健康・ダイエット

耳を見れば酒で癌になるかどうかわかる説

この知識はこんな方におすすめ

  • お酒が好き
  • 健康を大切にしたい

アルコールの影響の遺伝子による違い

今回は遺伝子にまつわる話を紹介させてもらいます。

僕はワインが好きなので飲みますが、 当然アルコールは飲む人もいれば飲まない人もいると思います。
アルコールはもちろん健康を考えるのであれば飲まないに越したことはありません。
科学的には一滴も飲まない方が良いのではないかという意見もあれば、少しの量であればむしろ心臓に良いのではないかという意見もあり、結構難しいところではあります。

そんなアルコールについても遺伝子によって違ってくるのではないかという考えもあるようです。
そもそもアルコールの分解能力については遺伝的な違いがあるという話は皆さんもご存知だと思います。
アルコールの分解酵素がなく一滴も飲めないという人もいれば、かなり飲んでも顔色さえも全く変わらないようだ人もいるし、顔はすぐ赤くなるけれど気分が悪くなったりはしないとか、人によっていろいろなタイプがあります。

経験則としても、アルコールを分解する力に生まれつきの遺伝的な差異がおそらくはあるということを皆さんもご存知だと思います。

この皆さんの遺伝子がアルコールに強いのか、それとも弱いのか、アルコールのダメージは体が受けやすいのか受けにくいのかということを非常に簡単に耳を見るだけで判別するための方法があるようです。

アルコールと言っても色々なアルコールがあり、お酒に含まれているアルコールはほとんどがエタノールです。
このエタノールはアセトアルデヒドに分解されて最終的には酢酸になるというのがアルコールの分解の過程になります。

このアセトアルデヒドを分解する能力というものが人により結構違い、アセトアルデヒドを分解するメカニズムというものを持っていない人は、最終的には酢酸になるわけですがアセトアルデヒドが体に蓄積してしまう時間が長くなり、それにより体にデメリットをもたらしているのではないかという議論が今回のポイントになります。

お酒については人それぞれ好みもあるでしょうし、当然飲み過ぎは良くないですが、そのお酒を飲むのが良いとか悪いという話をするつもりはありません。
健康という点だけで考えても、お酒だけでなく健康に寄与する要素は様々なものがありますので、僕の場合は好きなワインを飲みたいために他の部分で取り返そうと考え、野菜は1日に1 kg 食べようとしたり結構激しいトレーニングも毎日しているわけです。
いずれにしても最終的には個人の判断になると思います。

アルコールが原因のがんのリスク

アルコールによって癌になってしまうという話もよくありますが、これも遺伝子によって変わってきます。
アセトアルデヒドが体に蓄積しやすい人は、それによって癌になりやすいのではないかという話もあります。
もちろん、癌になりやすいといってもタバコや太りすぎに比べたらまだマシだとは思います。

有名なところでは食道扁平上皮癌というものがあり、これは口の中と喉の内側を覆っている細胞に遺伝子の変異が生じて起きる癌で、これはアルコールをがぶ飲みしたりテキーラをガンガン飲んでいるような人がなりやすいものです。

これになってしまうと5年生存率がたった15%しかありませんので、この食道扁平上皮癌になってしまうと5年後に生存している確率はわずか15%しかないとても危険なものです。

この癌の遺伝子メカニズムというものは結構わかってきているようで、ALDH 2という遺伝子があり、この遺伝子の不活性型ALDH2*2というものがあるとこの癌の発症リスクが高まるということがいわれたりしています。

ちなみに、お酒を飲むと顔が赤くなる人とあまり変わらない人がいます。
顔が赤くなる人は健康的で 、変わらない人というのはむしろ不健康なのではないかということが言われたりもしますが、顔が赤くならない人の方が分解能力は高いそうです。

顔が赤くなる原因としては、先ほどのエタノールから分解されたアセトアルデヒドが体内に蓄積してヒスタミンという物質が遊離したことによって顔が赤くなっています
それだけで断定することはできませんが、顔が赤くならない方が良いということはあります。

耳垢が湿っているタイプの人と乾いているタイプの人

実際にアルコールを飲んだ時に顔が赤くなるかどうかということではなく、お酒を飲まなくてもアルコールのダメージを受けやすいかどうかということを判別する方法が実はあります。

