心理分析してみた!

Mentalist DaiGo Official Blog

健康・ダイエット

飲むと【癌になるサプリ】とは〜大腸ガン1.76倍の恐怖

投稿日:

飲むと癌になるサプリとは

DaiGo MeNTaLiST

危険なサプリが判明

今回は危険なサプリについて紹介させてもらいます。
発がんリスクを高めてしまうサプリが見つかっています。とあるビタミンをサプリで摂ると発がんリスクが極めて高くなり、大腸がんのリスクに関しては76%も増加してしまうということが分かっています。

一応お伝えしておきますが、基本的にビタミンはサプリで摂るのはやめたほうが賢明です。ビタミンは野菜など食材で摂るようにしてください。

まず結論として、やばいサプリとはビタミン B 12と葉酸です。
これはビタミン B 12と葉酸が危険だということではなく、これをサプリで摂るのが危険だということです。

ビタミン B 12と葉酸は体にとても重要

ビタミン B 12自体はとても良い成分で、神経の発達に関わる大切なものです。これが不足すると脳の機能に支障が出たりします。葉酸も同様に脳の発達に必要なもので、これが足りなくなると脳の認知機能が下がるということが分かっています。
どちらにも不足すると体に良くないわけです。

サプリで摂ると・・・

ところが、ビタミン B 系のサプリは発がんリスクを高めるという研究データが結構あります。
エラスムス医療センターなどが、この危険性について調べてくれていますので、それをもとに紹介させてもらいます。
65歳以上の男女2919人を対象にRCT(ランダム化比較試験)を行なっています。体内のホモシステインが多い人(12nmol/mL以上)を対象にしていていますので、年齢より体内が老化している人たちを対象にした実験です。
被験者たちを2つのグループに分けています。

1日に500mcgのビタミン B 12と400mcgの葉酸を飲んでもらったグループ

同じ量のプラシーボを飲んでもらったグループ

これによりどのような違いが現れるのかを調べようとしたものです。
6年半のフォローアップの期間を設けてチェックを行い全員にどのような変化が起きたのかということを調べています。

その結果、この6年半の間にサプリを飲んだグループのうち13.6%の人が癌にかかっていました。一方、飲んでいなかったグループは3.4%の人しか癌にかかっていませんでした
サプリを飲んだグループは、特に大腸癌にかかった人が多くリスクとしては1.76倍にもなっていたということです。

ビタミン B 12と葉酸が不足している時に一時的に使うには問題ありませんが、継続的に使うとどうやら発がんリスクを高めてしまうということが示唆されたわけです。
サブグループ研究を見ても、性別や年齢には関係なくこの現象は確認されていますので、若い人にも同じようなネガティブな影響は考えられるわけです。

出来るだけ食材から摂るように

もちろんこの結果だけでを踏まえて、ビタミン B 12と葉酸に発がんリスクがあるとまでは言えませんが、食材から取れるのであればそちらの方が良いには越したことがありません

2009年の別の研究でも、ビタミン B 12と葉酸の組み合わせでハザード比がおよそ1.21で、わずかですが発がんリスクが上がるという結果もにされています。

僕の場合はサプリではビタミン D だけ摂っています。日陰に籠もっていたり室内で本ばかり読んでいるとどうしても不足してしまいがちになるので、サラダにオリーブオイルを少しかけてその上に乗せて食べるようにしています。そうすると吸収力も高くなります。
それ以外は基本的には食材から摂るようにしています。

内側から健康になり綺麗な肌になるためのおすすめ動画
食べるとやばい【肌荒れ食品】と科学が見つけた唯一の【若肌の作り方】
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1561389245

リサーチ協力:Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

参照:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19920236
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30341095

タグ

-健康・ダイエット
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.