りない部分やもっと高めたい部分は見えてきます。
そこからひとつひとつの専門書に進めばいいわけです。
このような内容の本は今まであまりありませんでした。
実際に教えることがとても上手な先生が、内容をかなりシンプル化して学び方の本当に最低限の部分だけ、効率よく学ぶためにはどうすればいいのかということを教えてくれる本です。
本の内容自体も図解も結構入っていて読みやすいです。

僕の新刊もチェックしてみてください

僕の新刊も発売になったので紹介させてもらっておきます。

¥1,540 (2021/08/04 07:40:05時点 Amazon調べ-詳細)

いじめられっ子だった僕が喋ることを仕事にしたという話が書かれています 笑。
喋ることに苦手意識がある人にはお勧めです。
トーク力があるトークが上手な人にトークを学んでも、そもそも喋ることが苦手な僕たちにはどうにもなりません。
トーク力を身につけたいと思い、すべらない話やIPPON グランプリを見てもトーク力は身につきません。
なぜかと言うと、彼らはトークに関しては天才だからです。
天才ではなく、あくまで科学をベースにして訓練をすることによって誰でも一定以上のところまでいくことができるということを解説した本です。

スポンサーリンク

正しく自分を疑い成長するために

今回自分を疑わない人は成長しないという話をさせてもらいました。
ただ、その時に疑い方がとても大事です。
自分を否定するということと、自分を疑うということは、これは全く違うことです。

自分を否定する人は、自分はダメだダメだと考え自分自身の行動力を奪ってしまいます。
一方で、自分を疑う人は、失敗の可能性や問題点に目を向けて、それを防いだり改善するためにどうすればいいのかということを考えて、事前に対策を立てることができる人です。

だからこそ自分を疑うことがとても大切です。
それができれば、自分を疑ったぶんだけ安全が手に入ります。安定が手に入り無駄なリスクを避けることができます。
だから自分を疑う人の方が成長すると僕は言っているわけです。

自分を否定するという意味で自分を疑う人は、ずっと同じところで自分のことをダメだダメだと言い続けてしまいます。
自分をはコミュ力がないから恋愛はうまくいかないし、だからやっぱり仕事もうまくいかない、やっぱりコミュ力がないから人生お先真っ暗・・・と同じところを何度も何度も否定してしまいます。

スポンサーリンク

そうではなく、例えば僕の場合であれば協調性が著しく低いので、協調性が低い人はどんなデメリットがあるのだろうかということを考えます。
そのデメリットを理解できたら逆にメリットもあるのだろうかということも考えます。
メリットがあればするの使い方も考えますし、そもそもその協調性というものが鍛えられるのだろうかということも考えたりします。
どうやったらその特徴を利用することができるのか、
協調性の低さを利用して成功している人はいるのだろうか、
協調性が低い人に向いている職業は何かあるのではないか、
このように、ひとつの自分が悩んでいることや自分に対して向けている疑いを、様々な方向から向けるようにします。

同じ方向でずっと悩んでいれば、ダメな自分を刷り込みのようにただただネガティブな方向に進めてしまいます。
それはよくない悩み方です。
いい悩み方やいい疑い方は、方向性を次々と変えて立体的に自分を疑う方法です。
それができれば、意外なところで自分のメリットにも気づけるようになります。

そんな方向性を変えて物事を疑うトレーニングの方法について解説しているのがこちらの本です。

こちらはクリティカルシンキングと言って、今紹介したように様々な方向から物事を捉える力を鍛えるトレーニングについて解説しています。
このクリティカルシンキングは現代で最も大切な力と言われていて、IQ の高さや生まれつきの天才を超えるためにの唯一の力です。

しかも、クリティカルシンキングというものは生まれつき持っている人はいなくて、鍛えなければ身につかない能力です。
誰でも鍛えれば身につく能力で、それを鍛える方法についてまとめています。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

⭐️\Dラボが20日間無料⏩/

\Dラボ20日間無料⏩/
本1冊の半分の値段【月599円〜】で 毎月20冊以上【30,000円相当】の書籍・論文の知識が【1日あたりわずか10分】で学べる

Dラボはこちらから
\本日の参考📚/
¥1,760 (2021/08/04 17:55:32時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,540 (2021/08/04 07:40:05時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】\今ならオーディオブック無料♫/
メンタリストDaiGoのオーディオブックはこちらから【どれでも1冊無料】

リサーチ協力:パレオチャンネル

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-目標・成功
-,

Translate »