耳垢が湿っているタイプの人と乾いているタイプの人がいると思います。
この耳垢が湿っているか乾いているかっていうのは遺伝子で決まってくるもののようで、ABCC11という遺伝子がこれを決めているということが2006年にわかっています。

耳垢が湿っているタイプの人の方がアルコールの毒性には強いということが確認されているそうです。
逆に耳垢が乾いているタイプの人はアルコールの毒性には弱い傾向があります。

これは地域的な背景があり、祖先が東アジアで暮らしていた人たちは耳垢が乾いているタイプの人が多いようです。
それもあり日本人は耳垢が乾いている人の方が多い傾向があり、耳垢が湿っているタイプの人はわずか16%しかいないとされています。

スポンサーリンク

ですから、耳垢が湿っているタイプの人は日本人では珍しいタイプの遺伝子を持っていて、その場合はアルコールに強い傾向があるということです。

このように遺伝子によって最近は色々なことがわかるようにはなってきていますが、もちろん遺伝子によって全てが決まるというわけではありません。
遺伝子検査で特定の病気になる確率が高いとか言われてしまうと動揺するかもしれませんが、タバコを吸ったり肥満になるということに比べると、はっきり言って確率的にはたいしたことではないということもあります。

遺伝子というものはそれにより病気のなりやすさを確かに決めているものではありますが、どちらにしても生活習慣などの影響の方が明らかに大きいものですから、もちろん飲まないに越したことはありませんが、自分が耳垢が乾いているタイプの遺伝子だからアルコールは一滴も飲まないようにするとまで心配する必要はありません。

なぜ地域で遺伝子に違いが出たのか?

このアルコールに強い遺伝子と弱い遺伝子がなぜ地域によって決まってくるのでしょうか。
今でこそ水はきれいになり飲んだりすることはできます。
都市部では飲まないという人もいるでしょうが浄水場もできて水道水もありますし、ミネラルウォーターもすぐに手に入ります。
昔は当然浄水場もありませんでしたしミネラルウォーターを山から運ぶ技術もありませんでした。

スポンサーリンク

そんな中人類はどうにかして水を飲めるようにしようと考えたわけです。
水を簡単に飲めなかった時代には水分をとるために2通りの戦略を人類は取っています。
1つは水を煮沸してお茶に煎じて飲むという方法と、もう1つが低濃度のアルコール飲料にして飲んで水分を摂るという方法でした。

例えば、フランスであれば今でこそワインは嗜好品ですが昔は水分をとるために使われていたそうです。
ミネラルが強すぎて極めて硬水なのでそのまま飲むとお腹を壊してしまいます。
ですから、ぶどうの木に水を吸わせてぶどうを作り、それを樽に入れて醸造するとワインができて、その状態になると美味しく飲むことができるようになります。

このように何とかして水分を飲めるようにしようと、アルコールを使って飲めるようにした人類と水を沸かしてお茶を入れて飲むようにした人類とに大きく分類すると分かれていました。

低濃度のアルコール飲料として飲んでいた人類は、当然ですがアルコールに弱い人は生き残ることができませんので、アルコールに強い人たちが生き残ってきました。
逆に、水を沸かしてお茶を飲んでいた人類はアルコールに強い遺伝子を残す必要はありませんのでアルコールに対して全く関係がなかったわけです。

そのためヨーロッパではアルコールに強い人が多くて東アジアや日本ではアルコールを一滴も飲めない人が結構多いということになっています。

人類が過去にどのようにして水分を確保しようとしていたのかということによって、進化の過程によって遺伝子が区別され、結果として地域ごとにアルコールに強い人と弱い人がいることになったのではないかという説があるそうです。

ですから、耳垢が乾いている人は遺伝子的にお茶を飲んでいた人類の子孫なのだと思います。
特にこのような人の場合にはアルコールの量を少し減らすだけでも、アルコールが原因でかかってしまう癌になるリスクを減らすことができるということを覚えておいてください。

スポンサーリンク

乾いた耳垢のタイプの人の場合には、男性であれば1週間に3杯、女性であれば1週間に2杯ぐらいにしておいた方がいいそうです。
ですから、休みの日だけ飲むぐらいにした方がいいようです。

湿った耳垢のタイプの人はアルコールには強いですが、それでも男性であれば1日に2杯、女性は1日に1杯が限度だと言われています。
当然ですが、この場合もたくさん飲むよりも毎日飲むとしても少しずつにした方がいいとは言われています。

ちなみに、女性の方がアルコールの量は減らした方が良くて、アルコールの許容量が女性の方が少ないことには理由があります。
女性はアルコールを摂取すると女性ホルモンの分泌が増えて乳がんのリスクが高くなってしまうのではないかということも言われています。

これも繰り返しておきますが、これもお酒を飲んだら必ず癌になるということではありません。
ですが、乳がんのリスクを下げるのであればお酒は減らした方が良いのではないかと言われてはいるということです。

2015年のアメリカ人類遺伝学会の発表を見てみると、アルコールの大量摂取というものは遺伝子の早期老化を引き起こす可能性があるということも言われています。

どちらにしてもアルコールはほどほどにした方がいいのは間違いありませんが、自分がアルコールにダメージを受けやすい遺伝子なのかそうではないのかということは、耳垢が乾いているのか湿っているのかということだけで判別することができるという興味深い研究を今回は紹介させてもらいました。
参考にしていただけたらと思います。

ワインを飲みすぎないためのおすすめアイテム

そうすると僕が毎日のようにワインを飲んでいるではないかと心配する人もいるかもしれませんが、僕は基本的には一度に大量に飲むことはしないようにしています。
ワインの勉強もしているので飲む必要がある時もありますが、毎日飲むとしてもほんの少しずつ楽しむようにしています。

Coravin
¥35,580 (2021/02/25 11:20:18時点 Amazon調べ-詳細)

このアイテムがとても便利で、これをワインの上に取り付けて針をコルクに差し込むと、コルクを開けることなくワインを取り出すと同時にアルゴンガスを注入するので、ワインが酸化することを抑えてくれます。
これを使うと1日一杯ずつワインを飲んで1週間ぐらい楽しむこともできます。
ワインは一度開けると全部飲み切らないといけないと思っている人も多いですが、これを使って飲んでワインを1年ぐらい置いておいてもそんなに味は変わりません。
これは飲み過ぎて体を壊すのを防いでくれる便利なアイテムです。

スポンサーリンク

健康と老化を考えるためのおすすめ

今回はアルコールの危険性についても少し紹介させてもらいました。
摂ると危険なものもありますが健康のためには逆に摂らないといけないものもあります。
綺麗な肌や身体の老化のためには、何を食べるかということと何を食べないようにするのかということの両方を考えることも重要です。
加工食品を食べるのはもちろんやめた方がいいですが、野菜などの体にいい食品を食べる量が圧倒的に少ない人が結構います。

そんなにお酒を飲んでいないのにお酒を飲んでいる人とそんなに変わらないスピードで老けていく人も多いのではないでしょうか。
これはおそらくはお酒を飲むか飲まないかということよりも、野菜や体の健康のために必要な特定の食材をしっかり食べているかという事の方がアンチエイジングには重要だからなのではないかと思います。

例えば、肌の綺麗さで考えるとお酒を飲んでいても肌が綺麗な人はいくらでもいますが、野菜を食べていないで肌が綺麗な人はほとんどいないと思います。
ですから、今回はおすすめの動画として食材の選び方について解説した動画を紹介しておきます。
食べるのをやめるだけで肌もきれいになる食材について解説した動画と科学的に推奨されている食べるべき食材について解説した動画の2本を紹介しておきます。
知識の Netflix Dラボは、今なら20日間無料で使うこともできますのでぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
食べるとやばい【肌荒れ食品】と科学が見つけた唯一の【若肌の作り方】
科学が認める最強の【スキンケアフード13選】

今なら20日間無料!

今回のおすすめアイテム
Coravin
¥35,580 (2021/02/25 11:20:18時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

免責事項:本内容は科学の面白さを伝えることを目的としたエンタメです。なるべく多くの方に、科学的思考に興味を持ってもらうために、参考資料や過去の動画を元に、大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。動画の結論は実際の研究とは異なる場合があります。
僕は文献を読むのが好きなタダの理系であり、専門家ではありません。また、多くの科学者とも同じように人間ですから、間違うことも多々あります。実際に知識を利用する際にはご自分で調査するか、専門家に相談してください。
参考:The DNA Restart: Unlock Your Personal Genetic Code to Eat for Your Genes, Lose Weight, and Reverse Aging

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-健康・ダイエット
-

Translate »

© 2021 Mentalist DaiGo Official Blog